中国とずぶずぶのバイデン犯罪一家、習近平、大岐山などのスキャンダルを反対勢力の江沢民派が米政府にリークしたもようです。かなり詳細に伝えられているようです。
江沢民派は習近平を失脚させたくて仕方ないようです。そうしないと自分たちの命が危ないですから。ただ、たとえ、習近平が失脚しても、江沢民派が中国を統治するようでは問題の解決にはなりません。中国共産党が潰れないと世界は安心できません。

メイカさんによると;

・江沢民派 対 習近平+大岐山派の内部闘争が激化。江沢民派は習近平と大岐山派の様々な秘密情報をDVDに収録し、国の司法省、人権団体のトップ、トランプに送った。
DVDには、習近平や大岐山の米国内の銀行口座の詳細、彼らの愛人や子供の居場所が収録されている。
また、ジョー・バイデンとバイデンの次男に関する秘密情報もDVDに収録されている。つまり、バイデンの息子は中国政府(習近平や大岐山もいた)に45億ドルを払って、中国で中国人、ウクライナ人、カザフスタン人の女性や子供と性的行為をするための契約を交わしたことを暴露。そして、DVDにはバイデンの息子が女性或いは子供と遊んでいるときの映像や声が収録されている。またDVDには、武漢肺炎の開発に関する詳細、人民解放軍の誰がこのウイルスを作ったかなどの詳細が収録されている。これらのDVDが米政府の手に渡った。これから、江沢民派と習近平+大岐山派の内部闘争が益々激しくなる。そろそろトランプは中国の親米派の江沢民派と交渉するかも。内部闘争の中、江沢民派はトランプを支持すると宣言した。彼らは早くトランプに習近平を潰してもらいたいと考えている。。トランプが習近平を潰すことに協力する。すぐに潰さないと江沢民派は殺害されるため。中国は、多くの種類の生物兵器を作ったが、いつそれらを撒くかわからない。
・ポンぺオ国務長官によると、米政府は、米国の中国人民解放軍の平和統一ソウシンカイ?と米中友好協会を徹底的に調査中。日本にも他の国にもこの2つの組織があるが、どちらも中共のスパイ組織である。
また、ポンぺオ国務長官によると、武漢肺炎によって187カ国で多くの被害者が発生している。特に欧米諸国では感染者、死者が非常に多い。そのため、米政府は、習近平に対して2つの罪名を与えた。1つは反人類罪、もう1つは人種絶滅罪。この2つの罪名を1つにした上で、米政府は習近平を国際裁判にかける。人民解放軍のトップも国際裁判にかける。米政府は本格的に彼らの責任を追及する。
・昨日午後、広東省広東市のファーウェイ本社の研究所で火災が発生。建物全体が炎上、3人の死者。15万平方メートルの敷地があるが、中国政府は98,000人民元で本社の建屋を建てた。そこで3万人の研究者が働いている。
・国連の安保理理事会で、米国連大使はスピーチの中で、世界中に広がってしまった武漢肺炎について中国を非難していたが、その途端に中国の国連大使がそのスピーチを遮り、武漢肺炎の責任は米国にあると激しく反論した。中国人は全く礼儀がない。スピーチを妨害するなど中国人しかやらない。
世界中、誰でも武漢の研究所で作ったウイルスだと言うことを知っているのに。
・10月26日から11月5日まで、日米両国の大規模軍事演習をする。自衛隊3万7千人が参加、カナダ軍も参加。170機の戦闘機、軍艦も使う。

https://www.youtube.com/watch?v=2MACpZfOXQY

反習近平派が猛反撃!バイデン次男のスキャンダル・米司法部に/米・習近平を反人類罪で国際裁判へ!/10月・日米で史上最大規模の軍事演習、自衛隊員3万7000人が参加

                                 ↓

こちらもどうぞ:
https://www.youtube.com/watch?v=i9p3z6gus8o

【『台湾に中国を統一させる』中国が恐れる米国の隠れた思惑】中国共産党が最も恐れていた事態が進行している!「米国の支援を受けた台湾が中国を統一する」焦燥する習近平をアメリカが更に追い詰める。

中国は台湾を統一すると言っているが、民主主義の台湾が中国を平定すれば全てが解決する!
という構想があるそうです。混乱する中国について台湾に任せればよいですね。台湾が中国を統治すれば中国が民主主義になる。ということでしょう。

・・・・しかし中国は国土が広すぎますし格差が大きすぎますから、やはり、最終的には中国は複数の民主国に分裂させるべきと思いますが。。。