【映像翻訳会社】ななこ社長の日々是前進

映画、ドラマ、ドキュメンタリーの字幕・吹き替えや放送局用のテロップ翻訳を中心に、映像の世界で翻訳業を営む経営者のブログです♪

家族・友人

ブログ、サボってました…

もう、8月も今日が最終日ですね。

この1週間、娘が一時帰国していたり、税務調査があったり、プチ同窓会があったり、半年にわたる経営者セミナーのキックオフがあったりと、バタバタとしていました。

税務調査は昨日で終わり、今朝、娘がアメリカに発ちました。

今朝は、4時起きで、羽田に午前5時過ぎに到着。娘を見送り、6時25分発の赤坂・六本木方面行きのバスに乗って、7時過ぎには会社に到着です。

羽田の国際線ターミナルは、コンパクトで移動が楽ですね。

前回来た時は、震災直後だったので真っ暗で気付かなかったけど、江戸の町並み風になっててステキでした。

haneda


今回の日本滞在中に、娘が食べ損ねたという「かつ丼、ラーメン、豚汁」を朝からがっつり(笑)
haneda asa


明日からは9月!気持ちを入れ替えて頑張ろうっと。


まだまだ必要です、ボランティア

週末、母がテレビ(主に24時間テレビ)をボーっと見てた頃、娘は石巻へ行っていました。

友達が震災直後から、時間を見つけては月に1〜2回石巻でボランティアをしていることを聞いた彼女は、今回便乗して金曜深夜にワゴン車で出発して昨夜帰宅しました。

一部の情報では、ボランティアはもうあまり必要ないといった声があるようですが、そんなことは全くないようです。

地域によっては、ボランティアセンターが閉鎖されたり、集約されたりしていますが、それはほんの一部だと思います。

細かい作業には、まだまだ人出が足りないというのが、娘の感想です。


学校の中は、いまだにこんな状態。

学校の中



流された家のまわりには、手で拾うしかないモノが散乱してます。
今も


娘は今回、漁港近くの水産工場でお手伝いをさせていただきました。

手作業で泥まみれになったカゴを洗ったり、床掃除したり。

カゴ洗い


床掃除



まだまだ先は本当に長いです。
できる時に、できることを、できる人が…ですね。

漁協前

しつけ

今日は寝不足ぎみです…。
しつけのために、ワンコと戦っていたから(^_^;)

我が家では、ワンコは夜、自分のケージに入って寝ます。
ところが昨夜は、「おやすみ」と言って部屋を出ると、なぜか途端に吠えだすことの繰り返し。

吠えるたびにケージの前に座って、「ニトロ君、夜はちゃんとハウスに入って寝るんだよ。吠えちゃダメなんよ」と言い聞かせ…。

しばらくはおとなしいのに、ちょうど私がベッドに入って眠りかけた頃、また吠えだす…。本当は、諦めるまで放っておくのが一番なんですが、近所迷惑なので吠えるたびにケージの前に行き、また言い聞かせる…。

でも、ここで面倒がって扉を開いてしまうと、「吠えれば出してもらえるんだ!」という誤った認識を持ってしまうので、もう、コンくらべ。

もちろん私が勝ちましたとも!
どんなに甘えても吠えても出してもらないと悟ると、おとなしく寝始めましたよ。
2時半でしたけど…。

子育ても同じですね。

うちの場合、4〜5歳ぐらいまでには「ママがダメと言ったら、何を言ってもムダだ」と子どもたちは分かってたので、わりと聞きわけはよかったですね。

でも、そこに至るには、それこそコンくらべですよ。

店で「これ、買って」と言われても一度「ダメ」と言ったら、駄々をこねようが、ひっくり返ろうが、絶対に買いませんでしたよ。途中で、「もう、分かったよ(怒)!しょうがないな!」と言って、折れてしまいそうになるのをぐっとこらえて…です。かなりの忍耐力が必要です。

一度折れてしまうと、子どもは「泣けば買ってもらえる…」と思ってしまうので、二度と「ダメ」という言葉が効かなくなって、親が「もう、分かったよ(怒)!しょうがないな!」というまで、食い下がります。(そのうち言うって、子どもは分かってますから)

(そのかわり「ダメ」という言葉も、本当にダメなのか、後で買ってあげる気があるのか考えてから言うようにしていました)

実は、幼稚園に入るぐらいまでは、犬も子どもも一緒だ!というのが私の持論。
主従関係をはっきりさせることが大事なんですよ。
中高生になって焦らないためにもね(^^)

あ〜こんなこと書くと、怒られそう…(^_^;)

でも、うちの子たちは、親孝行で優しい子たちに育ちましたよ。
まあ、子育てのゴールをどこに置くかですが。大企業に入れる、金持ちにする…がゴールだとまた違うのかもですが。皮肉ではなく、ホントに。考え方は家庭によって違いますものね。

ご参考まで。

30年だって〜

こうやって書くと、すごいな〜。
我ながらびっくり。

なんと!長女を産んで30年です。
今日、30歳になりました。

もちろん、その間にいろ〜んなことがあったのですが、
振り返ればあっという間だった…としか言いようがない感じ…。

月日って、こうやってどんどん流れて行ってしまうものなんですよね。
若い人には、そこのところ分かってもらいたいな〜と思うんだけど、
なかなか伝わらないよね。

自分だって、分かってるようで分かっていなかったしね〜。

時々、あと10年若かったら…と思うこともあるけれど、(昔はよかったな〜という感じではなく、もっとできることがあったんじゃないか、違う選択肢があったんじゃないかと)…だけど、今は先を見て、今からできることを精いっぱい頑張ろうと思ってます。

娘の節目の誕生日。
成人式より重いかもしれない。いや、絶対に重い。
人生のひとつの転機ともいえる年齢。
「幸せだな!楽しいな!」と感じられる日々を過ごしてもらいたい…と母は願うのでありました。

155753_172326502797807_100000613762132_419660_498767_a

モデルも頑張ったよ!

52b1bc6c.jpg
RUNWAY for JAPN 盛況でした。福島産の農作物も売ってた。 トマトもきゅうりもおいしかったよー!
Archives
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