シャーロッツビルの暴動は、アメリカで内戦を勃発させるために仕組んだ偽旗暴動です。いつものことですが
。。。大体、左翼の連中のやることは世界中で同じパターンですからすぐに分ります。しかも米国民の殆どがこの暴動に関与しておらす関心もありません。勝手にやっていろ、とあきれ顔のようです。メディアが大々的に報道すればするほど左翼のやらせだということが分かる今日この頃です。彼等の嘘はすぐにバレます。
この暴動もジョージ・ソロスとヒラリー陣営が絡んでおり、ディープステートやCIAによる偽旗暴動です。彼等はパープル革命として内戦を勃発させようとしています。また、暴動から内戦に拡大させトランプを排除するのが彼等の狙いでもあります。しかしメディアや日本のマスコミがどんなに頑張ってねつ造報道や偏向報道をやっても墓穴を掘ることになるでしょう。

http://investmentwatchblog.com/the-radical-left-funded-by-george-soros-planning-more-racially-fueled-attacks-in-seattle-baltimore-and-kentucky/
(概要)
8月14日付け

antifa-black-lives-matter-domestic-terror-groups-nteb

ジョージ・ソロスから活動資金を得ている極左勢力のテロ集団、Black Lives MatterとANTIFAはバージニア州シャーロッツビルの暴動で、白人国家主義者らを先に攻撃し3人を殺害しました。
今後、彼等は非常に暴力的であり、シャーロッツビル以外の地域でも暴動を起こそうとしています。また彼等は以前からトランプ大統領に対して殺害の脅迫をしています。

彼等が次に暴動を行う予定の地域はケンタッキー州レキシントン、シアトル、バルチモア、バージニア州リッチモンドです。

彼等と連携して、ねつ造報道の主要メディアは、今回の暴動とトランプを関連付けさせようと躍起になっています。

以下省略

http://beforeitsnews.com/alternative/2017/08/charlottesville-was-cia-coming-home-3543881.html
(一部)
8月15日付け

以下はビデオの概略です。

  • シャーロッツビルで起きた暴動は、反トランプのディープステートが指揮するCIAの工作活動です。
  • トランプはフリーメーソンの秘密結社(複数)のリーダーであり、他の秘密結社(複数)や諜報機関(複数)と権力抗争中です。
  • Awan Brothersスパイ組織が、クリントン、ブッシュ、CIA、サウジアラビア、モサド、麻薬密売及び臓器摘出犯罪組織の繋がりを暴露したため、その報復としてシャーロッツビルで暴動を起こしました。
  • 彼等の報復とは、米国内で人種闘争による内戦を勃発させ米国民を人種闘争(内戦)に巻き込むことです。
  • CIAが海外(イラン、イラク、パキスタン、アフガニスタン、シリア)で使う戦術の一つは、スンニ派を攻撃し、それをシーア派の仕業にすることです。現在、CIAはその戦術を米国内でも使っています。(白人国家主義者 対 極左テロリストの構図)
  • CIAの麻薬密売及び臓器摘出犯罪組織は資金が底をつきかけており、海外での犯罪活動や収入源が激減しています。そのため彼等は活動拠点をコストがかかる海外から米国内に移しました。
  • ウクライナで行ったCIAの戦術が現在のアメリカでも実行されています。
  • ロシアは、麻薬密売犯罪組織の活動を妨害し彼等の資金源を断つためにアフガニスタンに再進攻すると威嚇しています。
  • CIAは海外で骨抜きにされてしまい、やむを得ずアメリカに帰還することになりました。その結果、アメリカでもブローバックが起きており、スパイ機関 対 スパイ機関の内戦が始まりました。
  • 米国民はCIAが海外においていかに恐ろしいことをやってきたかを突然知ることになります。
  • バノンはトランプのホワイトハウス・チームから外されます。