北朝鮮との戦争が勃発してもそれは単に戦争ゲームでしかないと思います。戦争の背後にはグローバル・エリートの金儲けがあります。彼らは金儲けのために世界中で戦争ゲームをさせています。CIAやディープステートの連中は北朝鮮の軍事力ではなくヘロイン生産量を脅威に感じているため北朝鮮を崩壊させようとしているのかもしれませんが、北朝鮮を崩壊させるのが彼らのゴールではないのでしょう。以下の記事の通り、彼らの最終目的は世界中で戦争を勃発させることなのかもしれません。
実際に、アメリカは北朝鮮と戦争ゲームをするのではなく、北朝鮮を擁護するロシアと戦争ゲームをするつもりなのかもしれません。戦争ゲームですから水面下ではどの国もどのようにゲームを演じるか仲良く話し合っているのかもしれません。世界経済、金融、通貨を崩壊させると同時に戦争で世界中をカオス状態にした上でNWOでしょう。
今のところ、金正恩もトランプも言うだけ番長です。やるぞ、やるぞ、と言っておきながら、やりそうに見せかけてやらずに。。。とんでもないことろで世界戦争ゲームが勃発するとか。。。

http://www.thedailysheeple.com/its-time-to-stop-pretending-north-korea-is-a-threat-to-the-united-states_042017
(概要)
4月20日付け

north korea wikimedia

メディアは北朝鮮が脅威であると報道しており、米国民は北朝鮮に攻撃されるのではないかと恐れています。
北朝鮮の脅威に対抗するためにアメリカは空母や戦闘機を朝鮮半島に送り込んでいると報道されています。

また、米軍の特殊部隊が金正恩を暗殺するために韓国で秘密訓練を行っていると報道されました。

さらに、アメリカの強固な同盟国の日本も、金正恩が在韓日本人に危害を加える恐れがあるとして韓国に自衛隊を派遣することを考えていると報道されました。

都合よくも、日本が自衛隊を派遣するなら(本当に自衛隊を派遣するでしょう。)、朝鮮半島で日本、韓国、アメリカの連合軍が結成され北朝鮮と戦うことになります。


彼らは金正恩を倒すのにアメリカ、日本、韓国の連合軍が必要であると我々に信じ込ませています。今の状況下ではそう見るしかないようです。

地政学的に見て、北朝鮮はアメリカが占領する韓国と超大国中国に挟まれています。
2つの大国に挟まれた北朝鮮が周辺国(敵国)を攻撃するのは得策だと金正恩は考えているのでしょうか。


Anti Medliaの月曜日の記事によると、昨年11月にウィリアム・ペリー元国防長官はCNNに対して、金正恩は死にたくないので北朝鮮が先制攻撃をすることはあり得ないと伝えていたのです。

ではなぜ韓国に武力集結をしているのでしょうか。中国は北朝鮮の国境沿いに15万人の部隊を配備し、日本の自衛隊も北朝鮮の攻撃に備えています。
ただし。。。攻撃に備えるということは、北朝鮮との戦争を示唆しているのではないと思います。

北朝鮮は単に2つの軍事大国間の盾的存在なのです。

現在の動きは北朝鮮とは関係ありません。彼らは第三次世界大戦の準備をしているのです。

最近の報道(ニューヨークタイムズ)では、トランプが北朝鮮の挑発行為を抑止するために日本海に空母(カールビンソン)や軍艦(数隻)を送り込むよう指示したと伝えられました。
しかし実際には空母と軍艦は朝鮮半島とは反対方向に航行中なのです。彼らはインド洋(朝鮮半島から南西に3500マイルのところ)でオーストラリア海軍と合同軍事演習を行うことになっていたのです。

報道内容と実際に行われていることが矛盾しています。。メディアは我々に信じさせたい内容を報道しているだけです。彼らは我々に北朝鮮と戦争をすると信じ込ませたいのです。しかし我々がそれを見抜いた時、彼らの計画は頓挫します。