ユダヤ人特に支配層のユダヤ人エリートはハザール人だと言われています。ただし、ハザールを支配していたのはテュルク民族だとすれば、現在のユダヤ系エリートはテュルク=トルコ系=モンゴル系の血が濃いのでしょうか。

「ハザールとは、7世紀から10世紀にかけてカスピ海の北からコーカサス、黒海沿いに栄えた遊牧民族およびその国家。支配者層はテュルク系民族と推測されている。」ということです。

トゥルク民族とは:
http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%86%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%82%AF

テュルク民族はもともとモンゴル系、ツングース系とともにモンゴル高原周辺にいた民族で、もともとはモンゴロイド(いわゆる黄色人種)の形質であった。

テュルク民族は、東に進んでモンゴル中華の王を脅かすこともあったが、歴史を通して西進した。 突厥などにより勢を伸ばし、中央アジアからにかけて先住していたインド・ヨーロッパ語族イランやスラブの他各種死)やウラル語族(というかハンガリー人の祖先)の民族を吸収、あるいは追い出した結果、中央ユーラシアの多くがテュルク化された。逆に言うと、ペルシア系、スラブ民族を吸収することでテュルク民族がコーカソイド化した。

その次の時代、北方ではペチェネグ、ハザール、キプチャクなどが次々とバルカンルーシに侵入する。逆に南方ではイスラーム化が進み、オグズがペルシアを征してセルジュークをたて、ローマ帝国東ローマ帝国、ビザンツ)からアナトリアを奪う。セルジュークペルシアシリアを失い、またモンゴルが勢を伸ばしはじめたため、アナトリアには各地からテュルク民族が進入、正式な「ローマ人」である正教徒のギリシア人を中心とした元の住人と融合、共存するようになり、後のオスマン帝国の元となる。


結局、
モンゴルアナトリアを含めたテュルク民族の大部分をその支配下に置き、遊牧民族として風俗の近かったテュルク民族モンゴルの制度に組み入れられた。しかし、テュルク系諸族の方が数が多く、言的にも制度的にも優勢であっため、モンゴルの分裂後はむしろモンゴルの支配層がイスラーム化、テュルク化した。この時代、外から見たモンゴルテュルクの違いは曖昧である。


モンゴルの分裂後は、たくさんのテュルク国家が誕生した。しかし、ジョチ・ウルスの属であったウラジーミル大公(後のモスクワ大公ロシア帝国)がをつけテュルク国家に対する侵略を開始する。テュルク系部族同士の争いに乗じるなどして、最終的にオスマン領内を除くどのテュルク民族ロシアの勢圏に入った。」

ヨーロッパや他の国々でも、先祖がユダヤ教に改宗してユダヤ人と呼ばれるようになった人が多いため、ユダヤ人=ユダヤ民族ではないことは明らかです。

テュルク族がモンゴルと関連していたとは。。。興味深いです。
現在のユダヤ人の多くがユダヤ民族=セム族とは一切関わり合いがないと言うことは事実です。そして現在の一般的なユダヤ人を統制し、世界を支配しているユダヤの支配層は悪魔崇拝カルト教(ユダヤ教=カバラ=タルムード=シオニズム)の幹部ということでしょう。

https://www.henrymakow.com/
(概要)
1月17日付け

ユダヤ人は民族でも宗教でもありません。カルトです。

By マイケル・バーグ

Uri Shapir - Israeli Jewish Artist.jpg
(↑ 青い目をしたイスラエル人)

image.img.jpg

(↑ ユダヤ系の米政治家のマイケル・バーグ氏)

マイケル・バーグ氏はDNA検査で、自分にはユダヤ民族のDNAが存在しないことが判明しました。彼の家系は数世代にわたるユダヤ人家系でしたが、彼のDNAは98.7%北欧人(主にドイツ人とケルト人)であることが分かりました。(彼は金髪で青い目の北欧人のDNA。)
ユダヤ人と呼ばれる人々は、フリーメーソンと同じように、同じ人種の集まりではありません。彼らは秘密結社(悪魔崇拝カルト教)の伝統観を持っている集まりなのです。彼らの主な目標は人類の奴隷化であり、人種と国家という存在を利用して人種が入り混じったユダヤ人の大衆を洗脳しながら悪魔のアジェンダに従事させています。


私(バーグ氏)は1985年にイスラエルで生まれました。両親はヨーロッパ系ユダヤ人です。
ユダヤ人は人種が入り混じった人たちであり、彼らも非ユダヤ人と同様に悪魔のカバラ(タルムード)のアジェンダの被害者なのです。
タルムードを実践しているユダヤ人は、ありとあらゆる悪事を行うことができ自分たちが落ちればおちるほど高い地位に昇れると考えています。また、彼らは、人類が道義心を完全に無くした時に初めてメシアが現れると信じています。それゆえに彼らは正常な人々(道義心があり健康的かつ自然的で神から与えられた異性愛の性的特質を持つ人たち)のみを攻撃し、同性愛、人間と動物の性的関係、小児性愛、近親相姦を推し進めています。

