グローバリストで極悪犯罪者のヒラリーがメールの不祥事で下院監視委員会に追及されることになります。FBIも捜査を続行中だそうですから、ヒラリーがこのまま平和に暮らすことはできなくなりそうです。
ただ、下院監視委員会はヒラリーのメールの不祥事に関して追及するのであって、メールの内容から明らかになった外国政府との癒着やクリントン財団につながる小児性愛犯罪については追及されるのかどうかは分かりません。アメリカでも政治家を含むエリート層の殆どが小児性愛犯罪に関わっていますから、このことが追求されると、この件だけでもアメリカは収拾がつかなくなるでしょう。
最近、カリフォルニア州では470以上の性犯罪者が逮捕されたそうです。その多くが小児性愛犯罪者です。また、多くの被害者(児童)も保護されたそうです。アメリカでも性犯罪が横行していますが特に小児性愛犯罪者が多いようです。
デーブ・ホッジズ氏が言っているように、世界は小児性愛犯罪者によって支配されています。そのため彼等の小児性愛犯罪はことごとく隠蔽されています。

http://beforeitsnews.com/new-world-order/2017/02/breaking-trump-just-ordered-gowdy-and-chaffetz-back-on-clinton-case-to-go-after-everything-7162.html 
(概要)
2月1日付け

トランプがガウディとチャフェッツにヒラリーの事案を徹底的に追及するよう指示しました。

(ガウディ議員が任務を開始します。)


米下院監督委員会とは法を犯した官僚や閣僚を追求する組織です。
そして、ヒラリー・クリントンが国務長官時代にクリントン財団を介して行ったメールの不祥事について容赦のない追及を行ってきたトレイ・ガウディ下院議員とジェイソン・チャフェッツ下院議員がこの委員会のメンバーとなっています。



(ヒラリーはもう終わった!)

ヒラリーは終身刑を宣告されるべき犯罪者なのです。今年に入ってからヒラリーの取り調べは中止されるのではないかと不安視する見方もありました。しかし、トランプ政権下でこのような不安は払しょくされました。

なぜなら、ジェイソン・チャフェッツ下院議員が下院監督委員会の委員長に就任したからです。さらに、彼は、トランプから追跡が妥当と思われる事案については徹底的に追及するようにとの指示を受けたのです。
トランプは、ヒラリーのように米国民の安全を脅かす者は当然処罰されるべきであるとはっきり示したのです。


(ヒラリーは悪いニュースを耳にすることになります。)

フィラデルフィアで開催された2017年共和党リトリート(修養会)にて、チャフェッツ委員長とトランプ大統領が会話を交わしました。彼がトランプと個人的に会話をしたのはこれで2度目となります。
リトリートで、トランプは彼に接近し、次のように語りかけました。
「いいかい、君は本当に良い仕事をやっているよ。本当に良い仕事をやっている。私は君の仕事を応援している。私は大統領になった。そして君は私の下でやるべき仕事がある。しっかり監視してくれ。スローダウンせずに。追及したい事案に関してはとことん追求してくれ。」と。


つまり、トランプは彼をヒラリー・クリントンの事案を担当する特別検察官に任命すると明言したのです。トランプに激励されたチャフェッツはやる気満々です。



(チャフェッツはトランプに援護されています。)

今後、ヒラリーは下院監視委員会と激しい闘いを繰り広げることになります。既にチャフェッツは、ヒラリー国務長官時代のメールの不祥事についての調査を続けると宣言しました。

チャフェッツは、「選挙が終わったからと言って全てが解決するというわけではない。彼女はメールを使って国務省で最も重大な秘密保持違反を犯した。」とヒラリーを非難しました。


中略

(ヒラリーは犯罪を行った責任を取ることになります。)

自分の行動には責任を取らなければならないのです。国の安全を脅かす行為は許されるべきではありません。もはやヒラリーが助かる術はありません。
オバマ元大統領がヒラリーを赦免するのではないかと懸念されていましたが、オバマはそのようなことをせずにホワイトハウスを去りました。ヒラリーはもう逃げられません。やっと正義が勝利する時が来ます。

ヒラリーが大統領選で敗れた後、クリントン財団は閉鎖されました。ヒラリーは財団を通して政治的便宜を計らっていたのです。しかしヒラリーは選挙で敗北しましたから、(彼女に巨額の寄付を行った個人、団体、外国政府に)どうやって政治的便宜を計ることができるのでしょうか。
FBIはヒラリーが所有する他の財団(複数の州に存在)も捜査中です。
今やヒラリーには悪いニュースしか届いていません。FBIが、ヒラリーに対して、彼女の財団を通した”チャリティ犯罪”で告発しても何ら不思議ではありません。