※時々、突然、文字が拡大されてしまい修正が効きません。すみません。
どうやらイルミはイラン戦争を10月に勃発させる予定のようです。イランの軍事力は非常に強く、イランを攻撃すれば世界戦争になりかねない危険性がありそうです。サウジもイラン戦争を始めたくて仕方ないようです。イランを破壊すればサウジがイスラエルと共に中東を支配できるからでしょうか?
まあ、イルミの最終目的は第三次世界大戦ですから、イラン戦争を予定通り10月に勃発させることができれば彼らの目標は達成されるのでしょう。
ただし、このような情報が拡散されれば米国民はイラン戦争に反対しますから戦争は起きないでしょう。
本当にイラン戦争が起こるかどうかはわかりませんが。

https://beforeitsnews.com/v3/alternative/2019/3685071.html
(概要)
5月29日付け

しかしイラン戦争は完全に偽旗です。 これは何年も前から計画されてきたものです。イランからの脅威は全くありません。


イラン戦争は今年10月に計画されています。そのため、彼らは今後イラン戦争に対する支持を得るためのプロパガンダを盛大に行います。

ホワイトハウスの関係者によると、イラン戦争は勃発します。しかしイラン戦争が勃発すると、イランの軍事力は強大であり第三次世界大戦に発展する恐れがあります。

大衆は眠ったままです。彼らは誰もそれを阻止できないことを知っています。
そしてこの夏にはイラン戦争へ向けて国民の感情を煽るためにプロディクティブ・プログラミング(予言的プログラミング)を強化するでしょう。

https://beforeitsnews.com/v3/alternative/2019/3685185.html  
(一部)
5月30日付け

木曜日、サウジアラビアの外相は、57ヵ国が加盟しているイスラム協力機構の外相準備会議(サウジアラビアのメッカで開催されるサミットの準備会議)の中で、加盟国(イスラム諸国)に対して、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)がペルシャ湾付近で起きた船舶への攻撃の背後にイランがいることは「ほぼ確実だ」と述べたことを受けて、あらゆる手段(武力も含め)でイランに断固立ち向かうべきであると訴えました。

サウジアラビアはライバル国のイランとの緊張激化によりサミットの準備会議にて、サルマン王はイランに対抗するためにすぐに中東諸国のリーダーらをメッカに召集させ統一戦線を結成させることができると伝えました。