9月8日にアメリカの債務上限が引き上げられたことで、今回も一時的にデフォルトを回避することができました。政府封鎖もありません。ただ、こんなことを永遠に続けることができるのでしょうか。次の債務限度は12月8日です。アメリカの債務を減らすのに日本も大分貢献しています。北朝鮮有事を想定してアメリカから大量の兵器を買ってあげています。
株価も、中央銀行が株を大量に買ってあげているために株価が暴落しません。中央銀行が大量に国債を買い続ければ政府の債務は膨らみますが破綻しません。中央銀行が何の価値もない紙幣を大量に印刷し、それで国債や株を買って政府や金融市場を維持しているのですから。。。中央銀行はこのようなインチキ商売を続けることで世界を支配しています。

http://www.thedailysheeple.com/its-official-us-debt-finally-tops-20-trillion-jumps-by-318-billion-in-one-day_092017
(概要)
9月11日付け

money cash


先週金曜日(9月8日)にトランプ大統領は、短期債務上限引き上げ(3ヵ月間)、政府の暫定予算、ハリケーン対策費用を署名で承認したことで今回もデフォルトを回避することができました。
しかしそれにより政府は約20兆ドル(約2180兆円)の債務を数ヵ月間抱えることになります。
つまりアメリカの債務は、3ヵ月後の12月8日には心理的障壁の20兆ドルをついに超えてしまうことになります。
正確には$20,162,176,797,904.13です。


3月16日から9月8日までの政府の法定債務限度は$19,808,747,000,000でした。
9月8日に債務上限が3176憶ドルも引き上げられました。