日本でも日食や月食が起こると子供も大人も喜んで見ています。下敷きや特殊フィルターを使ってまでしっかりと見ようとします。日食や月食の後に不吉なことが起きたかと言えば、起きなかったような気がしますが。。。
しかし西洋では古代から日食や月食は不吉なものとされており、それらを見てはならないと言われていたそうです。動物たちも日食や月食が起こる直前にどこかに逃げて隠れる異常行動をとるようです。
イルミナティは不吉な宇宙の事象(日食の不のエネルギー)を利用してアメリカを大混乱に陥れようとしているそうです。ソロス、ヒラリー、他は、以前からアメリカにパープル革命を勃発させアメリカを破壊することを目論んでいたことが既にネット上で暴露されていますが、彼等はしぶとくもこの夏、アメリカ全土に暴動を起こし内戦を勃発させようとしています。
今回の日食を見ることで(たぶん)人々は負のエネルギーを吸収してしまうことになるのでしょうか。
(日本では見ることはできませんが)もうじきアメリカで日食が見られます。
さて、以下の記事の通り、日食後に何かとんでもないことがアメリカ或いは世界に起こるのでしょうか。それともイルミナティの企みは失敗に終わるのでしょうか。

http://beforeitsnews.com/politics/2017/08/dont-watch-the-eclipse-the-nwo-cabal-has-hijacked-it-2933243.html
(一部)
8月18日付け

State of the Nation

古代の人々は絶対に日食を見てはならないと言われていました。古代の賢者らは日食或は月食を見ることは賢いことではないことを認識していました。
ではなぜ日食を見てはならないのでしょうか。

太古の昔から日食或は月食は不吉な事象であると考えられてきました。生命を与える光線がブロックされる日食を楽しんではならないのです。
動物たちは日食が始まる前から巣や穴に隠れます。動物たちはなぜ日食が始まることを前もって察知できるのでしょうか。

日食時には家畜も異常な行動をとるようになりますが、多くの家畜が日食の前に暗い場所や安全な場所に隠れようとします。

動物が日食を警戒するのに人間はなぜ警戒しないのでしょうか。

何千年もの間、地球を閉じ込めてきたイルミナティは人類に日食或は月食の真実を知ってほしくないのです。

彼等は主要メディアを使って、日食を大々的に報じさせ我々が日食に異常な関心を持ち必ず不吉な日食を見るように操作しているのです。


オカルトの芸術とオカルトの科学には常に暗黒なものが使われています。彼等は、重要なことに関しては全て優秀な占星術師、数秘術師、遠隔透視者、霊媒師、錬金術師、巫女からの助言を求めます。

また、彼等は魔女や黒魔術師らを召集させ大統領を狙い撃ちさせます。魔女や黒魔術師らはトランプやトランプの支持者らに魔法をかけます。

当局は常に、配下の主要メディアを介して彼等の標的を侮辱します。彼等が極悪非道なアジェンダを進展させたいときにはにオカルトのパワーを信じオカルト儀式を介してオカルトのエネルギーを利用します。

2012年12月21日にマヤの長期歴が終るとされていましたが、2012年12月14日にサンディ・フック小学校で偽旗銃乱射事件が起きました。その日は12月21日の7日前でした。

サンディ・フック事件は、マヤの長期歴の終わりの12月21日からの正エネルギーを転用するための大規模偽旗心理作戦であり、非常に邪悪な方法で正エネルギーを受け取り悪用しました。

アメリカの社会は、今回の皆既日食は非常に重要な日食であるため誰もが注目すべきであると大騒ぎをしていますが、社会は完全に狂っています。
アメリカ人が日食や月食の危険性を理解するのは非常に難しいことです。アメリカ人は幼少のころから日食や月食に関心を持ちそれらを眺めてきたのですから。ですから彼等は、日食や月食を見ることで我々自身、家族、会社、他に悪影響が出るということを理解することはできないでしょう。


アメリカでは処方される薬の量と健康障害の増加の相互関係を理解しない人が多いように、日食、月食の真実を知らない人が殆どです。

月曜日の皆既日食について預言者らが何年も前から声を大にして警告してきました。彼等はアメリカ人が宇宙の4x4(?)で頭を打ちのめされようとしていることを知っています。

今回の皆既日食の重力を考えると、日食を見るとどうなる恐れがあるかということをできるだけ多くの人が知るべきです。

我々はこのような宇宙の事象を軽視すべきではありません。日食はアメリカの48州の上空を通過します。そして日食後にアメリカは激変する運命にあります。


アメリカ人は今回の日食の負のエネルギーに注意を払う必要があります。なぜなら、カバラの連中はそのエネルギーを操るからです。イルミナティは我々が無知であることを良いことに様々なやり方で我々を攻撃してきます。

シャーロッツビルの偽旗暴動と2012年12月21日の関係について、サンディフック偽旗事件は2012年12月21日の7日前に決行されたように、シャーロッツビルの偽旗暴動も8月21日の日食の7日前に決行されました。


このタイミングを考えるとこれらがどちらも意図的に行われたことが分かります。


シャーロッツビルの偽旗暴動は、イルミナティ=支配層エリート(カバラ)がアメリカを破壊するために計画しているパープル革命の一環である「地獄の夏」を勃発させるために仕組んだものです。
夏の間にこのような偽旗暴動を起こすことで敵対する同士の戦いを全米に拡大させ長引かせようとしています。ソロスや支配層エリートら(カバラ)による偽旗暴動はシャーロッツビルからボストンに広がります。
彼等は今回の日食から発せられる負のエネルギーをチャネリングしアメリカ全土に放出することでアメリカ国内を内戦状態にしようとしています。
彼等は様々な方法を使って国内で暴動を頻発させ、衝突や破壊行為が全米に広がるようにします。

気が狂ったサイコパスの犯罪者集団(カバラ)は、本格的な内戦を勃発させこの国を破壊しようとしています。


以下省略