レバノンの反政府デモが拡大しているようです。
ゴーンはレバノンでも有力政治家をカネで釣れば何をやっても気ままに優雅に暮らせると思ったのだとしたらかなり甘いですね。ゴーンが不法占拠しているレバノンの日産所有の豪邸をデモ隊が放火してしまうこともあり得ます。ゴーンはレバノンでも命が危なくなっています。
日本から逃亡せずに裁判で有罪になれば、刑務所で安心して過ごせたのに。。。残念ですね。

https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_603274/   
(転載)
ゴーン被告に国外追放&暗殺の可能性 レバノン反政府デモ拡大で

2020年1月23日 9時26分

写真  → 「ゴーン」の画像検索結果
(レバノンに逃亡後に高笑い)        (レバノンも危険だった!)
                                                                       

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の逃亡先レバノンで、大規模な反政府デモが続いている。首都ベイルートでは18、19日、デモ隊と治安部隊が衝突。2日間の負傷者は490人を超え、昨年10月に反政府デモが始まって以来、最悪の衝突となった。レバノン政府に“庇護”されているゴーン被告も安泰ではなくなってきた。

 レバノンは、2011年からシリア内戦の影響で経済低迷が続く。10年前、年8~9%だった経済成長率はここ数年、1~2%で推移。19年はゼロ成長だった。インフラ整備が遅れ、停電は日常茶飯。35歳未満の失業率は37%に上る。庶民は苦しい生活を強いられる一方、政治腐敗が蔓延し、支配層は特権を享受している。

■特権階級に不満爆発

 こうした支配層への不満が爆発し、デモは若者を中心に、政治信条や宗派を超えて、自然発生的に広がっているのだ。レバノン政府が増税撤回や閣僚・議員給与半減を打ち出し、首相が辞任表明しても、デモは収まらない。政権はかなり追い詰められている。

 現代イスラム研究センター理事長の宮田律氏が言う。

「政権交代が実現しない限り、デモは簡単に収まらないでしょう。政権交代があった場合、新政権下でゴーン被告がそのまま“庇護”されるとは考えにくい。デモの参加者はゴーン被告について、私腹を肥やし、日本から逃亡したのに、特権階級だから、特別に庇護されているとみているからです。ゴーン被告は、デモのターゲットとなっている支配層の象徴のようになっている。ゴーン被告を国外追放したり日本へ送還しなければ、レバノン国民は黙っていないでしょう」

 この先、デモが過激化するとゴーン被告の命が危険にさらされる可能性もある。

「デモ隊の一部が暴徒化して、ゴーン被告が住んでいる富裕層のエリアを襲撃するかもしれない。その際、知名度抜群のゴーン被告がターゲットにされる可能性は否定できません」(宮田律氏)

 レバノン情勢から目が離せない。