今回も、アメリカの民主党とロシア政府の繋がりが明らかになりました。
トランプ政権とロシア政府の繋がりばかりが報道されていましたが、実際は民主党側がロシア政府のロビーストとしてロシア政府の望みをかなえようとしていたのが分かりました。ただ、オバマ政権がロシアに課した制裁を解かせるために同じ民主党関係者が米政府機関にロビー活動を行っていたなんて。。。本当に政治とは、茶番劇です。全てがお金で動いています。これが世界の政治なのでしょう。民主党とロシア政府が裏で手を結んでいるからこそ、アメリカ各地にロシア部隊が潜伏できているのでしょう。
それにしても。。。プーチンやロシア政府は本当にしたたかです。信用できませんね。

http://www.thedailysheeple.com/the-connection-is-confirmed-overwhelming-evidence-shows-cash-payments-from-russian-banks_032017
(概要)
3月8日付け

ここ数ヵ月間、メディアはトランプ政権とロシアとの関係を明かす証拠を熱心に探し続けてきました。
しかし、Daiily Callerの調査結果によると、ロシアと繋がりがあるのはトランプ政権ではなく民主党側であることが分かりました。ヒラリーの選挙キャンペーンの責任者だったジョン・ポデスタ氏の兄(弟)のトニー・ポデスタ氏を中心としたロビーストらが、ロシアの制裁解除を約束する見返りにロシアの銀行から賄賂を受け取っていたのです。
2014年、ヒラリー国務長官時代に、クリミア併合に対してオバマ政権がロシアに課した制裁を解除させるために国務省や他の行政機関に対してロビー活動を行っていたのはトニー・ポデスタ氏の会社でした。

民主党の代表的ロビーストであるトニー・ポデスタ氏はオバマ政権による対ロ制裁の解除の約束の見返りに、昨年、Sberbank(ロシア最大の銀行)から17万ドルの謝礼金を受け取りました。
ポデスタ・グループの創設者及び会長のポデスタ氏はSberbankの主要なロビーストです。
そして昨年、ポデスタ・グループは、複数の外国政府から2400万ドル以上の謝礼金を受け取りました。
ポデスタ氏を中心とするロビーストらが行っていた連邦議会や政府機関に対するロビー活動の中で、Sberbankの関係者と国務省関係者との会談が複数回開催されました。ポデスタ氏のロビー活動の参加者の中にヒラリーの助言者であり元国務副長官のデービッド・アダムズがいました。