昨年、多くの要人たちが南極を訪れていました。ケリー国務長官が大統領選当日に南極にいたことが明らかになっています。また大量の米軍部隊が南極に派遣されました。
南極の地下には古代文明があるのでしょうか。戦時中、ナチスが南極に行き地下洞窟を発見したそうです。その後、彼等は洞窟を増築し何らかの施設を造ったようです。
昨年は大勢の要人たちが南極に訪れ、軍隊も含めてかなり賑わっていたようですが。。。今年に入り、南極にいた民間人が全員南極から避難させられているそうです。
一体、何が起きているのでしょうか。日本の基地もありますが、日本人はまだ南極に残っているのでしょうか。問題が起きているのはアメリカの基地周辺だけなのでしょうか。
地下に何か秘密が隠されているようです。

<南極で何が起きているのでしょうか?>
http://beforeitsnews.com/strange/2017/03/quayle-alert-antarctica-evacuations-us-military-appears-to-be-evacuating-civilian-contractors-from-their-area-of-operations-2466980.html
(概要)
3月1日付け

B4INREMOTE-aHR0cHM6Ly8zLmJwLmJsb2dzcG90LmNvbS8tRTZMVVlobXJ5YUUvV0xQRG1qb1pWYUkvQUFBQUFBQUFSV28venZsZnJ3aEZRVG9ES2t4NXFwQ294Uml0WW9rR0JjYUtBQ0xjQi9zNjQwL0FudGFyY3RpY2ElMkJTZWNyZXRzJTJCRGlzY292ZXJpZXMlMkIlMjUyODElMjUyOS5qcGc=

By スティーブ・クイル

南極からの大規模避難についての最新情報です。
1ヵ月前に南極からアメリカに戻ってきた情報筋によると、米軍は南極の活動エリアから民間の請負業者を大量に避難させました。しかし、その後、南極に残っている人たちからの連絡はありません。
南極は広大ですからアメリカだけが大量の人々を避難させることができるのです。南米の基地は軍隊が配備されています。他の国々の基地では南極条約に従って軍隊は配備していません。


先週、様々な情報筋(グリーンベレーや米軍大将など)から耳にした情報によると、米軍は大量の戦闘用機器を2基のエレベーターで地下深くにある米軍指令室に搬入しました。

どうやら、身長が18~20フィート(約5~6m)もある48人の巨人が地下から脱出し巨大な地下トンネルに向かっているようです。音波及びレーザー兵器を持った民間の特殊作戦部隊が出動し巨人を探し殺害しようとしています。

今、南極で起きていることは、10年以上も前にドルシー地下基地(エイリアンの基地)で起きたことと全く同じです。
 私が入手した情報が真実かどうかを確認することはできませんが、どうやら南極の地下にいた巨人が逃亡したようです。また、135歳のナチス関係者が巨人の逃亡に関わっているようです。


http://beforeitsnews.com/paranormal/2017/03/this-is-big-big-the-event-is-coming-soon-latest-antarctica-conspiracy-the-trump-connection-will-blow-your-mind-videos-2522040.html
(概要)
3月1日付け

Godlikeproductions:
今、南極からの大規模脱出が進行中です。南極で働いていた民間人や科学者が一人残らず南極から飛行機で脱出しています。同時に特殊部隊と米軍が南極で軍事行動を始めまています。
米国防省に雇われた民間人がGodlikeproductionsに伝えた情報では、米軍部隊が何らかの軍事行動を始めるために南極に向かいました。また、謎の器具も南極に輸送されました。現在、米軍部隊は南極で働いていた人々を南極から全員避難させています。

同時に、ロシア海軍が武装船と共に南極に向かっています。また、米軍は南極から全ての物を秘密裡に移動させる準備をしていました。

世界中のリーダーたちに最後通告が命じられたのでしょうか。そのためにグローバル・エリートが南極に押し寄せているのでしょうか。しかしリーダーたちは最後通告に対応しなかったのでしょうか。


UFOmania

以下は南極で働いていた匿名の内部告発者からの情報です。


「私は米国防省の請負会社の関係者です。会社名は貴方も耳にしたことがあるかと思います。
我々は高度な武器と電子装置を主に米陸軍と米海軍に販売しています。また我々は大量の兵器や機器を世界中に輸送するロジスティックスにも携わっています。今週の土曜日にビールを飲んでくつろいでいたところ、緊急救助を求める連絡が入りました。何が起きたのか詳細は分からずに現地に駆けつけたところ、面識のない軍の高官たち(大佐)がそこにいました。私は日々米軍関係者と共に仕事をやってきましたから、面識のない大佐が数人そこにいるということは非常に深刻なことが起きているのだろうと察しました。さらに、大佐の中にはパニック状態になっている方もいました。彼等は直ちに大量の兵器を地下に搬入するよう命令していました。同時に民間人は全員、急いで南極から飛行機で脱出しました。


Dr. マイケル・サラ:

南極の氷の下に何があるのでしょうか。戦時中、ナチスの戦犯のルドルフ・ヘスとヘルマン・ゲーリングが南極を訪れました。また、1年前にはキリル1世 (モスクワ総主教)が南極を訪れました。
スカルアンドボーンズのメンバーのケリー国務長官も、昨年の大統領選当日に南極を訪れました。 また、フリーメーソンの宇宙飛行士として月面にフリーメーソンのTranquility Lodge 2000 を創設したバズ・オルドリン氏も南極を訪れましたが帰国後に病気になりました。

レスリー・スティーブンスが1970年代に制作した映画、バトルスター・ギャラクティカが、今起きていることは全てかつても起きていたことだと伝えていましたが、人間を解放するのか奴隷にするためなのかはわかりませんが、DARPAのテクノロジーが使われようとしているのでしょうか。

南極の地下には非常に進化した古代文明が存在するのでしょうか。地球外生命体のテクノロジーによって軍事部門が分割されたのでしょうか。

2016年のビデオです。
(一部)
・・・現在(2016年)、南極での活動が活発化しています。
1930年代後半にナチスは史上初めて南極の氷の下に潜りました。彼等は潜水艦を使って地下水路を移動し大量の洞窟を発見しました。彼等は大量の資材を南極の地下に運びこみ、潜水艦で地下水路を移動し洞窟を大幅に増築しました。
南極の氷の下にはあらゆるモノが隠されています。
戦後、ナチスの生き残りが南極の地下で地上文明と分離した文明を築きました。1950年代に彼等は南極の活動に関して米軍産複合体と協力関係を結ぶことに合意しました。

2001年にロシアが南極の氷の下に巨大な湖や巨大な地下施設があることを確認したと発表されました。
2001年以降、科学者や様々な分野の人たちが南極の地下に進入できるようになり地下の発掘調査が始まりました。2016年には多くのVIPが南極を訪れました。もうじき、南極の地下に存在する先進技術(人類が直面しているエネルギー問題や健康に関する問題を解決できる技術)の文明について公表されると思います。