トランプの義理の息子でホワイトハウスを指揮っているクシュナーの違法行為が明らかになりました。
クシュナーは共和党のトランプ政権中枢にいますが、彼はシオニストであり民主党支持者でありソロスやディープステートの協力者ですから、政権中枢にいること自体がおかしな話です。彼がトランプ政権の足かせになっていることは確かです。
トランプはヒラリー・クリントンの協力者のコメィFBI長官を解任しましたが、クシュナーも解任した方がよさそうです。クシュナーは民主党支持者らしく、中国とずぶずぶの関係のようですから、よいわけがありません。
果たして義理の息子のクシュナーをトランプは解任することができるのでしょうか?

http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2017/05/breaking-trump-now-has-excuse-to-get-rid-of-kushner-2481332.html
(概要)
5月8日付け

CSS-Offical-New-Logo2

 

kushner

(ジャレッド・クシュナー)

ディープステートの擁護者でありソロスのビジネス・パートナーでもあるジャレッド・クシュナーは飛んでもない過ちを犯しました。クシュナーはトランプ政権の外交政策を牛耳っているのは間違いありません。

しかしクシュナーはトランプに解任させられるほどの深刻な法律違反をしていたのです。もしトランプがクシュナーを解任できればトランプは独自の外交政策を実行することができるようになるでしょう。


トランプは大統領就任以降、複数の良い政策を実施してきましたが、同時に、キャンペーン中に国民に約束した重要政策の一部を反故にしました。
トランプ政権で最大の問題は、ジャレッド・クシュナーの存在なのです。
トランプは経済崩壊寸前で世界中から悪評にさらされている現在のアメリカを指揮しなければなりません。それでもトランプこそがアメリカをどん底から救いあげるのに適した大統領であると思っています。
そのためには彼はホワイトハウスの沼の泥水を除去しなければなりません。泥水とはクシュナーのことです。
幸い、トランプがクシュナーを解任しなければならない口実をクシュナー自身が作りました。
トランプは「君は私の素晴らしい(義理)息子だ。だが、君は中国のエリートらに対し、政治的便宜を計り、彼らから賄賂を受け取ることを条件に、彼らにビザを違法に発給していたことが分かったため、ホワイトハウスから去らなければならない。」とクシュナーに告げるでしょう。
クシュナーはトランプが彼を簡単に解任する原因を作りました。クシュナーの後任にはトランプの政策に同調する信頼おける人物(ジェフ・セッションなど)を任命することができます。または彼を司法長官に任命した方がよいのではないでしょうか。
現在、トランプは彼の政権の評判を落としている張本人のクシュナーを解任できるチャンスが巡ってきました。
トランプは今のうちに彼を解任する必要があります。