以前からデービッド・ロックフェラー死亡説が流れていましたが、3月20日(現地時間)にやっと死んでくれました。享年101歳。悪魔崇拝者は常に長生きしすぎます。さすがに、子供の生き血を飲み、人肉を喰って生命力や精力を維持し続けてきた極悪人だけあります。彼一人が死んでも、イルミナティの家系や他の多くの悪者が世界を指揮っていますから、そう簡単に世界が良い方向に変わっていくことはないでしょうが。。。
やっと、NWOの主導者のデービッド・ロックフェラーが死んでくれたと安堵する人は多いことでしょう。
きっと、彼は今頃、地獄の扉を開けて自らが血の池地獄や灼熱地獄或は極寒地獄に飛びこんでいくのでしょうかね。

http://beforeitsnews.com/alternative/2017/03/the-world-just-got-less-evil-david-rockefeller-dead-at-101-3491265.html
(概要)
3月20日付け

 

(N.Morgan)
チェース・マンハッタンの元CEOのデービッド・ロックフェラー(101歳)が死去したとのニュースが飛び込んできました。約30億ドルの資産を持っていたエリートの中のエリートのロックフェラーは1981年に35年間務めたチェース・マンハッタンのトップの座から退きました。

ロックフェラー財団が正式に彼の死を発表しました。彼はアメリカ史上最も影響力のある人物のうちの一人でした。

ロックフェラーは銀行家の中の銀行家とも言われ、ロックフェラー大学、ハーバード大学、美術館などの機関に合計20億ドルを寄付していました。

デービッド・ロックフェラーはジョンDロックフェラーJr(スタンダード・オイルの共同創設者のジョンDロックフェラーの孫)の6人の子供たちの末っ子でした。
ロックフェラーは1936年にハーバード大学を卒業し、1940年にシカゴ大学で経済学博士号を取得。1961年にチェースマンハッタンのCEOに就任。
彼は、世界の中で最も多くの人々に恩恵を与えているアメリカの資本主義の重要性を唱えていました。

我々が生きている世界は狂いすぎています。ただ、それがどうしてなのか知らない人が多いと思います。
人類の歴史が始まってからずっと、秘密結社、オカルト(悪魔崇拝カルト)、イルミナティが我々の現実世界を支配してきたのです。
しかし彼らはもはや我々をこれまで通り支配することができなくなっています。なぜなら世界人類が覚醒しており、貴方もその一人なのです。今こそ人類が立ち上がる時がきました。

我々が生きている世界で、よいニュースが飛び込むことは殆どありませんが、今回はうれしいニュースが飛び込んできました。デービッド・ロックフェラーが101歳で死去しました。彼は悪魔崇拝者でありオカルト信仰者でしたが、それでも死んでしまいました。彼はリベラル左翼の思想を広め人々を二分してしまいました。ロックフェラーは他のグローバリストと共に推し進めてきたNWOや反キリストの降臨を見ずに死んでしまいました。しかし彼はNWOへの足掛かり
3月20日にデービッド・ロックフェラーがニューヨークの自宅で101歳で死去したとロックフェラー家のスポークスマンが発表しました。彼はいかなる方法でもこれ以上長生きすることはできませんでした。
ロスチャイルドと同様に彼は悪魔崇拝者団体の最高位に君臨していました。そしてこの100年間世界にNWOをもたらすために精力的に活動してきました。この50年間で我々の社会は工業化時代から携帯電話を片手にゾンビのように歩き回るようになりました。人々は自分自身を崇拝し神を忘れた物質主義に満ちた生活を送るようになりました。
ロックフェラー、ロスチャイルドそして他のエリートも、死後、彼らの魂は別の人間に憑依して生き続けると信じています。
彼らは、死後、魂が肉体から完全に抜け出る前に特別な儀式を行い、魂が別の人間の肉体に憑依できるようにしていると彼らは信じています。しかし実際はそのようなことはできません。なぜなら神が掌握しているからです。

以下省略