数日前にファイザー社のCovid毒ワクチンにはタコのような、サソリのような寄生虫のようなモノも含まれていることが明らかになりましたが、これが何なのかについてポーランドの科学者が分析した結果が発表されました。なぜグローバリストはこのような不気味なモノを毒ワクチンに混入させたのかはまだわかっていませんが、ポーランドの科学者によって、ファイザー社とモデルナ社のmRNAワクチンには主にグランフェン、真っ黒なディスクそして寄生虫のようなモノを生み出す卵が含まれていることと、それらと温度との関係がわかりました。こんなものを体内に注入されてしまうのですから本当に気持ち悪いですし生き物のような寄生虫のようなモノがグラフェンと反応してどのような行動を起こすのか不気味です。グラフェンだけでも不気味なのにさらにこんなものまで入っているのですから。
ただしワクチンのロットによっては生理食塩水だけのもの、グラフェンだけのもの、この不気味な卵が含まれているものなど其々種類が異なっているようですから、何を注射されるかは接種者の運にもよると思います。本当に気持ち悪いですね。

Jabbed With “The Thing”, It’s Eggs And Graphene, Things Humanity Must Know About How It’s Multiplies!! | O.N.E. News (ournewearthnews.com)
(ビデオ)
10月15日付け



 何かが入ったワクチンを接種されています。その何かとは卵でありグラフェンです。さらにワクチンには多くの物質が含まれていることを知るべきです。グラフェンによって活性化した卵からふ化したアルミニウム+臭化物+炭素系の生き物?がこれです。ワクチンを超低温で保存するのは休眠中の卵を守るためと思われます。
PCR検査の綿棒はDNAを収集するディバイスです。