クリントン財団のおぞましい犯罪が明らかになってから、ネット上には世界的なピザゲート(小児性愛犯罪)犯罪が次々に暴露されています。ピザゲートはアメリカだけの問題ではありません。悪魔崇拝者の支配層エリート(ハザールマフィア)は国境を意識せずに世界中に生息していますから、世界的な犯罪ネットワークを通してピザゲートが世界中で行われていることになります。
ネット上では、アメリカだけでなく、カナダ、オーストラリア、ベルギー、イギリスのピザゲート事件について報道しています。ピザゲートを隠すことができなくなっています。また、複数の国の当局がピザゲートの捜査を始めています。ピザゲートは実際は世界中で行われているため、ピザゲートの犯罪ネットワークを破壊するのは困難かもしれませんが。アフリカでも中南米でもヨーロッパでもアジアでも行われています。
つい最近、日本でも児童ポルノに関与した教師が逮捕されましたが、日本にも小児性愛犯罪者が多くいるのではないでしょうか。。
今年に入ってから、アメリカでは数百人の小児性愛犯罪者が逮捕されています。カナダでも当局による国際捜査が始まりました。
ベルギーでも小児性愛犯罪を隠蔽し続ける政府や警察に対する市民の抗議デモが行われました。
そして、小児性愛犯罪(拉致・監禁→性的虐待+児童ポルノ+人身売買+児童買春+虐殺)には必ず臓器摘出・臓器販売がその後に続くということが明らかになりました。ですから多くの犠牲者(児童)は臓器が摘出された状態で発見されています。しかしメディアは一切報道しません。
臓器摘出・臓器販売が頻繁に行われている中国では、必ず小児性愛犯罪も横行していると思います。また、臓器販売・臓器移植が盛んに行われている国(例えば、中国やアメリカなど)では小児性愛犯罪が横行しているといえます。
この世界を牛耳っているのが小児性愛犯罪者のグローバル・エリートです。その中には政治家、王族、企業家、金融王、芸術家、法律家、警察、教育家、セレブなど、多くのエリート層が含まれます。
彼等は子供たちを商品としか見ていません。しかも世界の99%の人間はユースレス・イーター(飯を食うだけの役立たず)と思っているのです。
彼等は、リベラル左翼、共産主義、社会主義思想の下にグローバリズムを推し進め、世界に悪魔のNWO体制を築こうとしている悪魔崇拝者です。
そしてこのようなグローバリストが好きなことは、国境破壊、国家破壊、社会混乱、内乱、多様性、多文化、大量移民受け入れ、全体主義、フリーセックス、性的マイノリティ、同性愛、小児性愛、近親相姦、奴隷制度、人身売買、虐殺、生き血、人肉、生贄儀式そして悪魔です。

参考サイト:
https://www.youtube.com/watch?v=rSR7mhYkllY

https://www.youtube.com/watch?v=8Wi6oV1PgS4

http://tapnewswire.com/2017/02/us-department-of-defense-run-by-and-on-behalf-of-pedocriminals/

http://beforeitsnews.com/alternative/2017/02/canadian-version-of-p-i-z-z-a-g-a-t-e-huge-ring-busted-3476704.html 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<小児性愛犯罪と臓器摘出は繋がっています!>
http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2017/02/pizzagate-and-organ-theft-from-children-are-connected-2479962.html
(概要)
2月12日付け

小児性愛犯罪と臓器摘出は繋がっています!

