大統領就任式当日、リベラル左翼の女性たちによる反トランプ・デモが行われましたが、マドンナは女性たちを前にして、ホワイトハウスを爆破したいと常に思っていたなどと発言し、トランプのシークレットサービスがマドンナを監視しはじめました。しかし、そのような過激は発言をしても有名人は逮捕されないのがアメリカです。本当におかしな国です。
ユダヤ資本のハリウッドでは多くのセレブやアーティストが悪魔崇拝者(イルミ)のロボットとして活動しています。彼らはイルミのリベラル左翼思想に洗脳されイルミの奴隷として死ぬまで操られています。彼らに反抗的になると殺害されます。マイケル・ジャクソンのように。。。
どこからともなく現れ、急激に世界的に有名になった歌手、俳優、TVタレントなどは必ずイルミの支配下にありますね。
リベラル左翼のイルミのロボットたちは激しい反トランプ運動を繰り広げています。女性セレブで特に目立つのが、マドンナ、ケイティ・ペリー、レディ・ガガ、JKローリング(ハリーポッターズ・シリーズの作家)などです。彼女たちはツイッターで必ずトランプを潰すと誓っています。彼女たちのやっていることはテロであり、日本の左翼運動と全く同じです。
参考記事:https://www.thesun.co.uk/news/2141483/katy-perry-lady-gaga-party-hillary-clinton-celebrities-horror-at-donald-trump-win/

ところで、イルミの洗脳手段である、リベラル左翼思想がいかに気持ち悪いものかということを良識ある皆さんは気が付いたのではないかと思います。
彼らが世界に広めていることとは:
・グローバリズムの共産主義、社会主義、新自由主義
・NWO
・大量移民受け入れ
・人種的マイノリティの特権
・エリートの特権維持
・国民に対するヘイトスピーチ対策法
・同性愛
・小児性愛
・乱交パーティ(フリーセックス)
・多文化社会
・フェミニズム
・国境破壊
・国家破壊
・テロ
・非リベラルの徹底排除
・その他

そして。。。このようなリベラル左翼思想を世界に押しつけているのがイルミのユダヤ・シオニストであり、NWO推進の急先鋒が中国共産党だと思います。
何しろ、中国はアメリカの国土を乗っ取るつもりでいます。中国の富裕層(工作員)がアメリカの不動産を次々に爆買いし企業も買収し続けています。またユダヤ・シオニストが支配してきた伏魔殿のハリウッドを中国が買収しようとしています。また、米メディアも中国が買収しつつあります。ニューヨークタイムズやCNNなどは完全に中国資本がかなり流れていると思います。
世界中で国家としてトランプ政権に最も批判的なのは中国だと思います。(国境の壁を巡りメキシコもトランプに批判的ですが。)
中国はヒラリー大統領を誕生させてアメリカを乗っ取ろうとしていたのに、トランプ大統領が誕生してしまい、アメリカ乗っ取り計画がうまくいかなくなったのでしょう。
中国共産党の背後にはロスチャイルドがいるのだと思いますが、中国は覇権国家になりたくて仕方ないのです。世界を率いるのは自分たちだと豪語しているくらいです。中国共産党がはNWOの支配者になりたいのでしょう。
中国 vs 米シオニスト→中国=米シオニスト→中国+米シオニスト→中国+シオニスト+NWO  米シオニストと中国は繋がっていますね。

http://investmentwatchblog.com/newt-gingrich-calls-for-madonna-arrest-i-would-be-arrested-if-it-were-me-madonna-practiced-jewish-witchcraft-against-trump-while-reading-the-quran/ 
(概要)
1月27日付け

 Madonna speaks during the Women’s March on Washington on Saturday 
↑ ワシントンDCで大統領就任式当日に、リベラル派(民主党支持者)の女性たちが行った反トランプ・デモで(ホワイトハウスを爆破したいと何度も思ったなどと)過激なスピーチを行ったマドンナ。

アメリカの保守派の政治家、ニュート・ギングリッチ氏は、FOXニュースのインタビューで、もしそんなことを自分がやっていたなら、絶対に逮捕されるだろうと、マドンナの逮捕を呼びかけています。
マドンナは選挙後の夜間に友人にコーラン(イスラム教の聖典)を読ませながら、ユダヤの魔術を使ってトランプを敗北させようとしていたことが明らかになりました。

