Flakka(フラッカ)についてはYoutubeで観て、初めて知りました。本当に恐ろしいドラッグが出回っています。危険ドラッグよりもさらに危険で恐ろしいドラッグが作り出されています。
アメリカの貧困層でこのドラッグを常習するケースが多いようです。アメリカには麻薬カルテルが存在するメキシコの国境から次々に恐ろしいドラッグが入ってきています。そしてCIAも麻薬密売に関わっているのは確かです。
なぜ、このような恐ろしいドラッグが次々に出回ることになるのでしょうか。
このようなドラッグを製造、密売している連中は悪魔崇拝者です。彼等は多くの人々に危害を与えたいのです。人間が気が狂ったりお互いに殺し合ったりするのを見ているのが楽しいのでしょう。彼等は地球や人間をめちゃくちゃにして悪魔に最適な環境を作った上で悪魔を地上に呼び込みたいのでしょう。
アメリカはオカルトや悪魔教の信者も増えており、ドラック常習者も増えています。アメリカは世の終末そのものです。日本にもこのような恐ろしいドラッグが入ってこないよう、水際で止められるよう、徹底的に監視すべきです。日本では危険ドラッグだけでも恐ろしい目に合っているのに。。。

Flakka(フラッカ)と呼ばれる薬物がアメリカで出回っており被害者が急増しています。この薬物はバスソルトに似た合成薬物であり、常習者は精神異常を引き起こし、興奮状態になり、狂暴になり、また体温が上昇するため非常に暑く感じます。
フラッカの常習者(鼻から吸引、注射、口から吸う、食べる、お尻から差し込む)は完全に気が狂います。まるでレプティリアンのように。彼等は裸で走りまわったり、幻覚にも襲われます。
また、悪魔に憑依されたようになります。実際に憑依されているのでしょう。フラッカは悪魔のドラッグとも呼ばれています。また、スーパーヒューマンにようにパワーがみなぎりますからあらゆるものを破壊します。
また、彼等は人肉を食うようになります。口からシューシューと蛇のような音を出したり、ガオーッと怪獣のように叫びます。彼等はスーパーヒューマンのように力が出るため、6人の警官によってやっと取り押さえられるケースもあります。
イリノイ、オハイオ、テキサス、カリフォルニア、フロリダでフラッカの常習者(被害者)が急増中です。特にフロリダは突出しています。

以下の常習者の映像にはご注意ください。かなりショッキングです。

https://www.youtube.com/watch?v=QLC7GSKBe9A

https://www.youtube.com/watch?v=BMJMujPoa4Y

https://www.youtube.com/watch?v=ooVx6MlORkQ

https://www.youtube.com/watch?v=hJS0GRti7H0