トランプ及び彼を支持する共和党議員らとオバマ、ヒラリー、リベラル左翼の政治家ら、ディープステートの戦いが始まっているようです。
トランプは、大統領選前の反トランプ側の秘密工作やトランプタワーの盗聴、監視などについて連邦議会に調査を行わせています。
ナショナリストのトランプ陣営 対 共産主義グローバリストのオバマ(ソロス)陣営の内戦が勃発したようです。
また、ツイッター上でもトランプの殺害計画が語られています。

現在、トランプの反撃が始まりましたから、反トランプ側の秘密工作が白日の下にさらされる日が来るのではないでしょうか。

http://beforeitsnews.com/alternative/2017/03/trump-just-turned-the-tables-gowdy-and-chaffetz-are-licking-their-chops-the-heat-is-coming-obama-pelosi-schumer-lookout-3485718.html
(概要)
3月6日付け
トランプは、トランプ政権とロシアとの関わりを盛んに訴えてきたリベラル左翼を完全に黙らせ、逆に、FBI、司法省、オバマ、クリントン夫妻、ペロシ、シュマーを含むディープステートが昨年の大統領選に向けて様々な反トランプ工作をしていた事実を連邦議会に調査させ始めました。

トランプは共和党議員のチャフェツ、ガウディ、ジョーダン、ヌネスに対し、ベンガジ事件にFBI、司法省及び全行政機関が関与したこをが発覚してからずっと彼らがやりたかった調査をやるように指示しました。

以下のビデオでは、番組に出演したチャフェツ議員とガウディ議員がオバマ政権が諜報機関と連携してチャフェツ議員にスパイをしていたことやロシアとの関わりが一切ないことを証言しています。

現在、コメイFBI長官に何が起きているのかは分かりません。彼がFBIの実態を暴露する側にいるのか、それとも両サイドの板挟みになっているのかは定かではありません。

コメイ長官は、トランプ・タワーの盗聴や監視を行った人物がトランプ側の詳しい調査を行うためにFISA(外国諜報活動偵察法)裁判所から捜査令状を得ようとしていたことを誰もが知っていることを不安視しています。

コメイ長官はFBIに対し、FISA裁判所に捜査令状を要請した人物を特定するよう要請しました。
彼はFBIが隠蔽してきた彼等の秘密工作がリークされ、トランプが調査に乗り出していることにひどく腹を
立てています。
トランプは主要メディアやリベラル左翼の政治家たちが1年前からトランプ側に対して批判してきたことと同じことを彼等にそのままお返ししています。トランプはハッカービー議員の娘をサンデーモーニング・ショー(番組)に出演させ、その論点を主張させました。
連邦議会に全力で立ち向かわせている間、トランプはただ良い警官として成り行きを傍観していればよいのです。



<トランプの殺害計画がツイートされました。>

http://www.thedailysheeple.com/secret-service-investigating-threats-made-against-president-trump-on-twitter-killtrump-doing-it-tonight_032017

secret-service1

ツイッターで反トランプの何者(ジョン・シルバと名乗る人物)かがトランプの殺害計画をツイートしました。今、トランプのシークレットサービスが調査に乗り出しています。

地元警察は、2月27日からツイッター上で何者かがトランプ大統領の殺害計画を語っていることを発見しました。