アメリカ産に関しては、鶏肉だけではなく殆どの肉が人体に有害で危険だと思います。しかも工場式畜産が一般的に行われているため鶏や家畜は薬付け、糞尿まみれ、遺伝子組み換え飼料で育てられ虐待されながら最後に虐殺されます。そのため、肉自体が汚染されているだけでなく飼育される中で家畜や鶏の恐怖と苦しみの感情がたくさん詰まった肉になっていることでしょう。アメリカ産の肉や野菜は中国と同じように汚染されています。
日米の貿易交渉によりアメリカ産の肉や野菜が大量に日本に入ってくるようになれば、日本人の身体は完全に有害物質に汚染されてしまいます。これまでもアメリカ産の肉はあまり食べたいと思いませんでした。

https://www.naturalnews.com/2018-11-19-chicken-farms-so-dirty-meat-has-to-be-washed-with-chlorine.html
(概要)
11月19日付け

Image: U.S. chicken farms are so dirty, meat has to be washed with chlorine before being sold for human consumption

(Natural News)
イギリスがEUを離脱すると輸入食品に関するEUの規制から外れますから、アメリカから鶏肉などの危険な食品がイギリスに大量に入ってきてしまいます。
アメリカ産の鶏肉はあまりにも汚いため出荷前に必ず鶏肉に塩素水で消毒しています。しかし塩素水を噴霧しても(付着していた糞尿は消毒されても)、鶏肉に含まれる発がん性物質や他の有害な物質を取り除くことなどできません。しかしアメリカでは塩素水の噴霧をするだけで鶏肉の安全性が認められているのです。


ヨーロッパ諸国の殆どが、養鶏や家畜を飼育する上でアメリカよりもかなり高い基準を設けているため基準の低いアメリカ産の肉類は歓迎されていません。
しかしイギリスは、発ガン性物質、病原菌、有害バクテリアなどに汚染されている人体に有害な鶏肉や他の食料品をアメリカから大量に輸入しようとしています。

最近ではアメリカでも工場式畜産業の恐ろしさが問題視されるようになりました。

通常、鶏は、放し飼いにしてミミズ、虫や他のおいしいエサを食べながら育てるべきなのです。
しかしアメリカでは鶏の放し飼いは一切されていません。アメリカの工場式養鶏業(家畜の工場式畜産業も同じ)は、狭い檻の中に大量の鶏をすし詰めにして飼育しています。これらの鶏は自然光に当たったことがありません。

このような恐ろしい環境の中で飼育された鶏は、薬漬けで、ストレスが溜まり、病気になります。
この状態を、専門家は、自然の嫌悪と言っています。これらの鶏たちは胸肉用に繁殖されていますが、大型倉庫内の仕切られた狭い空間の中にすし詰めにされて飼育されているため立ち上がることさえできず、どの鶏も肥満で成長しすぎています。

このような飼育方法がアメリカの標準なのです。どの肉も同じような飼育環境で生産されたものです。
鶏肉を買う時には、アメリカ産の鶏肉の96%は有害な物質、糞尿、病気に汚染されており、出荷前には塩素水が噴霧されているということを忘れないでください。また、通常、アメリカ産の鶏肉は遺伝子組み換え飼料が与えられていますから、なおさら危険です。

工場式養鶏業によって飼育されているアメリカ産鶏肉は避け、有機飼料を与えられた放し飼いの鶏の肉を食べるようにしましょう。