外国人、特に中国人は偽造通貨や証明書を平気で使います。サイコパスが多い民族だからでしょうか。
免許証はもちろんパスポート、ビザ、学生証、保険証などあらゆる証明書を偽造します。
ですから、増加する訪日中国人観光客が偽造免許証で車を運転するケースが増えるわけです。
しかも反日創価の公明党が常に国交省大臣の座を得ていますから中国人熱烈歓迎で昨年外国人観光客(中国人)のために高速乗り放題というサービスを開始してしまいました。それからでしょう、中国人が偽造免許証で車を運転し事故が急増したのは。。。政府が外国人観光客(主に中国人)を熱烈歓迎し優遇すればするほど犯罪が急増し秩序や環境が破壊され、被害者も急増し、結局、利益よりも損失の方が何十倍も大きくなっていくのです。政府の政策がことごとく裏目に出てきています。腹が立つことばかり。。。。

<外国人観光客 交通事故多発>
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180923-OYT1T50010.html?from=ycont_navr_os

国際免許制度を周知する在日中国大使館のホームページ
国際免許制度を周知する在日中国大使館のホームページ
  •  

     中国人観光客が偽造の国際運転免許証でレンタカーを運転し、交通事故を起こすケースが相次ぎ、警察庁が中国政府に対し、国際免許制度を国民に周知するよう申し入れていたことがわかった。申し入れを受け、中国政府は外務省のホームページなどで注意を呼びかけている。訪日観光客の増加に伴い、外国人ドライバーによる事故は急増しており、警察庁は偽造免許への警戒を強化している。

     警察庁によると、偽造の国際免許証は昨年頃から、目立ち始めた。レンタカーで物損事故や交通違反を起こした中国人観光客らが、警察官に国際免許証を提示。発給元はいずれもフィリピン自動車協会と記されており、警察庁が同協会に確認した結果、偽造と判明した。

     同庁が調査したところ、インターネットの中国語サイトでは、フィリピンの偽造国際免許が売買されていることも確認された。

     道路交通法は、日本の免許を持っていない外国人が車を運転するには、自動車運転の国際的な統一ルールを定めた「道路交通に関する条約(ジュネーブ条約)」に基づいた国際免許証か、ドイツやフランス、スイスなど日本と同水準の免許制度がある国の免許証が必要と規定している。

     中国はジュネーブ条約に加盟しておらず、同水準の免許制度もない。中国人が日本で車を運転する場合、日本で中国の運転免許の切り替え試験を受けるか、条約に加盟した国で国際免許の交付を受けなければならない。フィリピンは同条約に加盟しているため、偽造の標的になったとみられる。

     偽造免許での運転は無免許運転となるが、ネットで購入した偽造免許を違法と認識しないで使っている中国人ドライバーもいるという。

    <外国人観光客 高速道路乗り放題>
    https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1082800.html

    全国版の訪日外国人旅行者向け高速道路乗り放題パス「Japan Expressway Pass」

     国土交通省とNEXCO東日本(東日本高速道路)、NEXCO中日本(中日本高速道路)、NEXCO西日本(西日本高速道路)、宮城県道路公社、京都府道路公社、兵庫県道路公社は9月26日、レンタカーを利用する訪日外国人旅行者向けに全国エリアを対象とした高速道路乗り放題パス「Japan Expressway Pass」の販売を10月13日から開始すると発表した。価格は、最大7日間有効のパスで2万円、最大14日間有効で3万4000円。

    Japan Expressway Passの乗り放題対象エリア

     Japan Expressway Passの乗り放題対象エリアは、NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本が管理する高速道路(北海道内の高速道路、第二神明道路、関門トンネル、関空橋利用税を除く)に加えて、宮城県道路公社の三陸自動車道、京都府道路公社の京都縦貫自動車道、兵庫県道路公社の播但連絡道路。

     利用できるのは、外国のパスポートを持つ人と、外国に永住権を持つ日本人となる。ただし日本で利用可能な運転免許証を持つ人に限る。

     対象車両は、各レンタカー会社が提供するETCカードや自動車(普通車限定)を使用して、ETC無線通信により走行する車両としている。全国275店舗のレンタカー会社の店舗で申し込みが必要。

     なお、地域版の定額乗り放題パス(北海道、東北、中部、中四国、九州地域)も継続販売。同省では、観光部局などと連携しながら海外における周知を実施していくとしている。