(文字のサイズが調整できません。すみません。)

様々な人物から極秘情報を聞き出し世界中に拡散する先駆者の(プロジェクト・キャメロットの)ケリー・キャシディさんのインタビューでは思いもよらぬ情報が満載です。以下のインタビューでは月に関してとアメリカの3人の大統領に関しての情報が暴露されました。
以前から月は天体ではなく宇宙船だということや月には非常に多くの人間?やエイリアンが住んでいると聴いていました。以下の内部告発者によると、月はドラコやレプティリアンの実験場だそうです。何を実験しているのでしょうか。宇宙船で地球上の人間を拉致し人体実験をしているのも彼等なのでしょうか。
彼等は地球を乗っ取る準備をしているのでしょうね。太古の昔、ドラコやレプティリアンは地球から一端追放されたと聴いていますが、もし彼等が地球を再び奪いとることができれば、人間を家畜のように扱い、食料として食べたり、奴隷にして働かせることができます。
ドラコやレプティリアンが地球を完全に支配する(NWOの体制)には、アメリカなどの大国の大統領はレプティリアンでなければならないのでしょう。トランプはレプティリアンでないため、彼等はトランプをホワイトハウスから追放しようとしているのでしょうね。
イルミナティやフリーメーソンの内部闘争はある意味、レプティリアン(エイリアン)対人間だったりして。。。

https://beforeitsnews.com/v3/alternative/2019/3671439.html
(概要)
3月20日付け



 (概要)
プロジェクト・キャメロットのインタビューを受けた元米軍関係者及び航空宇宙会社の元シンクタンク(ウィリアム・トンプキンズ氏)曰く:
(トンプキンズ氏はエイリアンと秘密宇宙プログラムに関する極秘情報にアクセスすることが許されていました。)
我々が月に到達したときには、既にドラコ(ドラコニアン)とレプティリアンが月にいたのです。
月面着陸前にアメリカは無人探査機を打ち上げ月の周りを調査していましたから、月の裏側がどうなっているのかや月にドラコやレプティリアンがいることなど人々が知らないことを我々は知っていました。
我々が見ている月は本当の月ではありませんし我々(地球)の月でもないのです。月は天体ではありません。月はドラコやレプティリアンの実験場なのです。
宇宙飛行士のアームストロングが月面で次の光景を目撃しました。
月面の噴火口(複数)の傍に数百もの宇宙船が月面から少し浮いた状態で停泊しており、それらの宇宙船の真下の噴火口上に身長が3m近くもあるレプティリアンらが並んで立っていました。
ドラコやレプティリアンはトカゲやワニのような姿をしており恐ろしい顔をしています。しかし彼等は人間に変身することができます。
地球上にも人間の姿に変身したレプティリアンがいます。
アメリカの大統領のうち、3人はレプティリアンです。パパブッシュ、ビル・クリントン、オバマがそうです。彼等は本当の姿を隠しルックスのよい人間に化けることができます。トランプはレプティリアンではありません。
トランプは人々が思っている以上にこれらの事実を知っています。
フェイクニュースの主要メディアやハリウッドの邪悪な連中がトランプを攻撃し破壊したくて仕方ない理由がこれなのです。彼等はレプティリアンでない大統領が許せないのです。


 (概要)
2012年のAIPACアメリカ・イスラエル公共問題委員会(シオニスト・カバラのイベント)にてオバマがスピーチを行っている時に、奇妙な人物が会場にて護衛を務めていたのです。多分、この人物はホワイトハウス或はイスラエル政府のシークレットサービスだと思われます。
(0:36~)この画面下中央に映っている人物がそうです。この人物は最初はごく普通の黒人のシークレットサービスに見えましたが、その後、頭部や顔そして動作が非人間的であることが分かりました。しかし照明が暗かったために彼の異様な姿に誰も気が付かなかったのです。
しかしイスラエルのテレビ局がニュースを報道している時に彼のシェイプシフトした後の姿が映ってしまいました。
(1:31~)それがこちらです。彼の横顔が明かに非人間的です。耳、鼻、口、顎が人間のものではなくなっているのです。

ウィリアム・トンプキンズ氏のインタビューの全容