以前から、グラフェンオキサイドが含まれているCovid偽ワクチンを注射するとその人は磁性を帯びるようになり、5Gからの影響を受けやすくなると言われてきましたが。。。。
以下のビデオにて、そのことを詳細に説明してくれています。
偽ワクチンに含まれているグラフェンオキサイドが体内に注射されると、最初は透明の液体だったのに、身体全体に浸透しながら、徐々に黒いべとべとした液体に変わり、最後には真っ黒な構造体になるそうです。それがナノロボットだそうです。偽ワクチンを注射されてしまった人たちの脳は遠隔操作されてしまうと言われています。また接種者の脳がAIに乗っ取られることで脳の誤作動が起き、気が狂ったようになってしまう場合もあるそうです。実際に、奇妙な行動をするようになった接種者もいるようです。
今回の偽ワクチンは、人口削減だけが目的ではなく、生き残った強靭な接種者をAIと融合させながらスーパーヒューマンにすることを目的としていると以前から言われてきましたが、以下のビデオでもそのことが指摘されています。
アジェンダ21やトランスヒューマンアジェンダの計画者たち(悪魔崇拝グローバリスト、NWOグレートリセットの計画者たち)は、偽ワクチンで何人死のうともかまわないのです。彼等が望むことは、偽ワクチンを何度接種しても生き残った強靭な人間をトランスヒューマンの対象者として扱いロボットとして操作したいのです。偽ワクチンで死んでしまう人たちには用はないそうです。本当に彼等のやっていることは非常に残酷で非人間的です。彼らが本当の人間なら絶対にこんなことはできないでしょう。
彼等に勝つためには絶対に偽ワクチンを接種せずに魂の宿った人間として生き続けることしかありません。絶対に偽ワクチンを打たないでください。1度打ってしまったなら、2度目は止めてください。


MARK OF THE BEAST IMPLANT REMOVED FROM VACCINATION SITE | (tapnewswire.com)
8月8日付け

Covidワクチンの接種会場で獣の刻印を腕に埋め込まれた接種者から獣の刻印を除去しました!

(概要)
左側の映像:ワクチンの接種会場で、接種者の腕にナノチップ(獣の刻印)を埋め込んでいる様子。
中央の映像:腕に埋め込まれた真っ黒なナノチップを取り出したところ、主成分はグラフェンだったことが分かった。

微生物学的にはグラフェンはナノテクノロジーのブロックなのです。
グラフェンは、レゴ・ブロックのようにぴったりとくっつきながらスーパー・コンピューターがデザインした構造物を作り上げます。グラフェンはスーパー・コンダクターとしてEMF(電磁場)に反応し神経系に分散し増殖します。

