どうやら、聖書に基づくと、アメリカで8月21日に見られる皆既日食は重大な意味が含まれているようです。
聖書というよりも、今回の皆既日食に関しては不気味なオカルト的数字が並んでいるのが気になります。
日本では見られませんが、アメリカでは西から東へと横断して見ることができるようです。もちろん一時的に真っ暗になります。その間、アメリカでは何も起こらないかもしれませんが、その後に何かとんでもないことが計画されているのでしょうか。悪魔崇拝者のイルミナティのやることですから。。。ありえます。
何も起きなかったらイルミナティの策略が失敗したことになるのでしょうか。アメリカと聖書がやけに繋がっているのが不気味です。イルミナティは聖書の予言通りに演じますから要注意ですね。

<アメリカの皆既日食>
参考サイト:https://www.stargaze.co.jp/170821/
2017年8月21日(月)(日本時間22日(火))、ハワイを含む北太平洋の東側と北アメリカ大陸のすべて・南アメリカ大陸の北部・北大西洋地域の大部分・アフリカ大陸の北大西洋沿岸および西ヨーロッパの一部までの広い範囲で見ることができ、アメリカ西海岸のオレゴン州から東海岸のサウスカロライナ州まで、北アメリカ大陸を横断する帯状の地域で皆既日食となります
※この日食は、日本では22日の日の出前に起こるため、見ることができません。

http://theeconomiccollapseblog.com/archives/10-very-strange-facts-about-the-august-21-solar-eclipse-that-will-absolutely-blow-your-mind
(概要)
8月13日付け