これだからモンゴル人力士は好きではないのです。
朝青龍といい、白鵬といい、日馬富士といい。。。。横綱なのに威厳もなく態度が偉そうで土俵の勝負を単なる格闘技と思い負けた相手に「リベンジする」という気持ちでいっぱいの彼ら。土俵に上がっても正々堂々としたきれいな相撲をとっているとはいえず、どこかプロレス的で暴力的に見えるのは私だけでしょうか。稀勢の里が負傷したのも日馬富士との対戦でしたね。
モンゴル人は中国人と似たり寄ったり。暴力団員と似ています。表向きは大人しく振舞っていますが、心の中は闘争心で燃え上がっています。本来の相撲の精神など全く無視しています。
外国人力士が増えると(外国人が増えた日本の社会と同様に)相撲界も暴力事件が増えます。
白鵬も日馬富士も早く引退してもらいたいものです。そして日本人の強い横綱が相撲界を引っ張っていけるような本来の相撲道に戻ってもらいたいですね。 
という私は毎回相撲を観ているというわけではないのですが。。。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000079-spnannex-spo
日馬富士 貴ノ岩に暴行疑惑 ビール瓶で殴打、右中頭蓋底骨折

 横綱・日馬富士(33=伊勢ケ浜部屋)に、幕内力士への暴行疑惑が浮上した。関係者によれば、10月26日の鳥取で行われた秋巡業後の酒席で、東前頭8枚目、貴ノ岩(27=貴乃花部屋)をビール瓶で殴打し負傷させたという。貴ノ岩は福岡市内の病院に入院。九州場所を初日から休場しこの日、「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間」の診断書を提出した。相撲界は長年、暴力問題の再発防止に取り組んできただけに、疑惑の究明が急がれる。

【写真】貴ノ岩の診断書には右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いなどの言葉が…

 またもや相撲界を醜聞が襲った。関係者の話を総合すると、日馬富士は鳥取巡業の打ち出し後、後輩のモンゴル出身力士を集め宴席を持った。そこに貴ノ岩も同席。横綱はその際に酔って貴ノ岩に絡み、さらに態度が気に入らないという理由で、近くにあったビール瓶で思い切り殴打したという。

 貴ノ岩は秋巡業後に11月5日から9日まで福岡市内の病院に入院。負傷箇所が頭部ということもあり、九州場所を初日から休場した。診断書によれば、状態が安定すれば復帰も可能とされているが、途中出場は厳しいとみられ、来年1月の初場所は十両に転落する見通しだ。この日、日本相撲協会に診断書を提出した師匠の貴乃花親方(元横綱)は「診断書に書いてある通り。本人の体調が悪いということ」と説明するにとどめ、暴行疑惑については「ノーコメント」とした。

 一方、疑惑を向けられた横綱はこの日、貴ノ岩の弟弟子の貴景勝に一気に押し出され、なすすべなく敗れた。取組後に貴ノ岩のケガについて聞かれると無言で苦笑い。引きつったような表情で迎えの車に乗り込んだ。

 もともと日馬富士は短気でカーッとなりやすい性格。三役時代には稽古場にあった分厚い板で若い衆の頭を殴り、稽古を見ていた親方衆から止められたこともあった。横綱に昇進する前には、禁煙の両国国技館の支度部屋でタバコを吸って注意を受けた過去もある。

 相撲界では、10年2月に当時現役横綱だった朝青龍が一般人に暴行を働き、その責任を取って引退。07年に時津風部屋の力士暴行死事件が起きていたこともあって、度重なる“暴力問題”に世間の厳しい非難を浴びた苦い経験がある。

 貴ノ岩は若手の成長株で将来の三役候補と期待されている力士。横綱の昇進を推挙する横綱審議委員会の内規には、横綱は力量、品格ともに抜群でなければならないとある。暴行が事実であれば、師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)の指導力だけでなく、横綱の進退も厳しく問われることになりそうだ。