一般のユダヤ人も非ユダヤ人と同じようにNWOアジェンダの被害者なのです。
多くの人たちが、一般のユダヤ人もユダヤ・フリーメーソンNWOの悪魔的考えを持っていると考えているでしょう。
しかしそれは事実ではありません。彼らも被害者なのです。
NWOアジェンダには悪魔的特質があります。このアジェンダは、一般のユダヤ人などどうでもよいと考えているユダヤの支配層の指揮下で実行されています。一般のユダヤ人は彼らのアジェンダに利用されているだけなのです。
ユダヤの支配層は一般のユダヤ人ではありません。彼らはエリートであり、一般のユダヤ人のことなどなんとも思っていません。なぜならユダヤ人とはユダヤ民族の集まりではなく悪魔崇拝カルト教の信者だからです。

フリーメーソンと同じようにユダヤ教もNWOアジェンダを推し進めるための道具でしかありません。ロスチャイルドや他のユダヤ人エリートは一般的なユダヤ人をアジェンダのために利用し、その後使い捨てにするでしょう。

一般のユダヤ人も同様に、西側諸国の人々に被害を及ぼしている社会悪からの被害を受けています。
イスラエルではフェミニズム、堕胎、離婚、LGBTが認められ推進されています。
ユダヤ人はフェミニズムに汚染されています。イスラエルでは善良な女性を見つけるのが難しくなっています。イスラエルの女性の5割はお金に目がないエゴの塊です。彼女たちは結婚して子供を作ることなど考えていません。
さらにイスラエルの女性には戦闘単位の兵役があり、そのために軍隊の質が低下しています。
イスラエルの女性の多くがフェミニズムに染まっており、男性と付き合うのも非常に難しい状態です。

イスラエルは世界一の他民族国家です。
50万人のロシア人がユダヤ教に改宗し法的にユダヤ人となりました。また、12万人のアフリカ人(黒人)もユダヤ教に改宗しユダヤ人となりました。また、150万人のアラブ系・イラン系のユダヤ人が存在します。さらに北アフリカでは200万人のユダヤ人がおり、ヨーロッパには400万人のユダヤ人がいます。彼らは同じ民族ではありません。ですから、ユダヤ人と言っても北欧人、トルコ人、イラン人、アラブ人、アフリカ人などが混じり合っているのです。

Article intro - Jewish Men (1).jpg
(↑ 4人のユダヤ人男性・・・・ユダヤ過激派チャバド・カルト教(テロ集団)のメンバー)


ユダヤ人による非ユダヤ人に対する人種差別は生物学的な人種差別ではなく、霊的な人種差別です。
「ユダヤのクラブ(カルト教)に所属している人はみな神であり、非ユダヤ人もユダヤ教に改宗しクラブのメンバーになれば神聖なユダヤ民族の魂を持つことができる。しかし、非ユダヤ人のままでいると、悪魔の魂を持ち続ける。」と考えられています。ただし、ユダヤ人こそが悪魔を抱擁している人たちなのですが。。。

イスラエルは世界一の他民族国家であることを支配層は認識しています。ユダヤの結婚に関する法律は生物学的な人種差別に基づいたものではありません。誰でもユダヤ教に改宗すればユダヤ人と結婚ができます。ユダヤ教に改宗しなければユダヤ人と結婚はできません。しかしユダヤ教とは悪魔崇拝カルトなのです。

 
中略

bar-rafaeli-bio-gty.jpg
(イスラエルのユダヤ人モデル)

研究の結果、ヨーロッパのユダヤ人の大部分がヨーロッパ人のDNAと(一部)トルコ人やセム人のDNAを持っていることが分かりました。彼らの多くが500年~1000年前にユダヤ教に改宗したヨーロッパの先祖の子孫です。
彼らの先祖はセム系ユダヤ人と交際した後にユダヤ教に改宗しました。セム系ユダヤ人とハザール人の混血がヨーロッパのユダヤ人の起源なのです。その後、彼らはスラブ民族、ゲルマン民族とも混血していきました。
ですから基本的にヨーロッパのユダヤ人は、ドイツ人やスラブ人の混血のハザール人です。そのため北欧人のような顔をしたユダヤ人もいれば黒人のユダヤ人もいるのです。

ユダヤ教に改宗した人たちはクラブ(悪魔崇拝カルト教)のメンバーになったということであり、その主な目的は人類の奴隷化です。ユダヤ人は宗教とも人種とも関係ありません。
ユダヤ人は世界中の人種が交じり合っています。白系ユダヤ人、アフリカ系ユダヤ人、アラブ系ユダヤ人など様々です。しかしユダヤ人は、自分たちはユダヤ民族であると教え込まれています。
ユダヤ教は悪魔崇拝カルト教なのです。民族とは関係ありません。彼らの目的は人類の奴隷化です。
ユダヤの秘密結社は、ユダヤ教の信者らに「同じユダヤ民族」であると嘘を教え込むことで彼らを統制(支配)しながら悪魔崇拝カルト教秘密結社の活動を続けています。