日本企業は何でもかんでも外国人に頼ろうとしていますね。本当に情けない。
人手不足のまま待遇を改善せずに外国人労働者を雇う選択をしています。
技術者不足なのはデジタル分野だけではありません。
日本のIT分野の技術力がここまで劣ってしまっているのは、1990年代以降、日本の企業のトレンドは、簡単にリストラできる使い捨て派遣社員や契約社員を多く雇い、人材を物品として扱いながらコスト削減のみを重視するようになり、株主様や短期的な利益に重点を置き、お金をつぎ込み人材育成をすることの重要性を無視或いは軽視してきたからでしょう。
正社員で雇われた人だちでさえ日々のルーチンな仕事に追われるだけですから。。。
しかも日本のIT業界は完全にブラックでしょう。長時間労働でストレス満載。過労死もあり得るほどの奴隷労働でしょう。こんな職場ならいくら才能があるスタッフでも辞めてしまいたいと思うはず。。。
業種に関わらずブラック企業の特徴は、日本人スタッフの労働環境や待遇を改善せずに外国人に頼ることです。それが一番安上がりで手っ取り早いからでしょう。もちろん即戦力を求めますから日本人スタッフの育成は一向にしません。しかし外国人を雇っても、常に、今より待遇の良い企業(外国へ移住或いは外資系企業)へ転職するか良い仕事を求めて他国へ移住したいと思いますから、日本の企業に長く働くことはないでしょう。
つまり待遇のよい派遣社員と同じようなもの。
日本の企業経営者(多くは朝鮮系でしょうけど。。)はどうしてこうも同じ方向へみんなで仲良く進もうとするのでしょうかね。羊じゃあるまいし。本当に、他人の真似をするだけの、自己と株主の利益しか考えない無能な時代遅れの経営者が多いものです。
20年以上続いている日本企業の人材は物品という考え方を直さない限り、日本のIT技術は途上国並みになるでしょうね。
これからの日本は自国経済が外国人観光客、外国人労働者、外国人技術者、移民に支えられる情けない国になっていくのでしょうかね。

https://jp.reuters.com/article/iot-ai-tech-idJPKCN1P30AU

訂正:焦点:日本企業、IoTやAI活用で大きな後れ 深刻な技術者不足

[東京 9日 ロイター] - 日本経済の原動力となるIoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)、ビッグデータなどの活用で、日本企業は欧米やアジアのライバル企業に大きく後れを取っていることが鮮明になっている。最も大きな要因は、最先端の技術を駆使する高度デジタル技術者の育成不足だ。

その結果、国内の主要企業では、高額報酬によって海外の人材を確保しようとする動きが広がり、「外国人依存」の現状があらわになっている。このままでは、日本は産業競争力の面でさらに後れをとりかねないとして、政府もようやく本格的な人材育成に乗り出した。

<高報酬で外国人材募集>

NTTデータ(9613.T)は、高度IT技術を活用した新ビジネスモデルを構築するため、内外を問わず人材を募集する。来春をめどに採用し、報酬も従来とは別の新制度を設け、個別交渉次第で高額報酬も準備する。

今や世界中で高度IT人材確保が激しくなり、高報酬を切り札に高いレベルの技術を持つ人材を奪い合う現象が起きている。

海外企業では3000万円-5000万円台での年収提示もあるほか、昨年4月(訂正)には「ゾゾタウン」を運営するZOZO(訂正)(3092.T)が、先端技術に詳しい人材を最高年収1億円で採用すると発表した。主要なターゲットは外国人技術者だ。

その背景には、日本人エンジニアの技術レベルでは、技術進歩がめまぐるしい最先端分野で対応し切れないという現実がある。

日本企業の中では、かなり先行して高度デジタル技術を駆使したビジネスを展開しているファーストリテイリング(9983.T)では、今やグローバルな技術者募集が日常となっている。「国籍を問わず、各拠点でその事業に適したIT人材を現地で募集している」(広報)という。