以下の記事を読み始まった時に、でっちゃんの顔が頭に浮かんできました。
てっちゃんにも市販のドライフード、缶詰、おやつを与えてきました。もちろん無添加と書いてあるものばかりですが。。。
それでもてっちゃんは喜んで食べてくれています。なんだか、申し訳ないと思います。てっちゃんに土下座したい気持ち。
ただ、毎日、手作りのご飯を与えるのはちょっと難しいため、時々、肉、魚、野菜、豆類、他を混ぜた手作りご飯をあげようかなと思います。
先日、家族の犬が遊びに来たので犬に与えた手作りご飯(鶏肉、野菜、パスタ少々をほんの微量の塩で
茹でたもの)をてっちゃんにも与えたら喜んで食べてくれました。

ワクチンも、てっちゃんが生まれてから2度もワクチンを接種させてしまいました。
猫よりも可哀そうなのが犬です。毎年、複数種類のワクチンを与えることになっていますから。本当に毎年与える必要があるのでしょうか。しかも超小型犬にも同じように大量のワクチンを与えています。ワクチンは人間にも悪いのですから動物にも悪いはず。法的に与えなくてもよいものは与えない方がよさそうです。
今後、てっちゃんにはワクチンは与えたくないと思います。他の猫と接することもありませんし。

人間の赤ちゃんにもワクチンを与えるのは良く考えた方がよいのかもしれませんね。日本ではワクチンはまだ義務化されていないようですのでワクチンを与えるかどうかの判断は其々の親御さんが熟慮してからの方がよさそうです。

市販のジャンクフードを食べてくれているてっちゃん、御免。時々は手作りするね。

IMG_4548 2018-5-13てつ












https://www.henrymakow.com/
(概要)
8月11日付け

飼い主はペットに市販のペットフードを与えペットを病気ににさせています。
homemade-dogfood.jpg
by David C 
(henrymakow.com)  

動物大好きの私は、殆どの犬や猫がジャンクフードを与えられていることに愕然としました。
以下の記事の通り、殆どのペットフートは栄養価が低く体に悪い素材が使われています。最も高価なペットフードにも多くの重要な栄養素が欠けています。

私はシェフとしての料理の才能を生かして手作りのご飯を与えており、それが私のスペシャリティになっています。
犬は人間と同じ雑食性です。犬は人間の残飯を食べて生きてきました。犬ほどではないにしろ猫も同じように残飯を与えられてきました。
私は自分の犬のために2~3日に1度、自然素材のみを使ったご飯を大量に作り、ジップロックに一食ずつ入れて保存し、毎日それを与えています。
ただし人間が食べるもので犬に与えてはいけないものがいくつかあります。例えば、ぶどう、チョコレート、玉ねぎなどです。
しかし人間が食べるものの殆どが犬にとっても良いのです。もちろん、砂糖、塩、脂肪、スパイスは控えた方がよいのですが。
人間の乳児に与えてよい健康的な食べ物は犬や猫にも良いのです。

私の手作りご飯:
種類(亜麻、大麻、つばき、チーア、ひまわり、カボチャの種など)をコーヒーグラインダーで細かく砕き、それに様々な種類の野菜(生或はゆで野菜:人参、ケール、チャード、パセリ、かぼちゃ、豆類、サツマイモ、ヤマイモ、他)を加え、さらに動物性たんぱく質とビタミンB12を摂取させるために、卵、サーモン、イワシ、ツナ、牧草で飼育した牛、子羊、鶏のレバーや他の内臓肉などを加えます。
歯と歯茎の健康には骨付き肉、牛皮、豚の耳などが良いでしょう。
鉄分、ミクロミネラルを与えるにはモラスが良いでしょう。モラスをお湯に溶かしてチアシードを加えます。これらの食材を混ぜてフードミキサーで混ぜて与えます。この中にコーン・トーティーヤを砕いて混ぜるのも良いでしょう。ただ、穀物やでんぷん質の多いジャガイモの与えすぎには気を付けましょう。豆類を与えるのも良いでしょう。

私の犬は自家製のカボチャが大好きです。

犬には赤ちゃんの離乳食と同じ物を与えることができます。犬もただ飲み込むだけで消化吸収しやすいご飯を必要としています。私は自然の素材を使った離乳食を作って自分の犬に与えています。
あなたの犬や猫にも、健康のために自然の材料を使った手作りのご飯やおやつを与えてください。その方が安上がりです。最近はペットフードもかなり高くなっています。

獣医は逆症療法を実践しています。彼等は健康問題を引き起こした原因を取り除くのではなく症状を抑える治療をしています。急病の時以外は獣医には連れていきたくないですね。急病にもなってほしくありませんが。
多くの場合、犬や猫に与えるワクチンや薬は毒です。ですからそれらを与えないようにしています。
ペット(毛むくじゃらの赤ちゃん)には薬を与えるのではなくホリスティック医学と健康的な食事を与えることで健康を保つことができます。
犬や猫は人間よりも臭覚がはるかに優れていますから、彼等にとって食べることは最も楽しいことの一つなのです。
しかし殆どの飼い主は酷いペットフード(しかも非常に高価)を彼等に与え続けています。悪い食生活を続けた結果、ペットは病気になり高い医療費を払うことになるのです。
あなたの毛むくじゃらの赤ちゃんが最も欲しがっているご飯を与えてください。それは自然の素材を使った手作りのご飯です。そしてもし彼等が病気になったらホリスティック医学で治療してください。
彼等に健康的でおいしいご飯を作って与えれあげれば、彼等はあなたをさらに愛してくれるでしょう。
ペットが健康で元気で幸せに暮らしていればあなたも幸せに暮らせるでしょう。