【映像翻訳会社】ななこ社長の日々是前進

映画、ドラマ、ドキュメンタリーの字幕・吹き替えや放送局用のテロップ翻訳を中心に、映像の世界で翻訳業を営む経営者のブログです♪

社長業

入社式・新入社員研修

久しぶり(過ぎる)ブログです。
新年度になりましたし、フェイスブックばかりではなく、こちらもじっくり書いていこうと思います。いや、書きます!

さて、4月1日には、ワイズ・インフィニティから3名、ワイズ・インフィニティ・エイトから1名、東京中小企業家同友会の合同入社式に出席しました。
基調講演は元プロ野球選手の森本稀哲(ひちょり)さん

Play hard, Have fun, That's it !  というコメントにグッときました。
全力を尽くしてプレーして、楽しむこと。
この「全力」という言葉がキーワード。
決して中途半端ではなく「全力」。

仕事も同じですね。全力を出し切らなければ。
うまくやりたいとか、ミスしないように、ではなく、体当たりしなければ。
ああ、勉強になる。

今、翻訳の事業と福祉の事業を行っているけど、本当に、どちらも「全力で」向き合っているだろうか。
反省しました。力を出し切らなければ。

そして、土日を挟んで4日からは二泊三日の合同新入社員研修。
こちらは、4年前から毎年助言者として参加しています。
今年は205名の中小企業の新入社員たちが参加しました。
1グループ9名〜10名の新入社員、それぞれのグループには、同じ会社の社員はいません。
そこに、1名ずつ助言者がつきます。
いってみれば、同期のようなもの。
小さい会社では、同期がいない人もいるけど、ここで同期ができます。
3日間にわたって、講義を聞く→グループ討論する、の繰り返し。
新入社員たちが、持ち回りでグループ長をやり、助言者は基本的に見守るという立場。
マナー講座もロールプレイを中心に行ったり、グループワークを和室でやったり、約30年前から続く伝統に、毎年改良を加えて行われます。

研修生たちは、朝7時のラジオ体操から始まり、夜は10時頃までみっちり団体行動。
運営委員の私たちオトナは、6時半集合から、23時半の消灯後の見回りまでまったく自由時間はありません(^_^;)
そのあと、ご褒美の温泉に入って就寝は1時近く。
睡眠時間は4時間ほどという、1年で一番ハードな3日間です。

でも、毎年、初日にはオドオドしていた新入社員たちが、時間を追うごとに見違えるように成長していく様子を見ていると、本当に感動します。

また来年も、きっと参加するんだろうな、辛いのは分かってるのに(笑)

東京同友会の先輩たちが築き上げた素晴らしい伝統です。
私も若いころ、こういう研修に出ることができたら、もっとまともな大人になっていたかもしれません。
============================================

(今年も昨年に続き、助言者に加えて、「働くことの意味」という講義も担当させていただきました)

新入社員研修 講義




 

会社設立15周年

2000年2月24日にワイズ・インフィニティを設立しました。
今日で丸15年。

15年という一つの区切りではありますが、まだまだ中学3年生。
ハタチになったら少しはお祝いをしたいと思います。
企業は存続してこそ価値があると思うので、一年一年、着実に歩んでいきます。

まだまだ15年ですが、それでもここまで来られたのは、たくさんの方々のお陰です。

フリーランス時代から、そして創業間もないころからお世話になっているお客様。
異動や転職をしても、声をかけてくださったり、ご紹介をしてくださいました。
当時、ADさんだったりディレクターさんだったりした方々が、今も応援してくださいます。

私が営業を一切やらなくなってから、社員がお取引をスタートさせたお客様。
至らない点もたくさんあると思いますが、根気強くお付き合いいただいています。
社員はお客様に育てていただくもの…という言葉を実感しています。

フリーランス翻訳・通訳者として、支えてくださっている外注先の皆様。
皆さんがいなければ会社は成り立ちません。
無理なお願いにも快く応えてくださる姿勢に、いつも社員が助けられています。

経営者の仲間。
どれだけ勉強させていただいたか分かりません。
理念に基づく経営を実践できているのも、皆さんのお陰です。

そして、社員のみんな。
15年の間に、多くの社員が入れ替わりましたが、その時々において必要な人材として、力を発揮してくれました。みんなの頑張りがあったから、ここまで来ることができました。

その他にも、様々な場所・時に出会った多くの皆さんから学んだことは数えきれません。

15年の節目に、改めてお礼申し上げます。
本当に本当に感謝しかありません。

皆様、ありがとうございます!!

まだまだ、15年。
これからも長く存続する会社、社員を幸せにできる会社を目指して頑張ります!

秋の社員旅行プレゼン

暑さ真っ盛りの中ではありますが、11月のお話です。

当社では、毎年、秋に社員旅行を行っています。
そして、その行く先は社員投票で決定されるのです!

今朝は勉強会の時間を使って、
どこにするかを決めるプレゼンテーションがありました。

若手中心の社員旅行委員会の4名が、
それぞれがお勧めプランを
他の社員にプレゼンするというもの。

会社からは、趣旨目的と予算だけを提示して、
あとはお任せです。

今年は、日程の都合で日帰りですが、
ステキな案が出そろいました。

1408社員旅行


*写真以外にも、「秩父エキサイト&リラックス」
「海だ!山だ!千葉だ!」案も。


それぞれ忙しい実務を行いながらの委員会活動は
大変だと思いますが、
企画力、プレゼン力、リーダーシップなどが培われる
研修の場でもあります。

無記名投票の結果は、月曜日に出るそうです。

ちなみに経営者に投票権はありません。
企画段階も当日も、口は挟みません。
みんなについて行って、エンジョイするだけ!(笑)

どこになるのかな。楽しみです♪

社員研修

今日は、海の日ですが…
当社では恒例の、祝日社内研修。

祝日なので、お客様にご迷惑をおかけしないで
じっくり研修を行えます。

そして、今回は、とてもうれしいことがありました。

毎回、理念に基づいて
「モノの見方、考え方」を中心に行っている研修。

先週のある日 
「社長、来週の研修は何を行うのですか?」と聞かれました。

「考えてるところなんだよね〜」と、
あいまいに(^_^;)答えると、

「実は、自分たちでやりたいことがあるのです」と・・・。

本当にうれしかったです!
頼もしい言葉!!

そして、先ほど午前の部が終わりましたが、
彼らの口から出る言葉が、
私の言葉と一緒!

数年前に立てた
「理念が語れる社員を育てる!」という目標が
達成できたのだなあ…と感動しました。

彼らが軸となり、会社はもっとよくなる!
そう、確信したのでした。


20140721_135320

恒例。祝日の社員研修

私たちの会社では、祝日は出勤日。

そんな祝日出勤日には、研修や社員旅行など、社内行事を充てることが多いです。

お客様である放送局から依頼の連絡が入ることもありますが、
本数は限られているので、集中して研修を行うことができます。


さて、本日の研修テーマは、
今期の当社のスローガン「元気満タン、笑顔満点」のおさらい。

社内を「元気満タン」にするための具体的な方法を話し合ったり、
満点の笑顔になる練習をしたり。

最後は、恒例の3分間スピーチを、オリンピックのプレゼンターのように「笑顔」を意識して行いました。みんなとっても意識が高く、素敵なスピーチをしてくれました。


「企業は人なり」という言葉通り、特に小さい会社においては、ひとりひとりの資質が会社の運命を左右します。だから、私たちは時間とお金をかけて、社員教育、研修を行うのです。

社員の成長こそが、会社の成長に直結しています。
人間磨きをすることで、さらにお客様に支持される会社にしていきたいと思います。

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