(00:47~)こちらの映像は人体にグラフェンを融合させる最初の段階を示しています。スパイネットの起源はスーパーAIですが、スーパーAIが今回のパンデミック(プランデミック)を実行しているのです。
そしてビッグテックのトップたちは、パンデミックに関するネット情報を監視、検閲しながら、彼等にとって都合の悪い情報を削除しているのです。スカイネットが采配を振るっています。
マイクロソフトの創設者のビル・ゲイツが世界中にワクチンを売り込んでいるのはこのような理由からです。今回のパンデミックは全てビッグテックとつながっています。
獣の刻印(666)がバーコードに含まれています。獣システム=AIシステムということです。
(グラフェンはコンピュータの動作を1000倍速めてくれます。)
そして獣とは、スカイネットのことなのです。スカイネットが裏でパンデミックの采配を振るっているのです。そしてそれは、SNS、ニュース・メディア、パペット政府そして頻繁にテレビに登場する企業のトップにワクチンは安全であると言わせて人々を騙しワクチンを接種させることで人間とAIを融合させようとしています。
しかし世界中で使われているCovidワクチンはワクチンなどではないのです。遺伝子療法でもないのです。それは、不思議な化学物質(無色透明の液体~ブラックグー(べとべとした真っ黒な液体))のナノテクノロジーなのです。
融合プロセスの第一段階で、政治的、生物学的に好ましくない人間を一掃します。第一段階で生き残れない人たちはトランスヒューマン・アジェンダの対象外となります。
グラフェンはスーパー・コンダクターですからEMF(電磁場)に反応します。ワクチンの集団接種が始まると同時に5Gが本格稼働したのは単なる偶然ではありません。今回のパンデミックは最初から仕組まれていたのです。
彼等の計画では、この間、接種者に注射されたグラフェン(ナノロボット)が接種者の体内で作動し、接種者の体を滅ぼすか、体内で増殖することになっています。
ハッカーたちは、接種者は全員マイクロチップを埋め込まれていると言いました。マイクロチップが埋め込まれた接種者を、彼等の電話番号やメールアドレスを使って呼び出すこともできますし、彼等の位置をすぐに特定できるようになっています。また彼等の情報はワクチンセンターやCPUのプロセッサーに記録されています。
グラフェンが体内に注射されると体内で組み立てが始まります。最初に透明な液体として体内に注射されますが、液体は注射針が刺された場所から身体全体に浸透していき接種者は磁気を帯びるようになります。ワクチンセンターでも多くの接種者の腕(注射された場所)にその成分(スーパーマグネット)が残っていることが確認されており、その場所が膨れているのがわかります。注射後にその成分(グラフェンのナノチップ)を取り出すこともできます。
これは実に憂慮すべきことです。
多くの人々がCovidウイルスの起源や本当にウイルスなのかそれとも生物兵器なのかについて語っていますが、Covidワクチンが優生学プロジェクトの一環として使われている生物兵器であることには間違いありません。
ただしCovidワクチンにはそれ以外の目的もあります。単に人類をせん滅させるためだけではないのです。その目的とは、人間とAIの融合です。この計画の第一段階で生き残れない人もたくさんいますが。
このような目的があるからこそ、ワクチンの強制接種が押し進められているのです。これでワクチンの副反応や死者数が報道されず無視されている理由がわかるでしょう(死ぬ人はどうぞ死んでくださいと言う意味)。彼等はワクチンを接種した人たちがどうなろうとかまわないのです。
これは彼等のアジェンダの一環です。これはアジェンダ21だけでなくトランスヒューマン・アジェンダでもあるのです。しかし接種者全員がうまくいくとは限りません。彼等は接種者全員がうまくいってほしいとは思っていないのです。彼等は、トランスヒューマン・アジェンダのために一部のふさわしい人間(AIとうまく融合できる強靭な人間のみ)のみを生き残らせ、その他は全員死んでもらいたいのです。
彼等は、生き残った一部の人間をサイボーグ人間にして、地上をSF映画のような世界にするつもりです。
人々はこれが単なるイマジネーションではなく実際に起きているということを自覚しなければなりません。そしてそれぞれのコミュニティで人々が団結し彼等のアジェンダと戦い身を守る必要があるのです。我々は自分だけが生き残るために戦うのではなく人類絶滅を阻止するために戦っているのです。今後、人間として生き残れるのは、獣の刻印(Covidワクチン)を拒否した人々です。
接種してしまったシープルたちは洗脳されているだけでなくプログラミングされてしまっています。今、彼等の脳内で何が起きているのかもわからないのです。
