以前からトランプを失脚させるためのクーデターが進行中と報道されてきましたが、時期的には来年の中間選挙前にトランプをホワイトハウスから追放したいようです。トランプ 対 反トランプが延々と続いていますが、同時に金融危機や戦争も起こされるとするなら、トランプ政権は大変な状況に置かれます。
このような時に反トランプのクーデターが成功すれば、アメリカは内戦が勃発しカオス状態になってしまうでしょう。
そういう時に、ロシアと中国はアメリカのリベラル派と結託してアメリカを占領してしまうんでしょうね。。。
トランプを失脚させるためのクーデターが失敗に終わればよいのですが。。。

http://beforeitsnews.com/alternative/2017/08/shocking-prediction-made-about-what-will-happen-to-trump-in-february-heres-whos-behind-it-3541186.html
(概要)
8月8日付け
来年2月にトランプに何が起きるのか。。。


民主党と共和党(反トランプ派)はトランプを追い詰めホワイトハウスから追放しようと躍起になっています。

トランプには政治家を逆なでする傾向がありますから政治家もトランプと連携するのは難しいと感じています。しかし政治家の多くは例えどのような人物が大統領になろうとも指示通りに任務を果たそうとします。


トランプが軽率であると考えている共和党強硬派と連携しながら反トランプ派のクーデターが進行中です。元米政府当局者は、クーデター計画は既に実行に移されていると述べました。


Info Warsによると
:

レーガン政権で行政予算管理局の局長を務めたデイビッド・ストックマン氏が次の予測をしています。
来年2月までにトランプは失脚するでしょう。財政危機と株式市場の崩壊により2018年の中間選挙が1974年の再来となる恐れがあることに感づいた政治家らはトランプに対する忠誠心がなくなるでしょう。

連邦議会の共和党の重鎮らは、(中間選挙の結果を恐れて)アメリカ合衆国憲法修正第25条(連邦議会で、副大統領及び議員の3分の2が大統領が精神的能力に欠けると判断した場合に大統領は失脚する)を発動させ2018年8月前にトランプを失脚させるでしょう。しかし25条の発動によりトランプを失脚させるのは非常に困難のようにも思えます。

主要メディアはトランプがホワイトハウスを去るまで激しい反トランプのプロパガンダを続けます。
結局、トランプは沼の泥水をきれいにすることはできず、トランプの方がこてんぱんにやられてしまうことになります。


何か月も前からアメリカ国内で事実上のクーデターが進行中という噂がありました。
もしトランプがグローバリストとディープステートによってホワイトハウスから追放されたなら、米国民は集団暴力で訴える可能性があります。

ハワードブラウン牧師も、トランプを突然失脚させる動きがある(その方法は弾劾や告訴によるものではない)と共和党議員から聴いたと語りました。


ジョン・ブレナン元CIA長官はAspen Security Forumで、「ホワイトハウスは、ロバート・ミュラー特別弁護人を解任しようとしているが、行政当局者らはその命令に従おうとしていない。これはまさにクーデターである。」とコメントしました。

先月、ラッシュ・リンボウ氏は、講演会で、アメリカ国内で、主要メディア、民主党、外国勢力によるクーデターが進行中であり、彼等は昨年の選挙結果を受け入れず、トランプ政権を必ず弱体化させトランプを失脚させたいと考えていると語りました。

彼等はアメリカの有権者が選んだ大統領を嫌っていますからトランプを失脚させる活動に対する支援を呼び掛けています。


以下省略