世界で最も残虐で非道で極悪な連中はユダヤ人エリート(シオニスト)(一般のユダヤ人は関係ない)です。
歴史を通してユダヤ人エリートほど残虐な犯罪を繰り返してきた集団はありません。
その次に残虐なのは、中国人支配層やサウジアラビアの王族などですが、サウジアラビアの王族もまた隠れユダヤ人です。シオニスト=サウジ王族=イスラム過激派はユダヤのタルムードが土台となっています。
第二次世界大戦ではシオニストのアイゼンハワー大将こそが戦争犯罪者として裁かれるべきでした。しかし彼はその後、大統領になっています。いかに世界が彼等によって支配されたでたらめ世界であるかということが分かります。
ドイツ軍によるユダヤ人虐殺(ホロコースト)の殆どの部分がねつ造だと言われています。ヒットラー自身がユダヤ人ですから、ユダヤ人を大量に殺害するわけがありません。ユダヤ人大虐殺のねつ造は、戦後、イスラエル建国を実現するための口実を作りたかったからでしょうね。
また、ドイツ軍によるユダヤ人ホロコーストをでっち上げた理由は、ドイツ軍を悪者にすることで自分たちユダヤ人エリートこそが最も悪質な戦争犯罪者であることを隠蔽したかったのです。彼等の戦争犯罪(ドイツ兵捕虜の大量虐殺)こそが本当のホロコーストです。

戦後、イルミナティのユダヤ人エリート(シオニスト)は、数々の戦争映画を制作しましたが、それらは常に米軍や同盟軍が正義の味方でドイツ軍が悪者であるかのように印象付けています。中国でも日本軍との戦争映画を制作し日本軍が悪者という印象付けに余念がありませんが。。。
これは中国人やユダヤ人エッリートの反日、反ドイツプロパガンダです。

ユダヤ人エリートと同様に中国人や朝鮮人は大東和戦争における歴史のねつ造を派手に行ってきました。彼等は日本軍による戦争犯罪を大々的にねつ造し世界にその嘘を広めました。そうすることで、中国人、朝鮮人、ユダヤ人エリートの戦争犯罪を隠蔽することができるからです。

中国人エリートは、南京大虐殺をねつ造し抗日運動を続けることで、通州事件で大量の日本人を虐殺していたことを隠蔽しています。
また、米ユダヤ人エリートは、人体実験のために広島と長崎の原爆を投下し大量虐殺した事実を歪曲するために、原爆は戦争を終わらせるためのやむを得ない手段たっだなどと平気で嘘をついています。
彼等は中国人や朝鮮人による南京大虐殺や慰安婦のねつ造などの反日運動を応援しています。

ドイツ人と日本人は、はっきり言って、世界で最も几帳面で秩序を守り働き者で頭が良く有能であるため、世界を支配したいユダヤ人エリートにとっては邪魔な存在なのでしょう。だから、第二次世界大戦でドイツ人を大量虐殺し、日本人も大量虐殺したのではないでしょうか?
ユダヤ人のメルケルが首相になり今でもドイツを破壊しています。
日本では朝鮮族(朝鮮帰化人)が日本の政治を動かし日本の弱体化を図っています。

ウィキ:
通州事件とは、
1937年(昭和12年)7月29日に中国陥落区の通州(現:北京市通州区)において冀東防共自治政府保安隊(中国人部隊)が日本軍の通州守備隊・通州特務機関及び日本人居留民を襲撃した事件。通州守備隊は包囲下に置かれ、通州特務機関は壊滅し、猟奇的な殺害、処刑が行われた。通州虐殺事件とも。

通州は北平(現:北京市)の東約30kmにあった通県(現:北京市通州区北部)の中心都市で、殷汝耕南京政府から離脱して設立した冀東防共自治政府が置かれていた。

http://tapnewswire.com/2017/01/the-mass-killing-of-germans-at-the-end-of-ww2/
(概要)
1月27日付け

