DSC03889

サブ機もほぼ完成して安定運用できそうなので専用にキーボードを購入しました。



スポンサードリンク





できるだけ小型でタッチパッドがあって、将来的にマウスも欲しくなったときのために
Unifyinf対応のK400 PLUSを購入しました。

早速開封。

DSC03890

この宣伝シールは製品にはいらないと思うんだ。
DSC03891

剥がす。

DSC03896

タッチパッドは物理クリックボタンもあります。
タッチパッドの反応は普通だと思いますが、決して良い部類ではありませんでした。
DSC03892

電源スイッチもあります。
DSC03893

電池は単4が2本で電池カバーにはUSBアダプタを収納できるのでモバイル用途にも使えます。
DSC03895


早速サブ機に繋いで使ってみたのですが、
X34のHDMI接続で使っているので、デスクトップの横幅がめっちゃ広いので、
タッチパッドでのマウス操作は厳しいというのが正直なところ。

タッチパッドの不満点のもう一つは2本指タップで中クリックできませんでした。
専用の設定ツールは従来のSetPointではないようでこんな感じのヤツです。
4

一応、緑色になってるファンクションボタンに中クリックを割り当てられたので良かったです。
タッチパッド上の音量ボタンは使わないのでそっちに割り当てたかったですが。

あと意外だったのが、BIOSでもタッチパッドでマウスカーソルの移動とクリックができました
これはできたらいいな、くらいに考えて購入したので良かったです。

メイン用途としてはエンターが小さかったりと使い難いですが、
サブ機用などの場所を取らないキーボードということでしたら良い商品だと思います。

以上、簡単にですが、K400 PLUSのレビューでした。





(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)


バナー↓をクリックしてもらえるとブログランキングが上がるそうです。応援よろしく!