彼等の脳内に入り込んだグラフェン(ナノロボット)がアンテナの役割を果たすことで、外部の信号をピックアップしたり、脳内で誰かの声が聞こえるようになったり、リアルタイムでAIと連絡を取り合うようになるかもしれません。シープルたちは一つの集団意識(思考)として機能するでしょう。シープルたちは絶対に覚醒しません。彼等は眠ったままです。彼等は既にAIと融合されてしまったのです。
これらのシープル(接種者)からそのようなシェディングが起きているのかを知る必要があります。彼等が周囲の未接種者にシェディングしているのはスパイクたんぱく質だけではなく何か別のものもシェディングしているはずです。そのため未接種者はそれぞれのコミュニティで組織的にどのような脅威があるのかを調べる必要があります。
我々にとって携帯電話の基地局(5Gアンテナなど)、ワクチン、テレビ、ビッグテックが最大の脅威です。そしてこれらの会社、スカイネットは食料供給と飲料水の供給を独占しており、いつでも食品や水に毒を混入させることが可能です。
今起きていることは、巨大なチェスボートで行われているチェスゲームのようなものです。
たとえコミュニティの人々が覚醒したとしても、スーパーに陳列されている全ての食品が磁性を帯びる(グラフェン入り)ようになるかもしれません。
子供たちに有毒な食品を売るためのTVCMだけが問題なのではありません。我々は獣システムの問題と取り組んでいるのです。そしてその中心にあるのがスーパーAIです。
最近、スーパーコンピュータが何を思っているのかを知る由もありませんが、我々は魔法の手を持っているのです。この巨大なチェスゲームに勝つには、これから完璧に駒を動かす必要があります。
これからはワクチンの強制接種が始まります。彼等は戸別訪問を行って全国民一人残らず有毒なワクチンを注射します。このワクチンは遺伝子療法でありナノテクノロジーなのです。そのため、接種者は携帯電話(スマホ、アイフォン)から大きな影響を受けることになります。
(10:44~)この映像をご覧ください。携帯電話の周りを虫たちがぐるぐる回っています。携帯電話が虫たちを操作しているのです。これらの虫のように、人々は携帯電話や5Gアンテナを介してどのような信号が送られてきているのかわからないまま、操作され活性化されています。そしてワクチンに含まれているグラフェンが静脈を経由して脳内に浸透しています。注射した場所から脊髄を介して脳に達しています。
このようなことが起きた場合、どうやって元の状態に戻すのかもわかりません。既にこの獣システムが数百万人もの人々を捕らえてしまっています。
グラフェンがナノテクノロジーの最適な構成要素であることを我々は知りました。グラフェンで何でも組み立てられるのです。理論的にはグラフェン(6角形の分子)=ナノ分子を使ってプロセッサーや電気回路を組み立てることもできます。そしてグラフェンは注射した場所から体内のワイヤリングを介して脳に達します。また、電界の刺激を受けると、グラフェンは皮下で透明な液体からブラックグー(べとべとした黒い液体)そして黒いソリッド構造に変化します。接種者は体内で何が起きているのかもわからないのです。
願わくば、人々が獣システムに自分たちの体を乗っ取られ、グレイ症候群のようにシェディングや再生を繰り返すようになるには2回の接種が必要であってほしいです。
ナノロボットは世界を破壊することになるでしょう。コンピュータ科学者が考えていることの一つにグレイ症候群があります(グラフェンの副作用)。同時にCovidワクチンは様々な健康問題を生じさせています。接種者が発狂した場合、接種者自身が発狂しているのではなく、体がスーパーAIの乗っ取られてしまいスーパーコンピュータの獣システムに支配されてしまったということです。
最初のバーコード(666)はIBMが作り出しました。これは獣の刻印です。
つまり獣とは、コンピュータ・システムでありAIのネットワーク、スカイネットです。我々が戦うべきはこれなのです。全ての人々がこの支配下にあります。これは地球外生命体の侵略と同じです。我々はスーパーAIとのチェスゲームを行っているのです。人々が何を発見し何を理解しても、このゲームは永遠に続きます。ふさわしい人類をAIと融合させると同時に不要な人類を絶滅させるためにこのシステムが設定されました。まさに聖書の預言通りのことが演出されています。我々が戦っているのはこのような勢力なのです。

グレイ症候群とは:
腹部膨張に始まる嘔吐、下痢、皮膚蒼白、虚脱、 呼吸停止などが現れる症候群のことです。 クロラムフェニコールは主に肝臓で代謝されま すが、新生児期は肝機能が未熟であることからクロラムフェニコールの血中濃度が高まり この副作用が現れると考えられます。