(これは2014年に投稿された記事です。再度、TAPブログに紹介されました。)
第二次世界大戦直後に大量のドイツ人が虐殺されました。




これこそが本当のホロコーストです。
戦後、アイゼンハワーのライン渓谷の死の収容所(↓以下)では100万人のドイツ兵(戦争捕虜)が殺害されました。ドイツの戦争捕虜収容所は米軍が運営していました。写真は1945年5月12日撮影。


↑ ライン渓谷の戦争捕虜収容所のドイツ兵の様子。彼らは穴の中でしばらくの間生き延びた。

戦争捕虜となったドイツ兵を大量虐殺したことは明らかな戦争犯罪でありジュネーブ条約に違反しています。
第二次世界大戦が終わりに近づいた頃、連合軍はドイツの奥深くへ進攻しドイツを占領しました。ドイツ軍は敗北寸前であり、米陸軍は約300万人のドイツ兵を捕虜として捕まえました。
ユダヤ人のアイゼンハワー米陸軍大将の指揮下で、ドイツ兵捕虜は西ドイツのライン渓谷沿いの野外収容所に連れて行かれました。彼らは食料も水もシェルターもない場所に置き去りにされて死んでいきました。
これは明らかに戦争犯罪であり、戦争捕虜に対する人道的な扱いと終戦後に彼らを開放することを求める国際条約に違反した行為です。
米軍はドイツ兵の戦争捕虜を非武装の敵軍であるとして自分たちの戦争犯罪を正当化していました。
これこそが第二次世界大戦における本当のホロコーストなのです。ユダヤ人収容所でのドイツ人によるユダヤ人大虐殺(ホロコースト)はユダヤ人によるでっち上げです。


100万人以上のドイツ兵が捕虜として米軍が運営していたドイツ国内の野外収容所に連れて行かれ、そこで虐殺されました。

↑ 連合軍が捕まえたドイツ兵捕虜

↑こちらはイギリスの野外収容所に入れられたドイツ兵捕虜 1945年5月撮影

↑ 1944年、ノルマンディのドイツ空軍の捕虜たち

↑ 連合軍が捕まえたSSドイツ機甲部隊
↑ 1944年ノルマンディにて、第二次世界大戦で、米軍部隊がドイツ兵捕虜たちの背後に立ち彼らを見張っている。
↑ 1944年7月、Notre-Dame-de-Cenillyで、連合軍が捕まえたSSの捕虜たち。

↑ ドイツ兵捕虜が米陸軍のトラックに押し込められ、ライン渓谷の収容所に搬送されているところ。
1945年5月、レーゲンスブルクにて、ドイツ軍の女性兵士らが入れられた女性用の捕虜収容所の様子。

1945年4月24日付けの米紙の記事が、米軍が1945年4月にドイツを占領してからわずか21日間に992,578人のドイツ兵を捕まえ殺害したことを認めたと伝えました。

 1989年9月、カナダの雑誌で、アイゼンハワーが命令したドイツ兵に対する史上最大の戦争犯罪と残虐行為が歴史家によって暴露されました。
アイゼンハワーは、陸軍士官学校では、恐ろしいスウェーデン系ユダヤ人として知られていました。

↑ こちらの写真で、収容所がいかに恐ろしいところかが分かります。
↑ 米軍兵士が数千人のドイツ兵捕虜たちを高い位置から見張っている。
↑ 捕虜として捕らえられたドイツ兵士らは野外収容所の地面に穴を掘ってシェルターを造り身を守りました。野外収容所を運営していた米軍は大量のテントを持っていましたが、ドイツ兵士らにはテントを全く与えませんでした。ドイツ兵捕虜は穴の中で数か月間生き延びました。雨が降った時に彼らは寒さに倒れ死にました。

↑ まだ明かされていない、ライン渓谷に存在したアイゼンハワーの死の収容所について:
アイゼンハワーは、同盟軍部隊に命令して降伏したドイツ軍兵士らを意図的に抹殺させました。