サイコパスやソシオパスが多く存在するイルミナティ(世界の支配層=オカルト集団=悪魔崇拝者=NWO=グローバリスト=カバラ=リベラル左翼=共産主義)は彼等のマトリックスの世界に世界の人々を閉じ込め、彼等の好きなように操っていると言うことは既にご存知かと思いますが。。。イルミナティは人々をマインドコントロールしながら操るのに長けています。その方法はメディア、教育界、他を使って、人々に嘘を真実と思い込ませることです。
主要メディアのニュースの多くが嘘まみれです。特に海外のニュースには台本があります。
学校教育でも嘘が多く、子供たちをあらぬ方向へ導こうとしたりしています。
ネットを介して数々の嘘が露呈しており、私たちを閉じ込めているマトリックスが壊れ始めているような気がします。
やはり、どこに国でも、メディアだけでなく権力者や指導者の言ったことをうのみにしたり、恐怖を植え付けられ権力者、指導者の指示、命令に必ず従うようにマインドコントロールされているロボット人間が多いと思います。
このようなマインドコントロールは、芸能界(ハリウッドも)、政界、経済界、教育界、スポーツ界、宗教界、サークル、部活、家庭、他にまで広がっています。
一生、自分がマインドコントロールされていることに気が付かずに旅立ち、再び、このマトリックの世界に生まれ変わってくる人の多いこと。。。

https://www.henrymakow.com/
(概要)
5月22日付け

Getting Out of The Matrix
to-a-mind-that-is-still.jpg

思考を停止できない、お酒を飲むのを止められない、たばこを吸うのを止められない、食べるのを止められない。これらの中で思考こそが最も深刻な依存症である。
Eckhart Tolleより

 

世界が益々おかしな方向に進んでいく中で、我々は本当のアイデンティティを見つける必要があります。そうしないと我々は気が狂ってしまいます。
思考は一種の依存症です。

ヘンリー・マコウより

思考が依存症であると言っても、独自の観察や分析の上に成り立つ思考或いは洞察力、直観に基づく思考であれば、依存症ではないのです。

依存症的思考とは、不安や判断、くだらない話、どうでもよいことで我々の頭がいっぱいになっているということです。
 

ストレスの殆どが精神的に誘発されたものです。

かつて私はマスメディアの流す情報を基に現実のイメージを描いていました。その結果、機能障害に陥りました。

 

病気、戦争、貧困と同じように、機能障害も社会の中に組織的に組み込まれています。なぜならイルミナティいとってはこれらは利益を生じさせるものだからです。


イルミナティのメンバー、ハロルド・ローゼンサル氏は「The Hidden Tyranny」の中で「イルミナティは人々の考え方をイルミナティの考え方(何かを獲得し続けたい)へと変えさせた。そのため人々は決して満足することができなくなった。不満を持っている人々はイルミナティの世界征服のゲームの駒となる。彼等は常に何かを求め、決して満足することはない。自分以外の存在から幸せを求めた途端に彼等はイルミナティの奴隷になる。」と明かしています。

 

我々は思考のプリズムの中に閉じ込められています。

ローゼンサル氏が言うとおり、我々の思考回路は、現状に満足せず、さらに何かを手に入れたいと常に不満を感じるようにプログラミングされています。このようなプログラミングは、音楽、映画、テレビ、教育を通して行われています。そこには常に競争と対立が存在します。

 

男に「君は鶏だ。」と言えば、彼は雌鶏のようにクワックワッと鳴きながらあたりをうろつき、卵さえも産んでしまうでしょう。それ故、男たちは自由を守るために命令通りに戦争に行き戦死するのです。ベトナム戦争でも、「ベトナムが共産主義国になれば、東南アジア諸国は全て崩壊する。」と言われましたが、そうはなりませんでした。
ベトナム戦争は本当に必要だったのでしょうか。イラク戦争、アフガニスタン戦争、リビアやシリア戦争も本当に必要だったのでしょうか。
これらの戦争は、NWO側の利益のために起こされたものであり、NWOを達成するためには必要なものだったのです。
 hollywood7.jpg(テロリストが9・11を実行したと思いますか。)

 

イルミナティは現実の世界をでっち上げます。ケネディ家の暗殺、9.11、ボストン・マラソンやサンディフック事件を考えてみてください。彼等は嘘に基づいて現実の世界を作り出します。
イルミナティはISISを作り上げました。これまでずっとイルミナティは戦争犯罪に関与してきたのです。

 

イルミナティは我々の思考回路をプログラミングし、自己破壊的な行為をさせています。


教育界へも悪影響を与えています。
教師らは生徒を男子と女子に区別することを禁止されています。子供たちは性転換を行いホモセクシュアルの体験をするように促されています。
また、女性に関しては、妻や母親であることは暴虐的であり、乱交により自信を持たせるべきと洗脳しています。


男性に関しては、セックスを求め、愛は求めるなと洗脳されています。このように社会は堕落し不愉快な言動で満ちています。

-998.png 

風紀(魂など)から逸脱した思考回路のマインドは非常に影響されやすいのです。魂には直感と本能も含まれます。


我々は真実の世界を見ているのではなくイルミナティによってプログラミングされた仮想世界を見せられているのです。
例えば、ハリウッドではロマンスやセックスがまるで万能薬かのように思わせる映画が多く、朝霧のように錯覚や空想が消えるまでその世界に浸り続けます。
カバリスト(カバラ集団=悪魔崇拝者)は、自分たちの魔法を使って我々を催眠術にかけるのが好きなのです。

 

我々の思考回路では真実に到達することはできません。精神世界は鏡の迷宮です。

本当の自分を失わないでください。

マインドと意識(魂)はどちらもアイデンティティそのものです。しかし我々は思考の世界(物質世界)で物事を判断するようにプログラミングされているため魂の存在を否定するようになっています。

我々は意識の存在として体験する必要があります。思考を空っぽにした後に残るのは本当のあなたです。

 

宗教は、人間は霊的な存在であると教えます。我々の魂は神と繋がるホットラインです。思考ではなく霊(魂)の存在を意識するようにすべきです。
思考をスイッチオフすると多くの欲望が消えていきます。欲望はメンタルの問題です。

ペンギンが氷盤の上に取り残されるように、宇宙のスペックでは、人類はサルの共同体です。
我々は地球で何をやっているかをよく理解していません。肉食動物のサルは権力と富を独占しようとしています。


創造主の目的に気が付くために我々は地球に生まれてきました。我々を通して神は知りたいことがあります。しかし一人ひとりが救済されなければ人類の救済には繋がりません。ただ、我々の殆どが個人的に救済させると思います。