最近、アフリカ・プレートの動きに関する記事を見かけるようになりました。ギリシャで地震が発生したのもアフリカ・プレートの動きが原因のようです。
同時に上空では不思議な形の雲が現れています。
数日前、スイス・アルプス上空にリング状の雲が出現したようです。以前にもこのような雲の画像を見たことがありますが、原因ははっきり特定されていないようですが、以下の記事では、地震雲と地球のぐらつきによる相互作用でこのようなリング状の雲ができるのではないかと伝えています。
やはり地球はポールシフトが進行中でぐらついているようです。

Africa drop - Earth Changes and the Pole Shift (ning.com)
(概要)
3月18日付け
3月13日にスイスのバーネーズ・アルプスのアイガー山(標高3967m)上空に複数の白いリング状の雲が出現しました。それらはUFOなのか軍用機の飛行機雲なのか、それとも自然現象なのかはわかりませんが、それぞれが空に穴をあけたような雲の形をしていました。

MeteoNewsの専門家らは、このような現象は人工的に作り出されたものであり、軍用機が飛んだ後にできる飛行機雲ではないかと伝えています。飛行機雲は凝縮された水粒子か微小の氷晶からできています。つまりこれらは単に水蒸気です。
 http://poleshift.ning.com/profiles/blogs/hole-clouds

一方、別の見方として:
ユーラシア・プレートが地中海上で引っ張られおり、アフリカ・プレートの上部がギリシャを押しています。現在、ジブラルタル東部の国境沿いが押されて裂けます。そして間もなくアフリカ・プレートは落ち込み横揺れを発生させています。
同時に、圧力がかかった場所の上空には地震雲(線状の雲)が発生し、山の岩からの排出物に作用します。強い西風とジェット気流が排出物と線状の雲をアルプス上空へと押し上げます。
毎日、地球がぐらついているため大気が不安定になっています。その結果、これらの排出物と線状の雲は穴のような形状(未完成トルネードと呼んでいる)に変化していきます。以下の写真でもわかる通り、雲の穴の周りには筋状の雲が連なっています。
アフリカ・プレートの横揺れが継続する中で、地中海沿いでは多くの異常現象が発生するでしょう。
つい最近、ギリシャで地震が発生しましたが、今度はアルジェリアで地震が発生しています。さらに、クロアチアでは突然、地面が陥没し大きな穴が開くという災害に見舞われました。
アフリカ・プレートが落ち込みプレートの境目が引っ張られて隙間ができるため、海水がリバウンドし海岸線に津波を発生させます。プレートの境目は地面を支えることができず、プレートの境目上にある街は沈没します。アフリカ・プレートが落ち込むと、シナイ半島を引き込みます。その結果、イスラエルとエジプト間の移動ができなくなります。さらに紅海の船の交易もできなくなります。しかしアフリカ・プレートが落ち込んだ後に紅海が拡大しますがら交易がしやすくなります。

ガラスのことなら何でもわかる! GLASS TOWN ~ガラス タウン~ 地球上 ...


Mysterious cloud circles appear over Swiss Alps in pictures - Strange Sounds

3月10日にスイス・アルプス上空にできた雲の穴

mysterious cloud circles over Swiss Alps, mysterious cloud circles over Swiss Alps pictures, mysterious cloud circles over Swiss Alps photo, mysterious cloud circles over Swiss Alps march 2021