ジム・ストーン氏の記事です。
彼は世界中の海の生き物が死滅しそうな勢いなのは、長い間、陸の上や湖、川に噴霧したグリホサート(除草剤)が海に流れ出て、海の生き物を死滅させているのではないかと唱えています。
実際にかなり納得できます。ネット上では左翼メディアが福島原発の放射能のせいで世界の海が汚染されているなどととんでもないねつ造報道を行っていますが、全く違いますね。
左翼の放射脳は、なにがなんでも福島を犯人にしたいようです。
モンサント社のGMOや除草剤は世界を破壊しています。

http://tapnewswire.com/2017/03/glyphosate/
(途中から)
モンサント社野栗補佐アート(除草剤)が海の生き物を殺しています。


By Jim Stone

モンサント社のグリホサート(除草剤)が海の植物性プランクトンを枯らしています。GMO遺伝子組み換え農作物の問題がこのような問題に発展するとは思ってもみませんでした。



グリホサート(Round Up)は陸だけでなく海にも大きな影響を及ぼしています。


海の生き物が死滅しつつある原因は福島原発なんかではありません。
また、サンゴ礁が枯れているのは地球温暖化のせいでもありません。

モンサント社のグリホサートが原因なのです。
モンサント社は自然界を破壊しています。グリホサートを使い続け、あと数年で海の生き物もミツバチも死滅してしまうということなら、もうどうしょうもありません。


世界中の海で生き物が死滅しつつあります。

その原因は(よく報道されるような)福島原発ではないのです。今朝、ニューヨークタイムズ紙が温暖化や福島原発事故が原因で世界中の海の生き物が死滅しそうだとのねつ造記事を報道していましたが、福島の放射能が大西洋の生き物やグレートバリアリーフを破壊するはずがありません。

世界中の海の生き物が死滅しつつある原因がわかりました。植物性プランクトンが死滅しつつあります。
礁が枯れている原因を突き止めるには、植物性プランクトンを死滅させている原因を見つける必要があります。世界中の海に生息しているサンゴ、フジツボ、海綿動物だけでなくクジラも植物性プランクトンを食べて生きています。ハマグリを食べて生きているヒトデでさえ、ハマグリを介して植物性プランクトンを食べています。
ここ最近、海に生息する植物性プランクトンの数が40%以上も減少しました。
その理由は、地球温暖化などではありません。なぜならプランクトンは赤道直下の海でも北極の海でも生息できるからです。。しかし植物性プランクトンが世界中のあらゆる水温の海で大量死しているのです。このことからも地球温暖化説がねつ造であることが分かります。

植物性プランクトンは光合成植物であり海藻類なのです。生物学的過程は陸の植物と同じです。
では、陸の植物を死滅させるているのは何なのでしょうか。それは、グリホサート(除草剤)です。

例えば、ミシシッピ川が流れているミネソタでは長期にわたりグリフォサートが噴霧されてきました。ミネソタのイタスカ湖に噴霧されたグリホサートはミシシッピ川に流れ込みます。川の水は時速2.5マイルで流れていますから、約43日後に海に流れ出ます。
最低でも80%以上の致死能力のあるグリホサートがそのまま海に流れ出るということです。
モンサント社は、淡水内のグリホサートの半減期はわずか90日間と主張していますが、研究の結果、淡水に混入したグリホサートは1年以上経っても同じ致死能力があることが分かっています。


塩っ辛くアルカリ性の強い海水にグリホサートが混入するとどうなるのでしょうか。

海水に混入したグリホサートが半減期になるには、淡水よりもかなり時間を要します。グリホサートは塩の一種なのです。ですから塩っ辛い海水に塩の一種のグリホサートを混入させると、海水が恒久的な保存剤のような役割を果たします。
海は広大ですのでグリホサートもかなり薄まるはずですが、塩分の多い海水に塩のグリホサートが混入すれば塩の効力がさらに高まるだけです。

植物性プランクトンが死滅すればヒトデや礁も枯れてしまいます。
植物性プランクトンが死滅する原因は海に解け込んだグリホサートである可能性が非常に高いのです。グリホサートは植物をことごとく枯らします。長い間、グリホサートを噴霧し続けたことでグリホサートが海水に混じり海水が汚染され続けてきました。その結果、植物性プランクトンが死に、それをエサにしていた海の生き物が死んでいるのです。