CSS-Offical-New-Logo2

child-sex

 

国連(UNODC)は小児性愛犯罪(児童買春)と移植用臓器の摘出行為は組織的犯罪であり、どちらも人身売買の奴隷制度そのものだと発表しました。小児性愛犯罪(児童買春)に関わっている組織と臓器摘出に関わっている組織は背後で繋がっています。


臓器のない死体が発見される臓器摘出事件は常に隠蔽されてきました。数々の臓器摘出事件について調査を行った結果、臓器摘出に関する事件はアメリカだけでなく中国や他の国々でも頻繁に行われていることが分かりました。しかしこのような事件がアメリカ国内で発生していても主要メディアは一切報道しません。

私がインタビューした2人の病理学者も、これらの2つの犯罪は繋がっていると確信していました。
クリントン財団の犯罪(ビル・クリントンとヒラリー・クリントンがハイチ地震の救済資金として集めた巨額の寄付金の殆ど(20億ドル)を盗んだことと、ハイチの児童を臓器摘出と性的虐待を目的に拉致し人身売買を行っていたこと。)が明らかになったことでこれらの2つの犯罪に繋がりがあることがはっきりとしてきました。


ピザゲートは小児性愛犯罪だけではなく、児童の臓器摘出にも関与しています。同じ犯罪組織が2つの犯罪に手を染めています。また彼等に拉致監禁された子供たちの多くは児童ポルノ映画にも出演させられています。また、子供たちの多くは、Snuff Filmと呼ばれるポルノ映画の中で実際に強姦され、その後、殺害されています。
さらにこれらの子供たちは森の中に放し飼いされ加害者らの子供狩りが行われています。アメリカ国内でもこのようなことが行われています。そして性的虐待の被害を受けている子供たちは、性奴隷としての役割が終ると、臓器を摘出されています。
昔は、拉致監禁された子供たちは無理やり麻薬を投与され性的暴行を受け臓器が摘出された後に路上に投げ捨てられていました。
元FBIエージェント(匿名)も、拉致監禁された子供たちは児童ポルノ映画に利用されるだけでなく、継続的に性的暴行を加えた後に臓器摘出が行われるようになったと言っています。。


2人の病理学者によれば、殺害された若者の死体を検視すると、臓器が摘出されているケースが多いのです。しかし検視の結果をそのまま報道することは許されません。臓器摘出により殺害された場合は、その死因を鈍器損傷或はナイフでめった刺しにされためと嘘の発表を行うことになります。
メディアは小児性愛犯罪・児童買春・臓器摘出については絶対に報道しません。

3人の匿名の情報筋によると、国連(UNODC)がこれらの犯罪を個別に調査したところ、これらの犯罪は同じ犯罪組織と繋がっていることが分かりました。

国連は国連加盟国に対して、小児性愛犯罪・児童買春の調査に対する協力を要請しましたが、どの国も国内の問題であるとして国連に協力するのを拒否しました。


各国がこれらの犯罪を隠蔽する理由は、各国のエリート層(例えば、芸能人のジミー・サビル、チャールズ皇太子、パパブッシュ、他)こそが、これらの犯罪に関与している犯罪者だらかです。

2015年に国連が発行した調査資料には臓器摘出(臓器販売)と児童ポルノを目的とした児童の人身売買が行われていると記しています。


臓器摘出(臓器販売)と小児性愛犯罪(児童買春)がリンクしていることは明らかです。そしてピザゲートの調査が進むと、このことが証明されることになるでしょう。
また、これらの犯罪を隠し続けたい反トランプ勢力は沼の泥水を除去しようとしているトランプを攻撃しています。
トランプ政権が終れば、自由貿易協定も再開してしまいますが、これらの犯罪者らが刑務所に投獄されたならばそうはなりません。現在、エリート層のサークルでは緊急警報が鳴り響いています。
トランプはこれらの犯罪行為に加担している犯罪者らに囲まれています。

トランプ夫人はファーストレディとしての立場にあまり関心がないようです。しかしそれは当然の事と言えます。彼女はまだファーストレディのスタッフも雇っていません。彼女は夫のトランプの命が狙われていることを恐れています。
これらの犯罪に関与している犯罪者は過去においても多くの一流政治家を暗殺してきました。

我々はトランプの無事を祈るしかりません。また、被害を受けている世界中の子供たちのために祈り、彼等が無事救出されることを何よりも願います。
支配層エリートや彼等のパペットマスターらは子供たちを単なる商品としか考えていないのです。
。。。