こんなニュースが出てくるなんて。。。あのヒラリーが今どうしているのか分かりませんが、噂では数々の犯罪容疑で捜査を受けているとか。。。
以下の記事はヒラリーが妊娠したと伝えています。ヒラリーのような化け物なら何でもありと思いますが。。。こんなにバカにされている化け物はないですね。それにしてもヒラリーの周辺では多くの人々が不審死を遂げています。本当に彼女は不気味な存在です。まあ、アメリカの政界も小児性愛犯罪、人身売買、生贄儀式などが横行しており深い闇の世界です。ハリウッドもそうですが、アメリカのセレブや著名人の殆どが妖怪に見えてなりません。

http://beforeitsnews.com/alternative/2017/08/hillary-clinton-pregnant-3542277.html
(概要)
8月10日付け

インサイダーらの情報によると、どうやらヒラリー・クリントンが妊娠しているようです。ヒラリーは69歳ですが、試験管(対外受精)で受精しました。ヒラリーは「自分は妊娠しているので乱暴に扱わないで」と。。。



ビル・クリントンはジェフリー・エプステインが所有する島で休暇中のためヒラリーについてのコメントをもらうことができません。

現在、ヒラリーは、ベンガジ事件、3万通のメールの破棄、米ウランをロシアに売却したこと、ハイテクの機密情報を中国に売却したこと、イランのために資金を集めたこと、ビンス・フォスター氏の死、クリントン財団の様々なスキャンダルに関与したとして取り調べを受けています。

そのような状況の中でヒラリーはただピザをもぐもぐと食べていただけだと思いますか。

ヒラリーは妊娠するにはあまりにも年を取りすぎているのは確かです。しかし彼女がお腹の中で10ヵ月間胎児を育てることはないのです。リベラルのメディアが、妊娠中のヒラリーを捜査することを激しく非難し捜査を打ち切らせるまでの間だけ妊娠していればよいだけです。

ヒラリーは精子の提供者が誰なのかを知っています。
彼の名は、ヒラリーの古くからの愛人のジェシー・ジャクソン牧師です。彼はヒラリーに対する魔女狩りを止めさせるための巡回公演を計画しています。インサイダーのコメントの通り、彼こそが胎児の父親です。

ジャクソン牧師も現在ジェフリー・エプステインが所有する島で休暇中です。そのため彼からもコメントをもらうことはできません。

2016年の大統領キャンペーン中に、ヒラリーが車に乗ろうとしたときにつまずいてしまったため病気なのではないかと噂されましたが、彼女は病気ではなく妊娠の試みにうまくいっていなかっただけです。その時、彼女の親友のフーマ・アべディンに慰められていました。ヒラリーはコメントを拒否しました。


このことに関してトランプにコメントを求めたところ、トランプはツイッターで「これこそが本物の魔女を捕まえた魔女狩りだ!」とツイートしました。