ここ最近、イエローストーンの巨大火山が活発化しているようですが、地球工学や気象操作によりイェローストーンの火山を噴火させようとしているのではないかと以下の記事は伝えています。
エリア51とイェローストーン周辺の気温が急激に低下したそうです。支配層はイェローストーンの火山とエリア51をどうにかしたいのかもしれません。
彼等の気象操作のために世界中がHAARPの攻撃にあっていると思います。南極の基地からも太平洋に向けてマイクロ波が照射されていました。彼等が地球や人間や生き物を破壊するための最大の武器は地球工学テクノロジーの気象兵器かもしれません。

http://beforeitsnews.com/prophecy/2017/09/urgent-warning-the-yellowstone-national-park-volcano-region-is-being-hit-with-e-l-f-extreme-low-frequency-energy-waves-in-attempts-to-wake-up-the-sleeping-giant-2494276.html
(概要)
9月22日付け

イェローストーン国立公園の巨大火山の噴火を促すために公園内の火山地帯が極超長波で攻撃されています。
 極超長波及びビーム(HAARP、スカラー兵器、マイクロ波無線エネルギーを使った地球工学の気象気温操作テクノジー及びサテライトなど)で特定地域が攻撃されると、その地域の高調波共振周波数を変調させ大気水量を減少させることになりその地域の天候や環境に大きな影響を与えることになります。
さらには気温を急激に低下させることで地球の物質、大気、水を不安定にすると同時に人々、動物、生き物の感情を不安定にします。。

 

以下はアメリカ各地の今日の気温分布図です。アメリカの殆どの地域が高温であるのに一カ所だけ低温の地点があります。ここにイェローストーン国立公園の巨大火山があります。他の地域と比べると平均で40度以上も気温が低くなっています。
これは支配層が頻繁に行っている地球工学による気象操作(人工災害)の一環です。彼等は自然災害に人工的に手を加えることで災害を深刻化させアメリカ(バビロン)をカオスに陥れようとしているのです。

 

 

さらに支配層は何らかの理由でエリア51周辺にもマイクロ波エネルギーで集中的に攻撃しています。エリア51周辺のとがった岩の火山脈の地下深くには小悪魔アザゼルや他のよからぬ存在が監禁されているのを知っています。
今、支配層は火山の地下深くに監禁されている堕天使や巨人のタイタンを開放しようとしているのだと思います。この地域は米軍が監視しています。

中略

昨日はイェローストーンとエリア51周辺地域の気温が急激に低下しました。9月後半のアメリカの日中の平均気温で32度くらいありますから9月も夏のような暑さが続きます。ですから、一部だけ気温がこれほど低下するのは非常に稀なことです。
彼等は、何等かの目的のために、この地域だけでなく世界中で、マイクロ波テクノロジーを使った気象・気温操作を行い異常天候を発生させています。彼等はそれを二酸化炭素による温暖化のせいにしています。

中略

 

Image result for yosemite national park on the map and yellowstone

 

Image result for yosemite national park on the map and yellowstone

 

彼等はアメリカの殆どが気象操作(人工災害)で破壊されることを望んでいます。災害時にはFEMAキャンプ内の安全ゾーン以外は安全ではないと言われています。ですからアメリカが壊滅状態になる前に我々は心身ともに準備をしなければなりません。
聖書(Book of Enoch)の通り、いつかはイェローストーンの巨大火山が噴火します。支配層は人工的に或は自然災害を利用してこの火山を噴火させようとしています。
また、聖書の通り、地下の活性水に含まれる硫黄が燃え、その熱で火山が噴火するかもしれません。イェローストーンの巨大火山が噴火すると世界中に大きな影響を与えます。
彼等は極超長波のマイクロ波のテクノロジーを利用して イェローストーン巨大火山を噴火させるのかもしれません。
つまり、近い将来、この巨大火山を小規模噴火させることで火山周辺地域に軍隊を配備させ戒厳令を敷き人々をFEMAキャンプに強制的に避難させるのではないでしょうか。