私の誤字脱字問題に関する昨日のブログ記事に多くの拍手を頂きました。ありがとうございました。これからも私の誤字脱字ブログをよろしくお願いいたします。

さて、いよいよ米大統領就任式があと数時間を残すのみとなりましたが、今朝のビフォーイッツニュースではかなり多くの重要記事が紹介されています。
今日は、なるべく多くの記事をご紹介させて頂きたいため、各記事の概略をお伝えしたいと思います。

まず初めに、デーブ・ホッジズ氏の記事を2つご紹介します。
大統領就任式を台無しにさせるため、米(株式会社)政府と複数の諜報機関は数々の破壊計画を実行しようとしています。
例え、トランプ新政権が無事に誕生しても、その直後からアメリカは内戦状態になるのではないかと危惧しています。特に、メキシコから、トランプ新大統領と米国民を攻撃するために、テロリスト集団と麻薬カルテル集団の合同テロ集団と、大量の軍隊がアメリカに密かに進攻しています。もちろん反トランプのメディアはこのことを一切報道しません。
そして、私も大分前から疑問視してきたアメリカ国内に潜伏しているロシア軍と中国軍(及び国連部隊)の目的についてです。彼らがアメリカに流入してきたのはオバマ政権が誕生してからです。この8年間で、ロシアや中国はアメリカの資源や不動産を大量に買収しています。またオバマ政権下で大量の不法移民、イスラム系偽難民がアメリカに流入しています。オバマ政権が誕生した目的はアメリカを破壊することだったのでしょう。

無事に、大統領就任式が行われたとしてもその後、アメリカは大変なことになるような予感がします。
それにしても、トランプ新大統領は大変な連中を敵に回しました。
まさか。。。これもイルミナティの計画通りに進んでいるということなのでしょうか。
彼はプーチンと仲良くしたいようですが、プーチン及び彼の背後にいる支配層はアメリカから簡単にロシア軍部隊を引き上げさせないでしょう。それに中国軍を追い出すには武力が必要になってくるのかもしれません。
国連部隊もいますから。。。

アメリカ国内がこのように攻められるときに、米軍の多くが大量の軍装備品と共にヨーロッパに派遣されていますから、アメリカ国内で彼らと戦うことができる米軍は数が足らず十分な戦力にはならないかも。。。
ということは、ロシア VS NATOとアメリカのにらみ合いと戦争の準備は、単に米軍にアメリカを守らせないようにするためのサボタージュだったのでしょうか。つまりロシア、NATO、米政府が共謀したやらせなのでしょうか。
そして最後にはロシアと中国がアメリカを乗っ取る?

http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2017/01/paul-begley-threatened-by-nsa-over-revealing-russian-chinese-troop-movements-in-the-u-s-2479590.html 
1月19日付け

CSS-Offical-New-Logo2

 

christians burning cross

 

オバマ政権は、この国に属さない多くの外国軍部隊をアメリカ国内に招き入れました。
今日は、私が非常に尊敬するポール・ベグリー牧師についての悪いニュースが届いています。
私はつい1週間前に彼の番組に招かれ、とても素晴らしい時間を過ごしました。

ベグリー牧師は、彼のウェブサイトを介して、昨年、NSAエージェントが彼を尋ねてきたこと、そしてNSAが彼をいつでも殺害できると脅したことを伝えていました。NSAエージェントは、米政府は彼がどこへ逃げようとも、いつでも彼を躊躇なく殺害することができると言ったのです。
最近、益々多くの人々が米政府や諜報機関によって脅迫されています。
米政府や諜報機関が最も恐れていることの1つに、「アメリカ国内でのロシア軍と中国軍の動き」が米国民に知られることがあります。
私も、ずいぶん前から、米国内に潜伏しているロシア軍、国連部隊、中国軍などの動きについて度々記事やビデオでお伝えしてきました。
ベグリー牧師は、この情報を入手した方法について彼自身が調査して得たのではなくキリストの精霊から教えてもらったと言っています。
そのため余計に米政府やNSAなどの諜報機関は恐怖におののいたのかもしれません。

これまで皆さんにお伝えしてきた通り、ロシア軍、中国軍などの外国軍部隊がアメリカ全域に潜伏しています。米国民ははめられているのです。
私の唯一の望みは、トランプ新政権と米軍が外国軍部隊をアメリカから追い出してくれることです。しかし戦争をやらずに彼らを追い出すことはできないと思います。

現在、自由を求めている一般大衆と、一般大衆を縛り付け支配し続けたい悪魔崇拝のNWO支配層エリートとの激しい戦いが進行中です。
ですから、自分たちの身を守るために実際に武器を持って彼らと戦わなければならなくなるかもしれません。しかし、この戦いの重要な点は、物理的な戦いよりも霊的な戦い(霊界での戦い)が起きているということです。宇宙ではこのような善と悪、神と悪魔の戦いが永遠と続いているのです。
ベグリー牧師、本当にありがとうございます。

http://beforeitsnews.com/war-and-conflict/2017/01/all-hell-is-breaking-loose-eyewitness-to-a-4000-sleeper-army-in-tijuana-mx-2464768.html
1月19日付け

CSS-Offical-New-Logo2

Hell on Earth is about to visit our shores.

Hell on Earth is about to visit our shores.


今米史上最も恐ろしいことが起きています。以下は私が入手した情報です。
まず、メキシコ側の国境沿いで大量の外国軍部隊がアメリカに進攻する準備をしています。
また、アメリカのアンドリューズ空軍基地に保管されていた核兵器の1つがどこかへ消えてしまったようです。
さらに、トランプ新政権はアメリカの国連分担金を支払うのを止めるそうです。
そして、旅客機を墜落させることができる非常に危険な兵器が国境沿いで押収されました。
現在、チェチェンのゲリラがデンバーの西部と北部郊外でテロ活動を行っていますが、彼らに対して警察は何もできない状態です。
主にロシア軍がコロラドとワイオミングで軍事活動を行っているとの報告も受けています。
また、ウォレン米空軍基地には大量のAK-47(旧ソ連軍が開発した歩兵用アサルトライフル)が保管されていることが分かりました。もちろんこれらは米軍が使っているものではありません。


このようにアメリカ国内では様々な不気味な動きがあります。これらの情報が本当なら、どれをとっても、トランプ大統領と米国民は非常に深刻な問題を抱えていることになります。

さらに。。。
先週、次のような情報を入手しました。
メキシコで、テロリスト集団とカルテル集団が統合し、メキシコ国境を越えてアメリカに進攻しアメリカを最大限に破壊することを計画しています。
私に情報を提供してくれている国境巡視隊員によると、彼らはその事実を知っています。メキシコのティフアナでは数日前に米領事館が攻撃を受け複数の犠牲者が出ました。また、数百人の逮捕者も出ました。
ねつ造報道ばかりを行っている主要メディアはこの事実を一切報道していません。
しかしメキシコの新聞はこの事実を報道しました。
Calexit(カリフォルニア州独立運動)を伝えているポール・プレストン氏も同じ情報を入手しました。
国境巡視隊員によると、彼らはDHS国土安全保障省から、これ以上国境で警戒態勢を強めないようにと命令されているそうです。

さらに、次の目撃情報を入手しました。現在、メキシコのティフアナから4000人の軍隊らしき集団が、1日に20人から30人の割合でメキシコ国境を越えアメリカ国内に進攻しているそうです。


.