メディアは今回の火災の犠牲者数を発表したようですが、まだ76人しか確認されていないようです。焼け跡を見る限り、ここに住んでいたとされる500人から600人の住人の殆どが焼け死んだのではないかと言われています。以下のビデオでは、この建物に住んでいた住人と親しくしていた地元住民で物資を集めて被災者を助けようとしていますが、被災者がどこにいるのか分からないと訴えていました。
本当に悲惨な火災です。建物全体が丸焦げ状態です。恐ろしい限りです。ヨーロッパの高層ビルは価格の安いアルミ壁を使っているところが多いようですが、これってEUの環境保護か何かのルールに従ったためなのでしょうか?
政府は焼け死んだ住人を特定することもできないほど今回の火災は全てを焼き尽くしてしまったようです。
500人以上の犠牲者が行方不明となり、多くの市民が政府に対して抗議デモを行っています。暴動に発展sっひてしまうのでしょうか?

犠牲者の方々にはご冥福をお祈りします。

http://tapnewswire.com/2017/06/where-are-the-rest-of-the-victims-600-people-lived-in-grenfell-tower/
(概要)
6月16日付け
焼け落ちた集合住宅に住んでいた600人の住人はどこへ行った?

(ビデオ 訳)

私はナディアです。ここで生まれ育ちました。

今回の火事の被災者の救援のために私の友達や知人らに呼び掛けて大量の食料や衣類などの救援物資をここまで運んできました。

私の幼馴染みが火災の犠牲になったことなど知りたくなかったためニュースは意図的に見ないようにしていました。しかし私が耳にした情報では今回の火災で17人が焼け死んだことが確認されたということです。あの焼け跡をご覧になりましたが?焼け死んだのは17人だけではないはずです。この集合住宅には500人~600人が住んでいたのです。しかしニュースでは生存者(住人)の名簿が公表されていないのです。
ニュースではたった10人~15人の生存者(住人)の名簿しか公表されていません。。残りの(500人)の住人はどうなってしまったのでしょうか。

私たちは生き残った500人の被災者に食料や衣類などの救援物資を箱に詰めて送り届けたいのです。しかし彼等がどこにいるのかもわかりません。

残りの500人も焼け死んだとするならこれらの物資を転売するしかありません。飢餓救済NGOのオックスファムに送り届けることはしたくありません。なぜなら、オックスファムも赤十字も被災者の救済活動は一切していないからです。私たち民間人しか救援活動はやっていません。

あの建物の住民の殆どが焼け死んだのでしょう。たった15分で建物全体が炎の飲み込まれるほどの大火災だったのですから。建物の外観をきれいにするため外壁を改築したからこうなったのです。
現在、500人以上の住人が行方不明なのです。私は地元の人間ですからこの建物の住人の顔を知っています。一緒に遊び学校に通った子もいます。彼等を助けたいのに火災後、誰にも逢えないでいます。彼等はどこへ行ってしまったの(泣)。

ここに集めた救援物資を転売して!500人の犠牲者のお葬式代を出してください。私は被災した住人を助けたいのです。彼等に会えないのならボランティアで救援活動はやりたくありません。私の友達全員がここにきて彼等を助けようとしています。しかし被災した住人には会えません。

これほどの犠牲者を出した責任は政府にあります。駆けつけた消防隊は住人に対して建物の中で待機するように言っていたそうです。なぜなら、炎は上に燃え広がり、次に横へそして下へ燃え広がっていったため住人は部屋の外に出られなくなってしまったそうです。また、階段から下の階へ逃げようとした住人は両足が燃えてしまったそうです。こんな状態で逃げられるわけがありません。みんな死んだのです。

 

ニュースで76人が焼け死んだと報道されましたが、では残りの500人はどこへ行ったのでしょうか。



<ロンドン西部のグレンフェルタワーの大火災後、人々は犠牲者の情報を得るために政府に対して抗議デモを行っています。>
http://tapnewswire.com/2017/06/we-want-justice-grenfell-tower-fire-protesters-storm-kensington-town-hall-watch-live/
6月16日付け              

多くの人々が今回のグレンフェルタワーの大火災の犠牲者(行方不明者)のために「正義がほしい」とケンジントン市役所前で激しい抗議デモを行っています。


(デモの様子です。)



火災で建物が破壊された後に市民らの抗議デモが勃発。市民らはケンジントン市役所の中に突入しました。