最近、マスコミは日本で風疹が大流行していると報道しています。
「関東を中心に風疹の流行が続いている。国立感染症研究所の16日の発表によると、直近1週間(1~7日)の風疹の患者数は135人で、5週連続で100人超となった。また今年に入ってからの累計患者数は1103人で、1千人を超えた。」と。
そしていつもの通り、ワクチン接種を勧めています。しかし以下の記事の通り、ワクチンを接種した保菌者たちが風疹を流行させているとするなら??風疹ワクチンの本当の目的は、風疹を流行らせることで、先天性風疹症候群を抱えた乳児を出生させたり、男性を不妊にさせることなのでしょうね。
風疹にかからないようにという理由でワクチン接種を選ぶのか、保菌者となるワクチンは接種しないのかは個人の判断ですが。。。フェイクニュースのマスコミが大げさに恐怖を煽り、ワクチン接種を勧める場合は、そこには日本のマスコミを支配する巨大国際利権団体などが日本でワクチンを売って大儲けをすると同時に日本にも風疹を(毎年のように)流行らせたいのかもしれません。

「風疹の患者数」の画像検索結果

そしていつもの通り


https://www.naturalnews.com/2018-11-14-proof-vaccinated-people-are-spreading-communicable-disease.html
(概要)
11月14日付け

ワクチンを接種すると伝染病が大流行します!
Image: Here’s PROOF that it’s actually vaccinated people who are spreading communicable disease – watch at Brighteon.com  

(Natural News)
2016年のKaiser Health Newsリポートによると、
ワクチンに関する実態を知っている人たちは何年も前から、ワクチンを接種した人たちこそ、伝染病の感染を広めているのであり多くの人たちを危険にさらしていると警告してきました。

アレックス・ジョーンズ・ショーでも、ワクチンを接種した人たち(保菌者)は伝染病を拡散するリスクを高めるだけでなく、様々な副作用や他の合併症に苦しむことになると語られていました。

米疾病対策センターの資料(ワクチンによる副作用)にも、ワクチンに関する不都合な真実が明記されています。
はしか、おたふくかぜ、風疹混合ワクチンの副作用として、難聴、発作、昏睡、意識低下、回復不可能な脳障害などが挙げられています。

配布されている全種のワクチンに関する記事(ワクチン・パッケージ)にも、ワクチンによる様々な副作用(エスタブリッシュメント側が否定している自閉症を含む)や悪影響が明記されています。

この記事をじっくり読んでください。最後に苦しむのはみなさんの子どもたちです。ワクチン接種プログラムは子供たちの健康を守るためではないのです。健康機関がワクチンは安全で効果的であるから接種するようにと主張するなら、その逆のことを行ってください。

Kaiser Health Newsリポートによると、2016年にミズーリ州の一部地域でおたふくかぜが大流行しましたが、その地域の子どもたちの90%がおたふくかぜワクチンを接種していました。他の伝染病に関しても大流行した地域の子どもたちの殆どがそれらの伝染病のワクチンを接種していました。

現在でもおたふくかぜがあちこちで流行しています。
アーカンソー州でも今年のおたふくかぜ感染者数は2000人(小学生から大人まで)に上ります。おたふくかぜが大流行した地域の子供たちの90%、大人の30%から40%がおたふくかぜワクチンを接種していました。


このようなことからもはしか、おたふくかぜ、風疹混合ワクチンが効果的でないことが分かります。それでも保健機関はワクチンは効果的であり感染予防のためにワクチンは必要と主張しています。

はしか、おたふくかぜ、風疹混合ワクチンを接種後に風疹に感染した子供たちに対しては3度目のワクチン接種を勧めるでしょう。彼らは子供たちにとって最も有毒なワクチンの一つである風疹ワクチンの接種を強要することになります。

テキサス州サンアントニオのラフード地区検事長は、はしか、おたふくかぜ、風疹混合ワクチンを接種した子供たちが非常に深刻な副作用に苦しんでいることを知りました。
ワクチンの真実を暴露したドキュメンタリーVaxxed」に出演したラフード地区検事長は、はしか、おたふくかぜ、風疹混合ワクチンを接種した2人の子どもたちを紹介しながら、どちらも副作用に苦しんでいると伝えています。彼はワクチン接種に猛烈に反対しています。彼自身も子供のころに、はしか、おたふくかぜ、風疹混合ワクチンを接種しましたが、1990年におたふくかぜに感染してしまいました。ワクチンは効果的ではないと言うことが次々に証明されています。

世界中の人々(子供たち)にワクチンを接種させるソーシャル・エンジニアリング・プログラムが進行中です。その目的は多くの人々を不妊にさせたり、ポリオに感染させて身体を麻痺させるためです。
ラフード地区幹事長によると、彼の叔父は破傷風のワクチンを接種し殺されかけたのです。また、彼の母親(トライアスロン選手)はインフルエンザ・ワクチンを接種し殺されかけたのです。