アメリカの上空で火球(隕石)が目撃されるのは珍しいことではありませんが、今回、目撃された火球は大型で非常に明るく輝きながら衝撃音と共に飛んできたそうです。地上に落下する前に上空で爆発したようです。これは惑星X(二ビルかどうかは分かりません)が接近中であるために破片が地球に向かって飛んできたのでしょうか??
http://www.thedailysheeple.com/brilliant-green-fireball-lights-up-sky-over-midwest-shakes-houses-with-sonic-boom-videos_022017
(概要)
2月7日付け

green meteor

Image credit: American Meteor Society 

昨日の早朝に、緑色の光を放ち、住宅を振動させるほどの衝撃音を発しながらイリノイ州北部とウィスコンシン州南部の上空を駆け抜けた大きな火球(隕石)が目撃されました。

これまでにAMS(アメリカ流星学会)は467人の目撃情報を入手しました。
目撃者の多くがイリノイ州とウィスコンシン州に集中していますが、ミシガン州、インディアナ州、オハイオ州、アイオワ州、ニューヨーク州、ケンタッキー州、ミネソタ州、オンタリオ州(カナダ)からも目撃情報が寄せられました。

目撃者によると、今回の火球は太陽のように明るく光っていました。また、火球は上空を通過中に衝撃音を発していました。衝撃音が聞こえた理由は、火球が地球の大気中の音波よりも速く移動していたからです。

アメリカではこのような大きな火球が年に3、4回目撃されています。しかしこれほど明るく光り輝く火球が上空に現れたのは非常に珍しいことです。これは爆発流星の可能性があります。このような流星は最後に爆発して消滅します。今回の火球の重量は約600ポンド(270kg)ありそうです。

(火球の様子)