バッドワイザーのBud Lightというビールがあるそうですが・・・
私は酒類を飲まないので日本で入手できるのかどうかはわかりませんが、例え店で売られていてもこんなビール会社のビールなど買いたくないですね。
何しろ、米国のBud LightのTVコマーシャルは、ルシファーが地球を乗っ取ってルシファーの種族が人間を奴隷として支配するNWO計画を伝えるモノだったことが分かったのですから。
ハリウッドでは悪魔崇拝イルミナティの計画を伝える映画が度々制作されていますが、今回は、フーバー・ダムを破壊する計画がコマーシャルを通して伝えられています。
聖書は時の支配者(悪魔崇拝者)によって作成された脚本であると言われています。今、聖書の予言書の通りのことが起きているとするなら、彼等は聖書の脚本通りに実行しているということです。
フーバー・ダムが核攻撃されるとするなら、9.11の再来であり、それにより大きな戦争や内戦が勃発しかねませんから、そうなってはなりませんね。

Bud Light(バッドワイザーのビール)のコマーシャルでもそうですが、様々なメディアがフーバー・ダムの崩壊について大々的に報道しました。
そしてBud Lightのコマーシャルが何を意味しているのかを解読しました。

FEATURED VIDEO: ANOTHER NUKE TELEGRAPH!!!

Bud Lightのコマーシャルの中で、Bud Light党の議員として演説しているのは俳優のマイケル・ペーニャです。彼は、2006年に制作されたWorld Trade Center(世界貿易センター)という映画に出演し俳優としてのキャリアをスタートさせました。

このコマーシャルのオープニング・シーンでマイケル・ペーニャは、「Bud Light党は”Change”を信じる。」と宣言しています。
コマーシャルでは、大量のBud Lightがあちこちに置かれていましたが、それらがまるで爆発物かのように見せています。世界貿易センターが爆破された後、全てが変わったのです。

バラク・オバマの大統領選キャンペーンでのスローガンは、「我々が信じるものはChangeだ。」でした。

Bud Lightのコマーシャルの映像も変わっていき、フーバー・ダムが上空から特殊なアングルで映され、次に世界滅亡を表す日時計が映されました。そして再びマイケル・ペーニャが登場し「Bud Light党はChangeを信じる。Bud Lightが真新しく見えるのはそのためだ。」と言っています。

次にBud Lightのコマーシャルは、ロサンゼルス・ドジャーズの野球場を上空から映します。野球場の形はどれも背にひし形の模様があるコブラ(ヘビ)の形をしています。なぜBud Lightのコマーシャルに野球場を使ったかというと、ヘビ(サタン=悪魔)がBud Lightのコマーシャルで流すメッセージをコントロールしているということを伝えたかったからです。

ドジャーズの試合で初球(ストライク)を投げていたのがマイケル・ペーニャです。

彼がストライクを投げた後に画面が切り替わり、Bud Lightを輸送している大型トラックが現れました。そのトラックの形が核弾道ミサイルに良く似ています。つまりストライクと核弾道ミサイルを合わせると、核ミサイルの攻撃ということになります。
マイケル・ペーニャが投げたストライクをキャッチしたドジャーズのキャッチャーはナンバー「25」のユニフォームを着ています。また、キャッチャーの背後にいたドジャーズの選手はナンバー「34」のユニフォームを着ています。


 

25という数は、聖書では「光あれ」‘Let there be light’のLet there beと組み合わさっています。
25=5x5は卓越した強さ、完璧な明瞭さを意味します。

5x5が無線で使われるときは、大きな声で明瞭に伝える、という意味があります。

34という数は25と似たような意味があり、区別と分析を表します。つまり、人々や物事を注意深く観察し霊的叡智を生かし経験を通じて学ぶことにより世俗的な成功を収めるということです。

これがBud Lightのコマーシャルが発しているメッセージです。

次のコマーシャル・シーンでは、マイケル・ペーニャが船の上で大きなボタンを押しています。すると大量のBud Lightが入った巨大ネットがデッキに落下しました。これは、核ミサイルのボタンを押して核ミサイルを発射するということを意味しています。

次に、マイケル・ペーニャは持っていたBud Lightを大統領のデスクにバシッと置くと、轟音が鳴り始めます。まるで核ミサイルが発射されたかのように。そして「今こそ、それを掲げよ」というキャッチフレーズが現れます。

横断幕を掲げるということは勝利を示します。このコマーシャルの最初にBud Light党という横断幕が現れ「今こそ、それを掲げよ」というキャッチフレーズが流れます。

「ルシファー」は光をもたらすもの、光を運ぶものという意味があります。

コマーシャルのメッセージは明確です。つまり、今まさに、ルシファーが横断幕を掲げながら勝利を宣言しているということです。ルシファーは、彼の描いたNWOを地上に生じさせるために、核ミサイルの攻撃とフーバー・ダムの破壊を計画していることを伝えているのです。

FEATURED VIDEO: THE END IS COMING!!!!

