SamsungのSATA SSDフラッグシップ「850 PRO SSD 256GB」をレビュー


スポンサードリンク




SamsungのSATA SSDフラッグシップ「Samsung 850 PRO SSD 256GB」を簡単にレビューします。
3GB/s越えの爆速でNVMe SSDが注目を集めていますが、なんだかんだで安定していて使いやすいSATA SSDはまだまだ余裕で現役です。当サイトでもskylake-X&X299環境の検証機材として使っていたのですが、Ryzen ThreadRipper&X399環境の検証機材に買い足しました。

製品公式ページ:http://www.itgm.co.jp/product/ssd850pro/
850pro_sec01


パッケージと梱包はシンプルです。
DSC09209
ブラックの金属外装でエッジも綺麗に処理が施してあったりと高いだけあります。
DSC09212
DSC09211


早速、SSDの実力を調べてみました。
まずはCrystalDiskMarkです。
850 PRO SSD 256GB_1
続いてAS SSD Benchmarkです。
850 PRO SSD 256GB_2
10GBの大型データの読み書きも非常に安定しています。この安定感は地味にすごい。
850 PRO SSD 256GB_3
18GBの動画を書き込んでも安定して500MB/s前後で書き込めています。最近主流なTLCのように容量の小さいSLCキャッシュで高速化しているわけではないので小さいファイルから大きいファイルまで安定して高速な読み書きが可能です。
850 PRO SSD 256GB_4
最後に100GBほど書き込んでみましたが、温度は37度ほどまで上がっていますが壊れるような温度ではないです。また100GB書き込んでも490MB/sを維持しています。TLC型SSDだと書き込みが落ち込むのですが850 PROでは大データの書き込みでも心配無用です。
850 PRO SSD 256GB_5


安価なTLC型SSDが主流になりつつある中、大容量データの読み書きでも安定した速度を発揮できるMLC型SSDで10年間という長期保証がある「Samsung 850 PRO SSD 256GB」はIntel Skylake-XやAMD Ryzen ThreadRipperで自作PCを組むエンスーユーザーにおすすめなシステムストレージです。


関連記事

Samsung 960 PRO 512GBをレビュー。旧モデルや競合製品と発熱や温度比較Samsung 960 PRO 512GBをレビュー。旧モデルや競合製品と温度比較





(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク