どうやらヒラリー及び民主党側はまだ大統領選で敗北したことを諦めきれず、権力を拡大しようとしています。
ヒラリーはオバマ政権下でロシアのスパイとしてアメリカの機密情報を漏洩したりアメリカのウランを売却しアメリカの国益を害していたのは確実です。ロシア軍部隊を大量にアメリカに呼んだのもオバマ政権でありヒラリーだったのかもしれません。
ヒラリーを含めアメリカの民主党は中国やロシアと深い繋がりがあるようです。彼等は中国やロシアと連携してアメリカを破壊する行為を行っていたのでしょう。共和党の中にも国賊がいるのは確かです。ブッシュなどはヒラリーを応援しているくらいですから。
ヒラリーは今でも大統領選の敗北したことを受け入れたくないようです。ヒラリーはペンス副大統領を使ってトランプをホワイトハウスから追い出そうとしています。ホワイトハウスには反トランプ分子がたくさんいますから、政権を運営する上で危険が付きまとっています。
NWOのアジェンダを達成するためなら何でもやってしまうのが彼等です。本当に恐ろしい連中です。

http://beforeitsnews.com/politics/2017/03/a-pence-takeover-julian-assange-leaks-intel-and-paul-ryan-utters-one-sentence-thatll-ruin-him-forever-2893120.html
(概要)
3月14日付け

By Lisa Haven   

数日前にマイク・ペンス副大統領はCIAの機密資料をリークしたウィキリークス(何年も前から政府の腐敗、汚職を明らかにしてきた信頼おけるメディア集団)に対して、ウィキリークスのやったことは国の安全を脅かすものであり法的処置も辞さないと強く非難しました。しかしペンス副大統領はCIAが納税者の血税を使って第2のNSAを創設し、盗聴やコンピューターをハッキングすることで罪のない人々を犯罪者に仕立て上げたり、交通事故を起こさせたり、米国民(世界の人々)の監視を強化したことは気にしていないようです。

そしてその直後に偶然にも、アサンジ氏は彼のツイッターページに次の内容をツイートしました。
「今月、ヒラリーはペンス副大統領にホワイトハウスを乗っ取らせるつもりだと述べた。また、彼女はペンスは予想通りやってくれると考えている。」
「ペンス副大統領に近しい2人の諜報機関の関係者はヒラリーはペンス副大統領が予想通りにホワイトハウスを乗っ取ると考えている。」と。ただしペンスがそのことに同意したかどうかについては伝えていません。

また、ポール・ライアン共和党下院議員(下院議長)は電話でトランプを永遠に擁護しないと言い切ったそうです。


http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2017/03/hillarys-campaign-people-are-russian-intelligence-agents-irrefutable-proof-2480413.html
(概要)
3月14日付け
ヒラリーもヒラリーの大統領選キャンペーン・チームもみなロシアのスパイです。

CSS-Offical-New-Logo2

 

hillary-clinton-illustration


以前から私はヒラリーがロシアのスパイであると明言してきました。

ロシアがアメリカを乗っ取ろうとしています。

皮肉にも、ディープステートは彼等と敵対する人々をロシアのスパイだと非難しています。しかしディープ・ステート側のヒラリーや民主党の重鎮こそがロシアのスパイであることが明らかになっています。

ヒラリーやヒラリー陣営は大統領選キャンペーンでロシアの外交官と親しい関係にありました。


3月20日に下院諜報特別委員会は公聴会を開催し、トランプ大統領をロシアのスパイであると糾弾することになっています。CIAもこの公聴会に関与しています。しかし彼等こそ、ロシアと親しい関係にあり、トランプ政権にダメージを与えるために機密情報をリークした張本人なのです

しかし、最近になりロシア政府の報道官は、トランプ陣営もヒラリー陣営も大統領選キャンペーン中にロシア大使と会っていたことを明かしました。つまり、ヒラリーや民主党の重鎮らはアメリカに忠実ではないということが証明されたことになります。

一方、エスタブリッシュメント側やロックフェラーが支配するCFR(外交問題評議会)は、彼等の代弁人の主要メディアを通して、ヒラリー陣営が大統領選キャンペーン中にロシア大使と会ったことはない、と主張しました。

このように、ディープ・ステート側は、トランプ陣営のみがロシアの外交官と会っていたかのように見せかけてトランプ大統領を失脚させようとしていることが分かります。
しかもロシア大使は大統領選後に不審死を遂げました。検視の結果は公開されません。

この数か月間でロシアの外交官が7人も亡くなりました。これはクリントン夫妻+クリントン財団とロシアの繋がりを隠すための口封じではなかったのでしょうか。

つまり、クリントン夫妻、クリントン財団、民主党の重鎮はアメリカの反逆者だということです。
彼等はカネと権力のために平気でアメリカを裏切のです。
Global Researchは、クリントン夫妻が行ってきた裏切り行為の数々が、クリントン夫妻は外国のスパイであることを証明していると断言しました。
ヒラリーは国務長官時代(2009年~2014年)にアメリカの外交を完全に仕切っていました。彼女はアメリカの国家機密情報(諜報機関、FBI、ペンタゴン、財務省、ホワイトハウスに関する機密情報)にアクセスでき大量の機密情報を入手し外国に漏洩したようです。
ヒラリーは、ヒラリーや民主党の権力を拡大するために外国政府や外国の諜報機関と協力しアメリカの国益を害するようなことを行ってきました。

中略

またヒラリーは外交政府やアメリカの諜報機関と連携し隠密チームを結成し、大統領選に勝利し、ヒラリー陣営のアジェンダを推進し、政治と軍事面で絶大な権力を獲得しようとしていました。

中略

ヒラリー・クリントンはロシアのスパイです。

以前から言ってきた通り、ヒラリー(クリントン夫妻)は2015年にアメリカを裏切りました。
オバマ政権の主要メンバーであり元大統領候補のヒラリー(クリントン夫妻)は、現代版ローゼンバーグであると断言します。

ローゼンバーグ事件:

第二次世界大戦後の冷戦中の1950年に、アメリカのユダヤ人夫妻ジュリアス・ローゼンバーグエセル・グリーングラス・ローゼンバーグ (enは、エセルの実弟で第二次世界大戦中はロスアラモス原爆工場に勤務していたソ連のスパイ・デイヴィッド・グリーングラスから原爆製造などの機密情報を受け取り、それをソ連に売った容疑でFBIに逮捕された。

ローゼンバーグ事件と似たようなこと=ロシアにアメリカのウランを売却する=をヒラリーも国務長官時代に行っていたのです。