北朝鮮とアメリカに関して興味深い情報があります。北朝鮮は麻薬生産大国だということはご存知かと思いますが、戦争屋のCIA、ネオコン、ディープステートは北朝鮮の(米国民をターゲットにした)核開発はどうでもよく、北朝鮮のヘロイン生産、密売を妨害するために戦争を始めようとしているのだとか。。。日本に出回っているヘロインの多くが北朝鮮産なんでしょうねえ。。。
アメリカを支配している連中はアメリカの人々(世界中の人々)が北朝鮮の核ミサイルの攻撃を受けてもどうでもよいのです。彼らのグローバル・ビジネス(麻薬密売)を守ることしか考えていないようです。

http://beforeitsnews.com/war-and-conflict/2017/04/north-korea-its-not-about-the-nukes-it-is-all-about-the-heroin-cash-crop-the-cia-and-the-dod-do-not-like-competetion-they-2466166.html
(概要)
4月18日付け

https://youtu.be/68mPxN0ThXI



アメリカはヘロインの密売大国です。世界中でヘロインを密売しながら何十億ドルもの利益を得ているのがアメリカです。
CIAは世界最大のヘロイン密売機関です。
アメリカがアフガニスタンで戦争を始めた理由は彼らのケシ畑を守るためだったのです。アメリカは世界のヘロイン生産量の90%を占めています。そしてヘロイン生産の背後には米医薬品業界の存在があります。彼らは一般大衆にヘロインを使わせることでヘロイン常習者を増やし病人を増やしています。これが彼らの壮大なアジェンダなのです。

では、なぜアメリカは北朝鮮を攻撃の対象にしているのでしょうか。
それは、メディアが報道しているような、北朝鮮の核開発を止めさせるためではないのです。トランプはアメリカを偉大な国にしようとはしていません。
アメリカが北朝鮮を攻撃したいのは北朝鮮のヘロインです。CIAは北朝鮮とヘロイン生産で競合したくないのです。
2011年の記事に、北朝鮮はヘロインを換金作物として使っていると伝えているものがありました。
北朝鮮はヘロインを中国やロシアに売って巨額の利益を得ていたのです。アメリカはヘロイン生産において北朝鮮と競合したくありません。アメリカは世界のヘロイン生産、密売を完全に支配したいため、北朝鮮を攻撃対象にしているのです。北朝鮮によるヘロイン生産量、密売量が増えることでアメリカの客が奪われることになるからです。アメリカは北朝鮮の核施設ではなくヘロイン畑を爆撃します。