日本や世界や宇宙の動向

日本が崩壊すれば、世界が崩壊する。それを知らない人たちが世界には多すぎる。日本が蘇れば世界が変わる。宇宙も地球も世界も日本列島も、みんなつながっている。

日々感じたこと、また、目に入った印象深い情報などをUPしています。

外務省、捕鯨めぐり日本批判の米紙社説に反論掲載

アメリカの左翼フェイクニュースの代表格のニューヨークタイムズ紙は日本をこき下ろすして日本の国益に損害を与えれるのが商売なのでしょうが。。。日本批判が得意なニューヨークタイムズ紙やワシントンポストは中国に買収されましたから。。。特に反日なのです。
彼らは日本の伝統捕鯨を気持ち悪いくらい執拗に攻撃してきます。本当に陰湿です。
捕鯨が良いか悪いかを議論する前にもっと議論すべきものがたくさんあるはずです。
鯨が増えすぎると(人間が食べる分の)魚が鯨に食べられてしまいますから、増えすぎた鯨(特定種)をある程度捕るのは妥当だと思います。特に食糧難になった時には、海洋国家の日本が巨大な鯨を食料とすることは効果的で良いと思います。
欧米メディアは中国、南北朝鮮が日本の領海内外でやっている魚やイカの乱獲は無視し、日本の捕鯨をやたらと攻撃します。
ニューヨークタイムズ紙は鯨の虐殺を止めろと日本に言うなら、アメリカで日常的に行われている家畜の虐待、虐殺を止めろと言うべきです。しかしそんなことは一切言いません。なぜなら、これらの全てが利権で繋がっているからです。
日本には鯨に感謝したり供養するために建てられた鯨墓があるほどです。
家畜も鯨も同じ生き物です。家畜は大切に飼育し食用肉になってくれる牛、豚、鶏に感謝するのが日本の習わしです。家畜を飼育している日本の畜産農家はアメリカなどの農家とは違い虐待は一切していないはずです。むしろ大切に飼育している農家がほとんどでしょう。
こちらのビデオは閲覧注意ですが、フロリダ州の家畜農家で牛たちを虐待している様子が映されています。牛たちは毎日のように先端がとがっている棒や先端にナイフが付いている棒で突かれたり、叩かれたりして血を流しながら痛みに耐えている様子が分かります。本当に可哀そうです。

<家畜に対する虐待が横行 アメリカ編>
https://www.youtube.com/watch?v=wUBYCE3T4Ss

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<>
http://news.livedoor.com/article/detail/15862912/

 
 【ニューヨーク=上塚真由】米紙ニューヨーク・タイムズが社説で日本の国際捕鯨委員会(IWC)脱退を批判したことを受け、外務省は11日、「日本はクジラの保護に献身的だ」と反論する寄稿を同紙電子版に掲載した。

 寄稿は大菅岳史外務報道官名義で、同紙の社説が「重要な事実に言及していない」と指摘し、日本は国際法に完全に基づいて行動していると強調。捕鯨は何世紀にもわたる日本文化の一部であり、日本の文化的遺産や産業保護への関心を軽視することは「不快だ」と懸念をあらわにした。

 同紙は12月31日に電子版で「日本はクジラの虐殺をやめよ」との社説を掲載。日本がIWCの脱退を決めたことに「危険で愚かな動き」と指摘し、「国家主義的な政治家の策略にすぎない」と批判していた。

Amazonライブリンク
記事検索
プロフィール

mom

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