残念ながら、バイデン側に偽就任式を行わせ世界中に放送されてしまいました。この就任式がたとえバーチャルで録画であってもメディアに流されてしまったのです。
トランプはもはや大統領ではないため12時間以内に主要メディアの放送を禁止することはできないのではないでしょうか。
たぶん、トランプ陣営の計画はスムーズにいかなかったのでしょう。何しろ回りは敵ばかりですから。ディープステートはそう簡単にはなくなりませんから。
もしスケジュール通りにスムーズにいっていたなら、バイデンに偽就任式などさせなかったでしょう。
バイデンは中共のやり方と同じように世界に向けて既成事実を作ってしまいましたのでこれを今すぐひっくり返すのは難しいでしょう。
バイデンは偽就任式直後から、トランプ側の反撃が始まる前に、大統領として速攻で今までのトランプの政策をひっくり返し大統領令でトランプ支持者らを粛正するのではないかと心配しています。
米国はイギリスの支配層やディープステートの領土であり、彼らが作った法制度の下に運営されています。このような制度の下で保守派が法的手順に従って戦っても全て潰されてしまうのでしょう。何しろ、連邦最高裁まで腐敗しているのですから。
また、米軍トップがトランプ側に協力的ではなかったのかもしれませんしね。ワシントンDCに数万人の兵士が配置されましたが、そのおかげで平和裏にバイデンの偽就任式ができました。
偽就任式の前にバイデンとハリスを逮捕できなかったのはなぜでしょうか?まだ、軍事裁判の準備ができていないなら、大量逮捕も難しいでしょう。
米国のオルターナティブ・メディアの記事も、トランプは敗北、ディープステートの秘密のクーデターが成功したなどと書いています。またリン・ウッド弁護士は黄色いフリンジの付いた米国国旗の写真をUPしたそうです。今日のオルターナティブ・メディアの記事はあまりにもネガティブなため今日はご紹介するのは止めます。
以下のkojiさんの動画よると、テキサス州がバイデンを提訴するそうですが、連邦最高裁があれほど腐っているのですから、すぐに却下されそうです。まずはロバーツ主席判事が辞めないと。。。
バイデン偽大統領は自分が不正選挙で大統領になったことを国内外の多くの人々が知っていることを知っています。ですから、バイデンは速攻でトランプ支持者らの粛清、FEMAキャンプ送りをするでしょう。中共がいとも簡単に中国を乗っ取り独裁支配しましたが、バイデン偽大統領は習近平と同じようなことを米国で始めるでしょう。tたとえバイデンがすぐに失脚してもカマラ・ハリスが逮捕されないと、彼女が大統領に就任し、その勢いが増すかもしれません。

2年後の中間選挙までトランプは待てるのでしょうか。このままだらだらと民主党政権を野放しにしておけば、2年以内に米国に共産主義独裁NWO国家が誕生してしまいます。ただしその前にテキサス州や他の州が次々にNWOから逃げるために独立してしまうかもしれません。

今月中にトランプ側の緊急放送も大量逮捕も何も起きなければ、トランプはUSAを手放したということであり、保守派が州単位で政治活動や独立運動を開始するのかもしれませんね。
ワシントンDCからの伝言では、彼らはかなり自信に満ちていましたが、やはりスケジュール通りにはいかなかったのですね。

私は一応、今月末まで様子をみることにします。そのうち、真相がわかるでしょう。
あと数日後に緊急放送が始まるかもしれませんし。
その間、売国奴の菅政権は中共とバイデンと組んで勢いをつけるでしょうね。そして国体を破壊し国民の生活を苦しめる政策をどんどん実行するでしょう。これは警戒すべきです。

KoJi,s DeepMaxさんの分析:
(3) テキサス州バイ○ン提訴へ!トラ○プ大逆転のシナリオ!民主党分裂.共和党崩壊!トラ○プ愛国党一党独裁へ!自由主義国家アメリカ復活への道! - YouTube

                                ↓

(3) 米国/リン○ッド氏が「あの2人の裏切り者」が犯した具値的な悪行暴露!正直ほぼ諦めてる…でも、「この言葉」信じてあと数日間は見守る■文化人スタッフ厳選注目・22時15分のニュース#146 @文化人放送局 - YouTube

                                ↓

(3) チームトランプ最新情報 チームトランプ テレグラム情報 - YouTube

トランプ:近いうちにまた会いましょう!

※この後も新しい情報が入りましたがこちらにご紹介します。