先日、スチューさんのビデオを介してCovidワクチンに3本の尾のある生き物や寄生虫が含まれていることがわかりましたが、今度はなぜこれらの生き物がワクチンに使用されたのかについてフィンランドのラブ博士が説明してくれています。
このワクチンはワクチンでも薬剤でもありません。これは人口削減のために使われているのと、人間の遺伝子を変えてハイブリッド種に作り変えるため、そしてハイブリッド種や接種者を監視・管理・追跡・遠隔操作するための恐ろしい生物兵器だということがわかります。
こんなものを大人だけでなく子供たちにも接種させている政府、親たち、教師、医療従事者、他は重大な責任を負っています。特に子供たちそしてこれから子供を作るであろう若者たちは絶対に接種しないでください。

Doctor: Hydras and Parasites in Vaxx, Transfecting Humans Into New Species | (tapnewswire.com)
(ビデオ)
10月27日付け


https://www.bitchute.com/video/6idnvhwUdays
(要点のみ)
番組に招いた科学者らによれば、Covidワクチンには邪悪な生物学的目的のためにハイドラス(淡水の生き物)が入れらたとのことです。
番組にお招きしたフィンランドのホリスティック・ドクターのDr.ラブは、Covidワクチンには寄生虫とハイドラスが含まれているとメールで説明してくださいました。そしてその目的は人間を新しいハイブリッド種にするためだそうです。
(スチュー・ピーターズさんの質問の詳細は端折ります。)
Dr.ラブ曰く:
ハイドラスや寄生虫がなぜマイナス70℃で保存されたワクチンの中で生き続けられるかはわかりませんが、科学誌に掲載された30種類の論文やファウチ+NIH+DARPAから資金が提供された機能獲得実験のデータを調べたところ、これらは最初にキエフ大学の実験室で遺伝子組み替えされていたことがわかりました。従って、これらは天然の生き物ではないのです。私が調査のために入手した資料は全て公開されています。

(スチューさん:人々はこのワクチンがいかに危険であるかについて一切知らされずに接種しているのです。学校ではワクチンを接種した生徒にはご褒美としてお菓子が与えられています。
なぜこれらの生き物は淡水ではない血液の中で生き続けられるのでしょうか。)

Dr.ラブ曰く:
なぜこれらが血液の中で生き続けられるかはわかりませんが、これらは確実にオペレーティング・システムとしてCovidワクチンに含まれています。
ハイドラスは人間のハイブリッド化に使用されています。これらは人のゲノム配列アセンブリに使われます。人のゲノム・プロジェクトは2000年に開始されました。そしてハイドラスが人のゲノム配列アセンブリに使われました。つまり人のトランスフェクション(核酸細胞内へ導入する過程)が行われたということです。キエフ大学で行ったことは、ハイドラス+寄生虫と異種間のゲノムをルシフェラス(発光体?)とレンチウイルス(哺乳類細胞やモデル動物に、エフェクター分子(shRNA, miRNA, cDNA, DNA断片、アンチセンス、リボザイムなど)やレポーターコンストラクトを導入し、安定発現させるための優れたツール)を使ってトランスフェクションすることです。
基本的にレンチウイルスがスパイクたんぱく質なのです。
Covidワクチンは史上最も危険な機能獲得生物兵器です。そしてこのワクチンにはSARS、MERS、HIV133、そしてAIDSを誘発するSUV1が含まれています。つまりこのワクチンを体内に注射した人々はこれらのウイルスを体内に注入しただけでなくトランスフェクションされるということです。

新たな遺伝子コードを持つ遺伝子組み換えハイドラスと寄生虫は人間の細胞と結合し一体となります。また彼等は人間の細胞と調和させるための細胞シグナリングを解明しました。その結果、人間は遺伝子組み換えされた新たな有機体になるのです。

(ピーターズさん:どのように人間のDNAを書き換えるのでしょうか。)

胚は二重細胞の有機体ですがこれがトランスフェクションされます。体内に注入された酸化グラフェンによって胚は急速に増殖していきます。。これはクリスパーキャス9とブラスと呼ばれるテクノロジーであり、電気穿孔法(プログラミング可能なゴールドのナノボットに電子制版を使う)というプロセスを採用しています。これはニュークリアアイ(?)の細胞有機体を標的にしています。

(スチューさん:ゴールドナノボットを製造しているのはどの企業ですか?)

Dr.ラブ曰く:
どの企業がこれを製造しているのかはわかりませんが、ファウチ、NIHそしてDARPA(一部)が資金を提供していたことは知っています。

(スチューさん:ファウチが資金を提供して製造させているゴールドナノボットは電気を通すためのものですが、どのようにしてDNAを書き換えることができるのですか。)

Dr.ラブ曰く:
私はこの分野の科学者ではないのでどのようにトランスフェクションが行われるのかを理解するのは難しいのです。私が理解できたのはここまでです。
ここでもう一つ重要な点を指摘します。
このテクノロジーは人間の神経細胞と胚細胞を標的にしています。そのためCovidワクチンの副反応として神経系の自己免疫疾患を発症させています。さらに胚細胞を標的にしていますから、卵巣や睾丸に影響を与えています。つまり親がワクチンを接種すると子供たちも影響を受けます。ワクチンを接種した親は新しいハイブリッド種を生むことになります。つまりワクチンを接種した親から生まれる子供は人間ではないということです。
このテクノロジーは遺伝子抑制をしますから人間に不必要な遺伝子を抑制し望ましい新たな遺伝子コードをプログラミングします。さらに人間に新しい脳と新しい神経系を接続させます。さらにDNAの3本目のストランドも接続させます。つまり2.0の人間を3.0のハイブリッドにトランスフェクションするということです。

(スチューさん:ファイザー社(他のメーカーも)はこのようなことをやっても罪に問われないのはなぜでしょうか。ワクチンの接種を押し進めている人々(ワクチンメーカーの社員、政府機関、教育機関、医療機関、他)はこの事実を知っていますか。彼等は知っていて黙っているのか、全く知らずにアジェンダに協力しているのか。。。なぜ誰も何も言わないのでしょうか。)

Dr.ラブ曰く:
もちろんワクチン・メーカーのトップはこのテクノロジーが使われていることを知っているでしょう。しかし全員が知っているわけではありません。政府も全員が知っているわけではありません。全ての医師が知っているわけではありません。彼等にとって理解しがたい邪悪なことが行われているのです。
これはワクチンではありません。兵器システムです。我々人類は生物兵器に攻撃されています。
我々ができることはワクチンを拒否することです。ワクチンを接種してしまった人々は子供たちへの責任を負います。なぜなら彼等から生まれた子供たちは神が創造した人間ではないからです。このようなハイブリッド種に対しては、インターネットを介してDNAコードをて遠隔で書き換えることができ、良くしたり悪くすることもできます。ハイブリッド種たちをモニターし、追跡するシステムが既に構築されています。

以下省略