クローン人間の誤作動と言えば、ヒラリー・クリントンのおかしな首振りやよろけでしょう。あれは病気が原因ではなくクローン人間の誤作動だったようです。ヒラリーは奇妙な飲み物を飲んでいたりしていましたが、あれは、クローン人間をちゃんと機能させるための薬だったそうです。
ヒラリーの誤作動:https://www.youtube.com/watch?v=OqbDBRWb63s
以下のビデオをご覧になると、クローン人間の「電池」が切れるとどうなるかが分かります。特にワシントンDCやハリウッドには多くのクローン人間が存在しているようです。しかし彼らが誤作動を起こしているところがテレビカメラにとらえられていました。みな同じ動きをしています。あらぬ方向を見つめながらフェイント(意識を失いよろよろと倒れる)します。
二番目のビデオでは、右側に立っている経済?の専門家が解説中にロボットのような奇妙な動きをしているのが分かります。しかも彼は自分が意識を失いつつあることを相手の男性に伝えています。
クローン人間の両目の奥には魂が入っていませんからヒューマノイド(ロボット)のビー玉の目と同じように見えます。Youtube上でクローン人間が誰かを探すのも面白いかもしれません。

http://beforeitsnews.com/alternative/2018/01/when-clones-malfunction-the-fake-among-us-3587592.html
(概要)
1月12日付け

中には偽人間が紛れ込んでいます。クローン人間が誤作動を起こすとこうなります。

こちらは、先週亡くなったシェリー・シュライナーさんの最新ビデオです。シュライナーさんはワシントンDCやハリウッドに存在するクローン人間についてずっと伝えてきた数少ない人たちのうちの一人でした。彼女を失って寂しい限りです。

ビデオには、誤作動を起こしているクローン人間が映し出されています。クローン人間のメタボリズムは最悪です。クローン人間は頻繁に交換する必要があります。クローン人間が誤作動を起こすと、あらぬ方向を見つめながら意識を失います。クローン人間は自分が意識を失いつつあることを隠せません。その時、クローン人間がプログラミングされた(魂のない)生体であることが分かります。

(↓ 何人ものクローン人間が意識を失いふらふらと倒れそうになっています。)


↓ こちらのビデオに映っている右側の男(教授)は完全にクローン人間です。動きがロボット的であり、自分は意識を失いそうだと相手の男性(番組のホスト)に伝えています。)