以下のビデオは(たぶん)スペインの医師や科学者がパンデミックベイビーについて警告しているものです。日本政府も妊婦へのCovidワクチン接種を止めようとはしていませんね。マスコミも妊婦の接種を呼び掛けていました。イギリスや米国では昨年末から妊婦にもCovidワクチンの集団接種を始めました。もし私が若い女性で妊娠する可能性のある環境にいたなら、風邪薬も用心して飲まないくらい気を付けますね。ですからいくら政府が勧めているワクチンであっても絶対に接種しないでしょうね。パンデミックの恐怖報道に騙されてワクチンこそが救世主と思って接種してしまったのか、それとも、ワクチンの危険性については何も疑問に思わず安易にワクチンを接種してしまったのかどうかはわかりませんが、ワクチンを接種した女性から生まれた赤ちゃんにはどうやら異常がみられるようです。大切な一人の命を授かるのですから母体をどのような状態にしておくかは母親の責任です。
しかも異常な赤ちゃんが生まれてしまっても、ワクチンを打たせた政府も医療従事者もメディアも誰も責任を取りません。苦しむのは両親や家族のみです。今月から受胎前後にワクチンを接種してしまった母親から赤ちゃんが生まれてきています。そしてそれらの赤ちゃんには同じような染色体異常?或いは遺伝子異常?があるようです。ダウン症に似ているそうですが、ダウン症の子供たちは性格が良く平和的な子が多いと思いますが、果たして、パンデミック・ベイビーの場合はどうでしょうか。感情がなく何にも反応しない子供だったら本当に悲惨です。このような赤ちゃんに遺伝子異常がみられるのですから、やはりCovidワクチンは遺伝子療法のワクチンだということがわかります。接種者の遺伝子も変わってしまうと言われています。どの程度で変わるのは私にはわかりませんが、この先、どうなってしまうのか誰もわかりません。何かを飲んでデトックスすればスパイクたんぱくを体外に排出できるかもしれませんが、遺伝子が変わってしまったらどうしょうもありません。


Videos of the first babies being born 9 months after the Covid vaccine | (tapnewswire.com)
(ビデオ)
9月27日付け
 

Covidワクチンを接種して9カ月後に生まれてきた赤ちゃんの様子がおかしい!

(概要)
男性A曰く:
イギリスや米国で昨年12月から開始したワクチン・キャンペーンでCovidワクチンを接種した妊娠初期或いは身ごもる直前の女性が9カ月後に産んだ乳児の映像が公開されました。
これが助産婦が直面している現実です。この乳児の両親はどちらも酸化グラフェンが含まれているCovidワクチンを接種していました。
このワクチンは精子の運動性と精子形成及び脳の視床下部領域での女性のホルモン調節に影響を与えることがわかっていますが、これまでにもお話していた通り、このワクチンを接種すると不妊になりますから接種後に受胎して妊娠することはありません。しかし受胎時或いは妊娠初期の妊婦がこのワクチンを接種後に生まれてきた新生児の様子がどうみても正常とは言えません。IQが低い知能障害であるかのように見えます。ダウン症に似ていますが、タウン症と平均的なIQの間くらいでしょう。しかし外見はダウン症の赤ちゃんのように見えます。
これまでに複数の助産婦が10人以上の新生児にこのような症状がみられると報告しています。
この後、皆さんにある映像(英語)をお見せします。この映像には両親がワクチンを接種した後に生まれた新生児が映っています。衝撃的な映像ですが、助産婦がこの新生児について語っています。2020年末から妊婦がワクチンを接種しています。

男性B曰く:
Covidワクチンは妊婦が接種しても安全であるとする考え方は何を根拠にしているのでしょうか。我々には理解できません。
イギリスでは昨年12月27日から妊娠している可能性のある女性(或いは妊娠初期の妊婦)にもCovidワクチンの接種を開始しました。その時からイギリスでは全国民を対象に集団接種が始まったのです。
女性がワクチン接種直後に妊娠したならどうなるかを想像してみてください。
丁度、今頃(9月に)、その時に身ごもった女性が赤ちゃんを出産しています。
この9カ月間、「彼等」は妊婦がワクチンを接種しても安全だと言い続けてきましたが、何を根拠にそんなことが言えるのでしょうか。
「彼等」は一体どのような検査、研究を行って世界中で集団接種をしても安全であることを証明したのでしょうか。

このワクチンが2021年に承認(緊急使用として)される前に、妊婦に接種しても安全かどうかの検証もしたのでしょうか。
全てが嘘なのです。「彼等」は嘘をついてやりたい放題のことをやっています。なぜなら「彼等」こそが全てを命令しているからです。「彼等」は科学の権威に依存しています。「彼等」は医療専門家らを買収し「彼等」の命令通りに行動させているのです。そして一般大衆はこのような医療専門家らが発する情報のみに依存している状態です。
しかしここには深刻な問題があります。なぜなら一般大衆は現実を目にしていながら何も気が付かないからです。
妊婦にはいかなる薬剤も与えてはならないのです。鎮痛剤のパラセタモールでさえ投与できません。
たとえ「彼等」が私に圧力をかけてきても、それによりどのような問題が起こるかを伝えて私は彼等の命令に従いません。我々は患者に薬を処方する前に「拡大鏡」で全てを測定し詳細に分析しなければなりません。しかしこのワクチンが世界中に販売されてからこの1年半、やるべきことが全くなされていません。そして妊婦にも接種できるということになったのです。
Covid-19に感染しても高齢者のみが影響を受けるのです。
妊婦にとって非常に危険なワクチンなのにそれでも妊婦にワクチンを接種するのですか。
一体何人の女性が治験を受けてワクチンを接種しても安全という結論に達したのですか。そのような治験は何も行われていません。「彼等」は、ただ、かまわないから妊婦にも接種してしまえという調子で接種しているのです。それだけです。「彼等」は妊婦がどうなろうと全く気にしません。

男性A:
これからお見せするビデオ(ワクチン接種後に生まれた新生児)は氷山の一角です。これは英語のビデオですが、翻訳すると、助産婦はワクチンを接種した女性から生まれた新生児には異常がみられると言っています。ワクチン接種者の間で異常な赤ちゃんが生まれるケースが多発しています。これからお見せする新生児はそのうちの一人にすぎません。ではご覧ください。
(04:26~)
Covidワクチンを接種した母親から生まれた赤ちゃんの様子です。
米国の助産婦曰く:
パンデミック・ベイビーが生まれなければあなた方はこの映像を観ないでしょう。私の言っていることが理解できますか。これらのパンデミック・ベイビーは正常な赤ちゃんとは構造が全く違います。もし私がパンデミック中に第一子を出産したなら、私は2人目を産むことはないでしょう。3人の子供を持つようなことはしません。なぜならパンデミック中にできた赤ちゃんは構造が全く違うからです。他の赤ちゃんとは外見が全く違います。これらの赤ちゃんは突っ張った態度(?)で生まれてきています。もし私の第一子がパンデミックベイビーなら、2人目は作りません。
・・・あなた方には何も言わせません。なぜならあなた方はパンデミックベイビーが生まれた親の苦悩を知らないからです。

https://www.bitchute.com/video/U1ZVqOl7GxQV