マドンナは、大統領選後の真夜中に、ヒラリーの票が伸びていないことを不安視して、ユダヤの魔術を使ってトランプを敗北させようとしたのです。
イスラム教徒のエージェントにコーランを読ませながら、彼女はテレビに出ていたトランプの姿に意識を集中させ魔術を行っていました。
ギングリッチ氏は「マドンナがまだ逮捕されていないことに激しい怒りを覚えている。もし私がそのようなことをやっていたなら、既に当局に逮捕され尋問されていただろう。当局がマドンナを放置するなら、彼女は悪い手本を示すことになる。シークレットサービスがこれを深刻に受け止めることを望んでいる。」と答えました。


真夜中にマドンナはろうそくに火を灯し、友人のイスラム教徒のエージェントにコーランを読ませながら、瞑想し続け、トランプの姿に意識を集中させながら、自分たちの身を神に捧げる代わりにトランプが敗北するよう神に祈り続けていました。
マドンナは「友人(イスラム教徒のエージェント)はヒラリーの大統領選キャンペーンに関わっていた人物を知っていた。そして大統領選終了後に期待に反してヒラリーが勝利する見込みが薄くなったことを知った。」とハーパーズバザー(女性)誌のインタビューに答えました。

ギングリッチ氏は「もちろん、マドンナのエージェントはヒラリーの大統領選キャンペーンに関わっていた誰かを知っていたのは確かだろう。なぜなら、それこそが大統領選の闇の部分なのだから。現在、ジェイソン・チャフィッツ共和党議員がヒラリーに関する調査を行っているのはそのためだ。さらに、ヒラリーについての今朝の記事には激怒した。彼女はテレビのトークショーを始めたいと話しているんだ。そんなことはありえない。犯罪捜査の対象となっている人物がテレビのトークショーをやるなんて。」と語りました。



マドンナは(女性誌のインタビューで)「我々はできることは全てやった。ろうそくに火を灯し、瞑想し、祈りを捧げ、神に自分の身を永遠に捧げてトランプの敗北を懇願した。」と語りました。

しかし神はマドンナの祈りには興味を示さなかったようです。
大統領選のキャンペーン期間中に、58歳のマドンナは、ヒラリーに票を入れてくれた人にはオーラルセックスをしてあげると約束しました。

また、マドンナは、「これまで私は欲しいのもは何でも手に入れることができた。今回のヒラリーの敗北は、まるで愛人に捨てらたかのようであり、悪夢を見ているようだ。」と、現実を受け入れることができません。

結局、トランプが勝利しましたが、2ヵ月以上たった今でもマドンナはこの現実を受け入れることができません。彼女は「魔術だけでは米国民の意思を抑え込むことはできなかった。」と衝撃を受けています。

かわいそうな老魔女マドンナを気の毒だとは思いませんか。
マドンナがほしい物は何でも手に入れていたことに私はかなりのショックを受けました。彼女はわざわざ投票することすらしなかったのではないでしょうか。マドンナがアメリカを去ることを強く願っています。アメリカから魔女が一人減ってもどうにでもなります!
真実を語る思慮深いギングリッチ氏氏はマドンナの逮捕を求めています。



ギングリッチ氏は、「マドンナは、街を走りまわり窓を破壊している若いファシストと同等である。彼らは全員最高刑を言い渡されるべきだ。アメリカでは左翼ファシズム集団が台頭しつつある。そして彼女は左翼ファシズム集団の仲間だ。我々は彼らから身を守る覚悟が必要だ。彼女は逮捕されるべきなのだ。」
とFOXニュースで訴えました。


http://www.thegatewaypundit.com/2017/01/newt-gingrich-madonna-arrested-video/

実際に、ニューヨークのブルックリンにはトランプを呪っている魔女たちが存在します。彼女たちはトランプの髪の毛が抜けるよう呪文を唱えています。これが今のアメリカの現実です。彼女たちはヒラリーがやって来たことに追従しています。

http://www.complex.com/pop-culture/2015/09/donald-trump-is-being-hexed-by-witches

魔女の一人のYeni Sleidiは彼女の仲間の魔女にトランプを呪うよう要請しました。
Jezebelによると: 
Yeni Sleidiと彼女の仲間の魔女は「自分たちはキューバからの移民であり、メキシコからの移民がトランプによって攻撃されていることは身につまされる思いだ。喜んで彼らを助けたい。」と述べました。


魔女たちはトランプの髪の毛が抜けるよう呪文を唱えているシーンを撮影しそのビデオを投稿しました。
しかしそのビデオは悪いエネルギーが発せられていますから皆さんにお見せしたくはありません。その代わり、トランプ大統領と彼の家族、スタッフを彼らから守っていただくよう神に祈ります。


以下省略