 


Bud Light Ian Up For Whatever Film Super Bowl Commercial DECODED

ここでは、ペギー・ワッツや数人の若い独身女性らと一緒にリムジンに乗っている時に飲むにはBUD LIGHTは完璧なビールであると伝えています。そして主人公は、ミンカ・ケリーのスタイルで、会ったばかりのドン・チードル、ラマ、双子(女性)と共にパーティに連れていかれます。しかしパーティ会場ではシュワルツネッガーと一回勝負の卓球の試合をすることになります。そして試合に負けた主人公のペーニャはワンリパブリックと共にステージに立ちます。

奇妙にもアーノルド・シュワルツネッガー、ドン・チードル、ラマ、双子をBud Lightのコマーシャルに起用しています。しかしその意味がやっと分かりました。

FEATURED VIDEO: Let’s see WHAT a JOKE ((((THEY)))) ARE !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!  

以下のコマーシャル・シーンでは、ケリー(女性)がイアン(男性)と握手をしながらあいさつをしますが、彼等の手はテーブルに置いてあるろうそくの灯りと同じ位置です。ケリーはBud Lightの運搬人であり、ルシファーもまたLight(光)の運搬人でありイブを騙しました。

コマーシャルのオープニング・シーンで、ケリーはルシファーに騙されたイブを演じています。そしてケリーはイアンに「これをあなたにあげたなら、次に何が起きてもいいでしょ?」と尋ねながらイアンにBud Lightを手渡そうとしました。コマーシャルではイアンはケリーからBud Lightをもらいました。聖書の通り、イブがアダムにフルーツを与え、イブはアダムの種を宿したのです。

中略

中略

その後、イアンは赤いリムジンに乗って若い独身女性のパーティ会場にゲストとして向かいました。イアンはホテルに入ると、彼と同じ格好をしたドン・チードルに遭遇しました。イアンはイアンの双子を表しています。つまり黒人と白人の双子です。以下のシーンではエレベーターの中に青いドレスを着た双子がいます。


ドン・チードルは白いラマ(名前はリリー)を連れています。インカではラマは生贄として使われていました。ラマの名前のリリーは、純粋無垢という意味があります。

次に、パーティでは誰もが双子を同伴していました。このコマーシャルでは双子が強調されています。
カインが双子の弟のアベルを殺害してから、エデンの園には悪と善のツイン・システムが出来上がったとされます。

このコマーシャルではイアンは悪魔に操られた俳優であり、純粋無垢なイアンがラマのリリーと同じように生贄であることを表しています。

コマーシャルの最後のシーンではシュワルツネッガーとの一回勝負の卓球試合が行われますが、これはフーバー・ダムを破壊することを示唆しています。卓球台の形はフーバーダムにかかる橋の形状と同じです。

コマーシャルの最後のシーンでは、イアン、シュワルツネッガ―の背後の壁が崩落し群衆が騒ぎ出します。これはフーバー・ダムの決壊を意味しています。

フーバー・ダムは水が流れ出るところにあり、新たな種族の霊的な誕生を意味します。そして罪のない人間は核攻撃で生贄になります。その後、NWOが誕生します。

 


Bud Light ‘The Bud Light Party’ Super Bowl Commercial DECODED

Bud  Light党の議員はセス・ローゲンとエイミー・シュマーが演じていますが、Bud Light党はルシファー党であり米国に対する核攻撃計画と新種族の誕生を意味しています。

FEATURED VIDEO: Lucifer’s Party TELEGRAPHING New Race & Nukes

Bud Lightのようなブランド製品のプロモ―ションにはブランド・ロゴがコマーシャルの中に常に登場しています。

コマーシャルの中で最初に注目すべき点は、白いホワイトハウスの旗であり、Bud Lightのロゴの上に折り重なってロゴを見えなくしています。白い旗は降伏に使われ、ホワイトハウスを降伏させるという意味があります。

エイミー・シュマーが、「国民の皆さん、我々の国は分裂国家だと彼等は言っています。」と発表しますが、まさに米国は分裂しています。聖書でもキリストが分裂国家は必ず荒廃すると言ったと記してあります。



ルシファーはBud Lightのコマーシャルを通してルシファーの計画を伝えています。

コマーシャルの会話の中に登場したポール・ラッドは、米国の内戦に関する映画を制作しました。暗号的に、彼等は内戦を勃発させることに同意しています。内戦とは、神の子たち(主なる神が内在する人間)とルシファーの子たちの霊的戦争です。

彼等は、人間と戦い生き続けると宣言しています。キリストから独立できる日を祝うと言っています。

つまり、キリスト或は主なる神に管理された状態から自由になるということです。彼等はキリストの霊が存在しない世界を作り出すために戦うと言っています。


エイミー・シュマーは「米国は光を見た。」と言います。まさにルシファーは光の運搬人なのです。彼等は暗号を用いてTVコマーシャルでルシファーの計画を伝えています。ワシントンのモニュメントは男根の貫通と、地球に落ちたルシファーの種族がキリストから完全に独立したNWOを完成しようとしていることを伝えています。
Bud Lightのコマーシャルはどれも、カオスの中からサタン(悪魔)の政府が支配するNWOを作り上げる計画を伝えるものです。つまり、フーバー・ダムを破壊してカオスにし、サタンの新種族が人間を敵対的に乗っ取るのです。殆どの人々が完全に眠ったままであり、霊的戦争が起きていることをTVでも知らせているのにそれに全く気が付いていません。