中国のミサイル試射施設では日本の米軍基地や停泊中の船を標的とした訓練を行っているそうです。
ハシノイの燃料タンクも標的になっているそうですが、ハシノイ?ってどこにあるのか私には分かりません。
中国が沖縄の米軍基地を狙っているとするなら、沖縄の米軍基地を破壊して沖縄を乗っ取る気でしょうか。
日本の港に停泊中の米空母や駆逐艦まで狙っているそうですが。。。。
日本は尖閣だけでなく国内の米軍基地や港までも中国に狙われています。
翁長知事や沖縄の反日新聞社は、嘉手納基地が中国に攻撃されたらうれしいのでしょうけどね。

http://beforeitsnews.com/war-and-conflict/2017/02/high-alert-china-prepping-pearl-harbor-2-to-cripple-the-us-look-at-these-disturbing-satellite-photos-alarming-video-2465014.html
(概要)
2月11日付け

サテライト画像により、アメリカや日本の脅威となる中国の軍事演習の様子が分かりました。


Mail on lineのケリー・マックラーフリン氏によれば、中国は太平洋地域(日本)の米軍基地をミサイル攻撃する準備を行っているようです。サテライト画像により、中国のミサイル試射施設が米軍基地の標的のレイアウトと酷似していることが分かりました。中国は東アジア(日本)の米軍空母、駆逐艦、飛行場を標的としたミサイル試射を行っています。


Mail on lineによると:
中国人民軍は太平洋地域の米軍基地を攻撃するための訓練を行っています。
(0:40~)複数のICBM大陸間弾頭ミサイルが天安門広場に姿を見せています。
最近のサテライト画像を見れば、中国が米軍基地を攻撃するためのシミュレーションを行っているのが分かります。
(1:00~)
これらの画像は中国のミサイル試射施設のレイアウトが攻撃対象としている米軍基地の空母やデストロイヤー(駆逐艦)そして日本の飛行場のレイアウトに酷似しています。
(1:27~)左上の枠内の画像をご覧ください。右側は港に停泊中のデストロイヤーです。左側は中国の砂漠に造られたデストロイヤーの形をした建造物です。
では、中央の画像をご覧ください。ここにもデストロイヤーのをした建造物が3つ造られています。そこには衝突クレーターまで造られています。
このようなことからも、中国はアメリカの軍艦を攻撃するための軍事演習を行っていることが分かります。
(2:23~)左上の画像は、日本のハシノイ(???)の燃料タンクです。そして右側の画像は、中国のミサイル攻撃の標的として造られたものです。ハシノイ(???)の燃料タンクとレイアウトに酷似しています。

専門家によれば、中国はアメリカと日本の米軍基地を標的にした攻撃の訓練をしているようです。
(3:32~)中央下の小さな枠内の画像は中国がミサイルの攻撃対象として造った建造物です。
右下の小さな枠内の画像は嘉手納基地に置かれたF22戦闘機です。中国は攻撃対象物と同じサイズの建造物を造り、ミサイル攻撃の訓練を行っています。